CATEGORY

梨本昌子のちょっと言ってもいいかしら

ハワイのビジネスオーナーたちを応援します

  • 2018.12.18

日常の失敗談も“笑い”に変え、新しい年を迎えましょう!

  いよいよ平成最後のクリスマス、そしてお正月を迎えます。今年は災害が多い年でした。日本では多くの台風が通過し、北海道では大きな地震が発生しました。ハワイでは2つもハリケーンが接近しました。 個人的には、5月の中旬に右のひざのおさらを骨折し、胸も強打。現在は、指定の1年間のリハビリを自宅で行いながら、仕事もしています。仕事がなかなか思う通りにできず、悔しい思いもしていますが、ゆっくりでも前向きに考え、前進していくしかないと思っている毎日です。 かなりのストレスがあった年ですが、今回は「ストレス解消には日常よく笑う」というテーマで書いてみました。 笑いがストレスを解消し、病気を遠ざけることは、さ […]

  • 2018.12.3

「便利さ」は本当に“便利”なのか?

前号でもお話しましたが、確かにスマホなどの端末はとても便利な道具ですね。私が若い頃は、待ち合わせをして遅れても連絡するすべがありませんでしたが、今ではテキストや絵文字だけで本人に直接、簡単に遅れる旨を伝えることができます。自宅の固定電話に電話をかけないといけない時代でしたから、友達に電話をかけるときでも、ご両親が電話に出たらまずなんて言おうとドキドキしながら電話をかけたものです。  写真を撮るにも大きなカメラを持ち歩き、現像するまで時間もかかるし、どんな写真が撮れているかも分かりませんでした。手紙も書いては消し、書いては消し…を繰り返しやっと送ることのできた手紙。相手に届くまでも、そして相手か […]

  • 2018.11.16

「いいね!」は本当に〝いいね〟なのか?

今年3月、フェイスブックから8700万人の個人情報不正流用問題を受けて、同サービス脱会の動きが高まっているというニュースが世間を騒がせました。他にもツイッター、インスタグラム、ユーチューブなど多くのネットワーキングサービスがあり、SNSはもはや生活の一部となっています。あなたはこれらのサービスに一日何時間費やしていますか?  2018年3月ニールセン デジタル株式会社が発表したデータによると、1人1日あたりのスマホ利用時間は3時間7分で前年より16分増加し、アプリの利用時間は2時間41分(前年比17分増)。私も以前は毎日のようにフェイスブックに日・英両語で投稿し、コメントしてくださった方には返 […]

  • 2018.11.2

前向きな「挑戦魂」を持とう

今年も我が社がお手伝いをしている、茨城県にあるかわち学園中学2年生18名の海外英語研修の始まる時期がやって来ました。毎年1年かけて、日本とハワイの学校の間に立ち、学校交流や在ホノルル日本国総領事館訪問のスケジュール、交流内容のアドバイス、基地内に入るための手続きなどの調整を行います。 この海外英語研修は今年で4年目。生徒たちはカイルアにある私立校、ル・ジャルダンアカデミー、そしてワヒアワのアメリカ軍事基地内にある公立学校ウィーラー・ミドルスクールを訪問し、文化・英語交流を行います。 4年目ともなると海外英語研修派遣事業への河内町民・生徒の期待が高まっているそうで、今年度は18名募集したところ、 […]

  • 2018.10.16

環境問題に今、必要なのはあなたの「行動力」です 

環境問題についての話を書くようになってから、たくさんの反響をいただきました。特にプラスチック製のゴミ問題については、今年7月、米スターバックスが全世界で展開する2万8000店舗での使い捨てプラスチック製ストローの使用を2020年までに廃止する方針を発表するなど世界でもいろいろな動きがありましたね。 ところで9月の上旬、ある女性から突然メールをいただきました。私の環境問題の記事を読んで共感してくださったとのこと。訪ねて来られた彼女は、蜜蝋を使って作ったフードラップを販売する会社の経営者で、2年ほど前より、エコフレンドリーなBeeswax food wrapをノースショアの自宅で一人で作り、販売さ […]

  • 2018.10.1

日本の高校生に負けず環境問題を考えよう!

 先日、名誉あるオファーをいただきました! 本誌で掲載された私の環境問題の記事を読んでくださったある方から突然連絡があり、「ぜひ静岡県藤枝市が主宰する『次世代環境リーダー育成事業』プロジェクトのメンバーに選ばれた高校生に向けて、ハワイの環境問題について講義をしてくださいませんか」という依頼が舞い込んできたのです。6名の高校生は、日本の環境問題について小論文を書いて選ばれた優秀な生徒たち。5月16日号の「ハワイの環境問題について知っていますか?」を題材に、付き添いの先生2名も含め、講義をさせていただきました。 高校生に伝えたハワイの現状 講義内容は、ハワイは絶滅危惧種の宝庫であり、モンクアザラシ […]

  • 2018.9.21

11月まで目が離せないハワイ州の選挙

前号で選挙について書きましたが、理解を深めていただけたでしょうか? イゲ州知事は11月の本選挙で、共和党(Republican)の女性候補トゥポラ氏と票を争うわけですが、16年前の州知事選のことを思い出しました。 共和党トゥポラ氏勝利もありうる!? 2002年の選挙のとき、ハワイ州では民主党(Democrat)が圧倒的に強い中、共和党の女性候補リンダ・リングル氏が、日系女性の民主党候補ヒロノ氏を激戦の末に破り、ハワイ州初の女性そしてユダヤ系州知事となりました。当時、この選挙は女性対女性の一騎打ち、また共和党の逆転勝利として、全米の注目を集めました。 リンダ氏とは、ハワイカイの農業従事者を支援す […]

  • 2018.9.3

ハワイの選挙を全く知らないと困るでしょうね?

8月11日、ハワイ州のPrimary Election(予備選挙)がありました。General Election(本選挙)は11月6日です。選挙権をお持ちでない読者もいると思いますが、ハワイに住んでいたら、ローカルの人との選挙の話の際に、基礎的なことをある程度知っておかないと、恥ずかしい思いをするかもしれませんね。 そこで、今回はハワイ州の選挙のことを、私が知る限りの知識で、少しでも読者の皆さんが「ハー、なるほど」と、思えるところまで話してみようと思います。私は政治の専門家ではないので、アメリカ人の知り合いから聞いたことなどを元にお話ししますね。まずは、身近な事柄から説明しましょう。 車を運転 […]

  • 2018.8.16

その行動力があなたにはありますか?

 4月16日号から環境問題について触れていますが、一体何人の人がこの問題について考え、実践しているのでしょうか? 環境問題への意識は高いけれども、残念ながら知識不足であったり、行動しない人がたくさんいるのではないでしょうか? 知識を持つことは大切ですが、それだけで終わりにせず「できることから行動していく」。その行動力が、あなたにはありますか? 行動力とは文字どおり「行動する力」。「変化を求め行動し、行うと決めたことを徹底してやり抜く能力」。「結果が出せるかは不明だが、確実に次のステップに移動する能力」。一回限りではなく、2回、3回と次へと持続する力です。行動力がなければ、その後に続く全てが成立 […]

  • 2018.8.3

ハワイにおいての「海」「陸」での環境対策

史上初の法案、日焼け止め禁止法 7月3日、ハワイ州議会議事堂の吹き抜けの中庭にて、デビッド・イゲ知事が、サンゴ礁を含む海洋生態系の保護、人体への影響を考慮して、紫外線吸収剤「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を含む日焼け止めの販売・流通を禁止する法案に署名しました。私もスタッフと共に式に招待され、歴史的瞬間の目撃者になれたことを光栄に思います。 イゲ知事は署名しながら、「この法案は世界中のどこにも存在せず、私たちのサンゴ、そして岩礁を守る小さな第一歩となるもの」と述べました。彼は〝宇宙で初の試み〟という表現をしていましたから、ハワイに住む私たちは、世界中の人々に啓発するという役目をいただい […]

  • 2018.7.16

プラスチックごみについて考えましょう②

 前号に続いて「プラスチック問題」をお話いたします。まずはどれだけ深刻なのかを考えてみましょう。 プラスチックの安全性 プラスチックは、製造過程で十分な安全対策が取られていないと、使っているうちに有害物質が浸み出したり、長時間、または定められた条件を超える温度や圧力のもとで使用した場合に、有害物質が出て健康に悪影響を与える恐れがあります。 環境問題 プラスチックは燃やすと有毒ガスを発生するものもあります。例えば、度々問題になっているダイオキシンは、近年『環境ホルモン』と呼ばれ、生体内のホルモンと構造が似ている物質で、人間を含む生き物の体内でホルモンと同様の働きをして生体に悪い影響を及ぼします。 […]

  • 2018.7.3

プラスチックごみについて考えましょう①

 環境の問題について、気になり出したら止まらなくなりました。今号と次号では、プラスチックごみについて書きたいと思います。実は先日、ボランティアとしてサンディービーチでプラスチックゴミ拾いをしましたら、大きな黒い袋が30分でいっぱいに! 非常にショックでした。  この「プラスチック問題」は、今世界中が注目している事柄です。プラスチックは破棄されると、自然環境だけではなく、野生生物への被害、そして人体への影響もあることがわかったからです。  現在、世界では、なんと1分間に100万本のペットボトルが消費されているそうです。消費量は、約10年前まで年間3000億本だったのが、2016年には4800億本 […]

  • 2018.7.3

オヒア・レフアが危機に直面しています!

 前号は、サンゴ礁の保護について書きました。今回は「オヒア・レフア」が直面している危機について書かせてください。植物や森林に興味を持つ私は、この歯がゆい事実に黙ってはいられません。 「オヒア・レフア」をご存じですか?  オヒアは木で、レフアはこの木に咲く花のことを言い、ハワイ固有種です。この植物は、火山から流れ出た溶岩が焼き尽くした土地に、真っ先に芽を出して育ち、赤い花を咲かせることで有名です。ハワイアンの神話「ペレとオヒア」にも出てくるように、ハワイの人々と昔から深く繋がっていて、オヒアの森はずっと、非常に大切にされてきました。  その理由は、単に「花がきれいだ」ということだけではありません […]

  • 2018.7.3

『日焼け止め製品』の規制でサンゴ礁を守りましょう!

 このところ書かせてもらっている〝環境問題〟。そんな中、大ニュースが飛び込んできました。「ハワイ州が〝危険物質を使った日焼け止め製品の販売を禁止する〟アメリカで最初の州となる」と!! この問題の日焼け止め製品を禁止する理由は「サンゴ礁の保護のため」なのです。 日焼け止め製品とサンゴ礁はどのように関係あるのでしょう?  2014年頃からサンゴ礁の白化現象が問題視されるようになっていました。そして、日焼け止め製品に含まれているオキシベンゾンとオクチノキサートという物質が白化を引き起こす原因であるということが分かったのです。  世界中でサンゴ礁に流れ込む日焼け止め製品の量は、年間約1万4千トンにも達 […]

  • 2018.6.1

スーパーブレイントレーニング③

 今回のお話は、能力開発向上フォーラム代表の吉岡眞司氏による「スーパーブレイントレーニング(SBT®)3級資格取得講座」の最終回です。さて、成功のために必要な『真のプラス思考』の続きですが、前回、常に最悪を分析し、最善をイメージすること、ネガティブなことを見聞きしたときはすぐにポジティブな言葉に直す〝3秒ルール〟、プラスの動作を行う〝言葉よりも動作〟の原理などを書きました。  自分自身を〝訓練〟して、『真のプラス思考』を身に付ければ、成功までのプロセスにワクワクし続けることができます。そして、例えマイナスの状況が起きてもその状況をむしろ楽しめるようになるのです。  しかし、実践し続けることは容 […]

  • 2018.6.1

ハワイの環境問題について知っていますか? その2

 前号でお話しした環境問題について、さらに深めていきましょう。 ①ハワイは絶滅危惧種の宝庫  The US Fish & Wildlife Serviceによると、現在ハワイでは419種類の動植物が危機にさらされています(植物356種、動物63種)。  ハワイは絶海の孤島なので、何万種類もの植物・昆虫・鳥・動物、海洋生物の進化を長年導いてきています。だから、ハワイの在来動物は、ほとんどが固有種なんです。  ハワイ州は2010年、モンクアザラシやカメなどの絶滅危惧種を守る法律を設定。保護下にある動物に危害を加えると罰則として約2千ドルの支払い、30日の禁固刑です。  地球温暖化の影響で […]

  • 2018.6.1

ハワイの環境問題について知っていますか? その1

 前号でお話しした環境問題について、「ハワイではどんな問題があるのか?」と複数の方からコメントをいただきました。良い機会ですので、ここで取り上げてみましょう。 ①オヒアレフアの木が大変!  ハワイ島の自生林であるオヒアレフアの木が、真菌性の植物病で枯れる事態が多発。治療法は分かっていません。このため、オヒアレフアと共生している、ハワイ固有種の鳥『ベニハワイミツスイ』、『カワリハシハワイミツスイ』、ハワイ固有種の鷹『ハワイノスリ』、ハワイコウモリ『オーペアペア』他、数種の植物や昆虫が絶滅危惧種に。 ②キングタイドが来たら?  キングタイドとは「極端に大きな大潮」のこと。太陽と地球と月が一直線に並 […]

  • 2018.6.1

未来の地球環境を考えて、今日から行動をしましょう。

  現在、ワイキキのラグジュアリー・ロウで展示会『Visions of the Future(未来のビジョン)』が開催されています。ハワイでさまざまな分野のクリエイターたちが活動できるプラットホーム作りをしている『ホノルル・ビエンナーレ・ファウンデーション』が主催です。  展示の題名〝未来のビジョン〟とは、何のビジョンかというと、『FLOODED(浸水)』です。なんと気候変動によって起きている、地球全体の〝海面上昇〟と〝沿岸浸水〟にインスピレーションを受けたマルチメディア展示会なのです。  オープニングイベントで出された料理もこのコンセプトに沿っているもので、シェフ・マーク・ノグチによって『F […]

  • 2018.3.19

スーパーブレイントレーニング②

 前回からご紹介している、能力開発向上フォーラム代表の吉岡眞司氏による「スーパーブレイントレーニング(SBT®)3級資格取得講座」。 成功のためには、脳を常にポジティブに持っていくこと。理屈よりも感情に強く影響される脳のコントロールのために「成功を生む感情」を作り出すのにはどうするべきか?の続きをお話しします。  朝すっきり起きて、どんなに調子よく1日をスタートしても、外部からの想定外の刺激でマイナス思考になってしまうことが誰にでもあると思います。そんなときは、やる気や集中力が続かなくなり、「自分はどうしてできないんだろう」と思ってしまいますよね? でも心配ありません。そんな自分を変えるイメー […]

  • 2018.3.1

スーパーブレイントレーニング①

 先日、海外初開催の「スーパーブレイントレーニング(SBT®)3級資格取得講座」を受講しました。私は脳科学者の茂木健一郎の本も全て読んでいるぐらい、常日頃から脳と意識のつながりのことに興味があるんです。今回のトレーニングは、5時間かけて「意識的な脳のコントロール」の仕方を詳しく勉強できるものでした。仕事の上でも、プライベートでも、人間関係をうまくしていくには、信頼を得ることが大切。この辺を科学的に学びたいと思いました。なによりこの講座では資格が取れるし、日常ではできない脳のエクササイズをしてもらえるのも良いと思って参加しました。  講師は能力開発向上フォーラム代表の吉岡眞司氏。SBT®は大脳生 […]

  • 2018.2.20

「涙活」って知っていますか?

 皆さんは、ストレスがたまったときどうしていますか? ハワイでは友人と集まり冗談を言って笑いあったり、何か心が癒されることをしたり、とにかく自分の精神をポジティブに持っていけるように頑張る人が多いのではないでしょうか?  ところが昨今日本では、「涙活」というものが流行っています。涙活とは、発案者によると〝1カ月に2〜3分だけでも能動的に涙を流す時間を設けることによって心のデトックスを図る〟ものだそうです。今や、涙を流したい人が集まり映像や音楽などを鑑賞して涙を流すイベントが日本各地で行われています。そこで知り合う仲間は「涙友」などと呼ばれているそうです。  一見「泣く」という行為にはネガティブ […]

  • 2018.2.5

バレンタインの2月は「愛」を表現してみましょう

 2月に入ったので、バレンタインデーの由来を調べてみました。古代ローマの時代、ローマ皇帝クラウディウス2世が「士気が下がる」という理由で兵士の結婚を禁止。そんな中、バレンタイン司祭が密かに兵士達を結婚させたそうです。その結果、バレンタイン司祭は処刑されてしまったのですが、その処刑された日が2月14日なのだそうです。そして、当時のローマでは、2月14日は「家族と結婚の女神」ユノの祝日でもあったということです。 また、「愛」という漢字の成り立ちには一説には「人にものを恵む」という意味があるといいます。恵む行為とは、代償を顧みない、無償の行為。見返りを期待することなく自分以上に相手を大切に思う気持ち […]

  • 2018.2.5

「目標の軸」を揺るぎないものにするには?

 前号では、新年の「目標の立て方」についてお話ししました。キッチリと立てたならば、後は自分を目標達成に向けて進ませないといけないですね。けれど、軸となる部分がグラグラしていたら、やはり壁にぶつかったときに挫折してしまいます。今回は「目標の軸」を強くする方法についてお話ししましょう。 (1)自分の創造性(Creativity)を高める  無人自動車、無人コンビニ、SNSやインターネットの多様化…。アイフォンひとつとっても、機能を全て使いこなすのは大変です。でも世の中には、これらを使いこなしてどんどん先へ進んでいる人々がいるのです。そんな時代の中では、できない人は取り残されてしまうでしょう。そうな […]

  • 2018.2.5

「1年の計は元旦にあり」上手に計画を立てましょう。

 新年明けましておめでとうございます。今年も遠慮なくパンチのあるコラムにしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。  新年にその年の目標を立てる人が多いと思いますが、今回は、そのコツについてお話ししましょう。  なぜかというと、とある論文に「元旦に立てた目標が実現される可能性はかなり低い」ということが載っていたからです。52%の人が達成できる自信があっても、そのうちの12%の人しか達成できていないそうです。つまり、今年はこうなりたいなぁ…と思う程度では、まず達成できないのです。それではもったいないですね。では、どうすれば良いかお話ししましょう。 (1)やりたいこと・やるべきことを文字で […]

  • 2018.2.5

シェアをして安全なハワイ生活を送りましょう。

 バイクシェア・ハワイという非営利団体が始めた自転車シェアサービス『Biki』。水色の自転車に乗っている人々をよく見かけるようになりましたね。約100カ所のBikiステーションに約1000台も設置してあるそうです。最寄りのステーションで借りて、目的地のステーションに返すというシステムは、お散歩感覚で利用する人から、日常の移動手段としている人まで、幅広い人が利用するようになってきているようですね。私が出社する朝、ダウンタウン方向へ向かってBikiを走らせている人々をよく見かけるようになりました。通勤や通学に利用している人もいるのでしょう。たくさんの人々がBikiという新しいシステムをどんどん使い […]

  • 2018.2.5

日本人同士だからという「甘え」は許されないですよ。

 先月、3度目の日本の中学生の教育旅行がありました。我が社で日本とハワイ側のすべての手配と全行程の指揮を引き受けました。毎朝5時起きの3日間は、早朝に弱い私にとっては非常に辛いことでしたが、子どもたちの笑顔に励まされ、なんとか無事に終えることができました。  PR会社としては特殊な仕事ですが、日本とハワイの子どもたちが交流できること、子どもたちの未来に役立つという意義は価値があると思っています。2020年の東京オリンピックで、この子たちが海外からの訪問者や選手を英語で迎えることができたら素晴らしいですね。  しかしながら、このような企画にはトラブルが付き物。ハワイといえどもここはアメリカ。国と […]

  • 2018.2.5

言えば言うほど感謝されるアメリカ。

 皆さん、ハワイという日本人の多いエリアとは言え、アメリカで暮らしていると、例えば修理等のプロを頼むときに、延々待たされたあげくに希望通りにやってはもらえず高い請求が…、そんな経験していますよね? 私は最近、医療の場でハラハラしたことが連続。その経験から気づいたことをお話しします。  1年程前、チェックアップに行くと、私の主治医(PCP)だった内科医が連絡もなく引退してしまっていました。そして、新しく来た医師も会社の都合で突然辞めてしまい、1年のうちに3人も担当医が変わってしまいました。PCPとはリレーションシップが重要ですから本当に困りますね。  先月、定期検査のために12時間断食して準備し […]

  • 2018.2.5

改善を怠れば、毎日はつまらなくなる。

 家族間の心配もない。生活の心配もいらない。平凡な生活は「幸せ」なはずなのに、人生がつまらないと感じている人はいませんか?「人生がつまらない」と言う人ほど恵まれた人生を送っていると私は感じます。平凡なことを幸せと感じられないのは悪いことがないからで、その辛さがないときが、どれほど幸せなことかがわかるでしょう。  とは言っても、ネガティブなことが起きてほしいわけではありません。毎日を楽しく刺激的に過ごすヒントをお話ししたいと思います。何もしなければ、大抵の人が人生がつまらなくなります。楽しい毎日は反省と改善の繰り返し。自分で何かすることが大切です。まずは次の4つのことを心がけてみましょう。 ◆新 […]

  • 2018.2.5

こんな日本人は嫌われてしまいますよ。

 今回のコラムは(も?)ズバリと言わせていただきます。  私はVisitor Aloha Society of Hawaii(VASH)という非営利団体の副会長兼理事をしています。この団体は「世界各国から訪れる観光客が、万が一事故や事件にあったとしたら、これを助け、またハワイに来たいと思ってくれること」までをミッションとしています。  警察署等から助けが必要な観光客がいるとVASHに連絡が来ます。中でも日本人が頻繁にトラブルに遭うので、私のところへ連絡が来て、場合によっては仕事中でも、夜中でも飛んで行かなければなりません。  最近一番多いトラブルは、レンタカーのトランク内に家族全員のパスポート […]

  • 2018.2.5

真面目な人こそ「嫌われる勇気」を持ちましょう。

 「人から嫌われること」は良くないことと思っている人が多いことでしょう。でも実は「嫌われることを恐れる」ことで自己の成長が妨げられてしまうのをご存じですか? 心理学の三大巨頭であるアルフレッド・アドラーの思想について書かれた「嫌われる勇気」という本を私が読んで気づいたことをお話しします。  日本人は並列を好み、個性的で飛び出てくる人は上から叩かれる風潮がありますから、人々は飛び出ないように〝普通=無個性〟になっています。けれども無個性では他人の印象に残りません。印象に残らなければ自分のことはすぐに忘れられてしまい、埋もれて終わってしまいます。ですから、むしろ人より飛び出て周りから嫌われたら、個 […]