ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

速報:第45回ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞者

クライヴィ

2022年7月20日(水)、ホノルル市ワイキキのシェラトン・ワイキキにて、ハワイのグラミー賞とも称されるナ・ホク・ハノハノ・アワードが開催され、各賞の授与が行われました。3年ぶりの有観客ライブとなった会場では、新型コロナウイルス感染症規制のために長らく会っていなかったアーティストたちの楽しげに会話する様子があちこちで見受けられました。

シェラトン・ワイキキでの第45回ナ・ホク・ハノハノ・アワードの模様は、地元ハワイのテレビ局 KFVE – Hawaii News Nowがハワイ州に向けて生放送、そしてライブストリーミングで全世界配信をし、日本でも多くの人が授賞式を視聴。授賞式の合間には、さまざまなジャンルのオーティストによるコラボレーションパフォーマンスが繰り広げられました。

今年は、31部門のアワードと7部門の審査員カテゴリー賞において、ハワイ音楽界における優秀アーティストをはじめとする音楽に携わる人びとに各賞が授与されました。

今年は、過去にナ・ホク・ハノハノ・アワードを受賞している実力派3人(カヴィカ・カヒアポ, ショーン・ピメンタル, レフア・カリマ)によるクライヴィが、最優秀アルバム賞をはじめとする4賞を受賞し、ハワイアン音楽のストーリーテリングの力を発揮しました。

最優秀女性ボーカリスト賞は若手ナンバー1のポーラ・フンガが、最優秀男性ボーカリスト賞はグラミー賞受賞者でもあるカラニ・ペアが受賞。カラニは、受賞スピーチで「コロナの影響でツアーができなくなり、人の前で歌うこともできなくなってしまいましたが、今ここでこうやって大勢のみなさんの前で歌えることを本当に嬉しく思います。歌は癒しです」と涙ながらに語りました。

ポーラ・フンガ
カラニ・ペア


最優秀新人賞は、オアフ島を拠点とするトリオバンドのヴァレアが受賞しました。ヴァレアのメンバーは、全員がボーカルを担当できるという存在感のあるグループです。

ヴァレア



甘い声で人気のジョシュ・タトフィも、最優秀シングル賞と最優秀ハワイアンシングル賞そして最優秀ハワイアンミュージックビデオ賞の3冠に輝きました。

ジョシュ・タトフィ


ウクレレの名手として日本でも人気のジェイク・シマブクロは、4年を費やした「Jake & Friends」で最優秀コンテンポラリーアコースティックアルバム賞を受賞しました。

ジェイク・シマブクロ



ファンのオンラインでの人気投票で決まる、お気に入りのエンタテイナー賞には、2021年にデビューしたハワイ発のボーイバンド、クロッシングレイン。

クロッシングレイン


 
最優秀インターナショナルアルバム審査員特別賞は、2021年に引き続き日本から参加のカウラナに授与されました。





各賞の受賞者は、下記の通りです。(受賞者名は太字、アルバム名/曲名は「 」)

Album of the Year – Producer’s & Artist’s Award (最優秀アルバム賞)

  • 「Native Lands」, Kulāiwi/クライヴィ (アーティスト)
    Kawika Kahiapo, Shawn Pimental, Lehua Kalima/カヴィカ・カヒアポ, ショーン・ピメンタル, レフア・カリマ (プロデューサー)

EP (Extended Play) of the Year(最優秀EP賞)

  • 「Christmas In Hawaiʻi」, Kimie Miner/キミエ・マイナー

Hawaiian EP (Extended Play) of the Year(最優秀ハワイアンEP賞)

  • 「ʻAwaloha」, Kapiliela Kala/カピリエラ・カラ

Single of the Year(最優秀シングル賞)

  • 「Perfect To Me」, Josh Tatofi/ジョシュ・タトフィ

Hawaiian Single of the Year(最優秀ハワイアンシングル賞)

  • 「Wena」, Josh Tatofi/ジョシュ・タトフィ

Christmas Single of the Year(最優秀クリスマスシングル賞)

  • 「A Hawaiian Christmas」, Stacie Kuʻulei/ステイシー・クウレイ

Music Video of the Year(最優秀ミュージックビデオ賞)

  • 「It’s Time To Build A Bridge」, John Cruzジョン・クルーズJulia Levanne & Ryan Antalan/ジュリア・レヴァン&ライアン・アンタラン(ビデオ監督), John Cruz/ジョン・クルーズ(音楽プロデューサー)

Hawaiian Music Video of the Year(最優秀ハワイアンミュージックビデオ賞)

  • 「Wena」,  Josh Tatofi/ジョシュ・タトフィAntonio Agosto/アントニオ・アゴスト(ビデオ監督), Josh Tatofiジョッシュ・タトフィ(音楽プロデューサー)

Instrumental Composition of the Year(最優秀器楽曲作曲家賞)

  • 「Helemaʻumaʻu」, Jeff Peterson/ジェフ・ピーターソン

Song of the Year(最優秀楽曲作曲家賞)

  • 「Kau Ka Peʻa」, Kalani Peʻa/カラニ・ペア
    Kalani Peʻa, Larry Kauanoe Kimura & Wailau Ryder/カラニ・ペアラリー・カウアノエ・キムラワイラウ・ライダー(作曲者)

Female Vocalist of the Year(最優秀女性ボーカリスト賞)

  • Paula Fuga/ポーラ・フンガ, 「Rain On Sunday」

Male Vocalist of the Year(最優秀男性ボーカリスト賞)

  • Kalani Peʻa/カラニ・ペア, 「Kau Ka Peʻa」

Group of the Year(最優秀グループ賞)

  • Kulāiwi/クライヴィ, 「Native Lands」

Most Promising Artist of the Year(最優秀新人賞)

  • Walea/ヴァレア, 「Lei Pāpahi」

Alternative Album of the Year(最優秀アルターナティブアルバム賞)

  • 「Chroma (Vol. 2)」, Sean Cleland/ショーン・クレランド

Anthology of the Year(最優秀名曲集プロデューサー賞)

  • 「Henryʻs Postivie World」, Henry Kapono Kaaihue & lezlee Kaaihue/ヘンリー・カポノ・カアイフエ&レズリー・カアイフエ(プロデューサー)

Compilation Album of the Year(最優秀コンピレーションアルバム・プロデューサー賞)

  • 「Awaiāulu ʻIa E Ke Aloha No Molokaʻi」, Keola Donaghy, Leihuanani Kealiʻinohomoku, Les Ceballos & Zanuck Lindsey(Producers)ケオラ・ドナフィーレイフアナニ・ケアリイノホモクレス・セバヨス, ザヌック・リンジー(プロデューサー)

Contemporary Album of the Year(最優秀コンテンポラリーアルバム賞)

  • 「Rain On Sunday」, Paula Huga/ポーラ・フンガ

Contemporary Acoustic Album of the Year(最優秀コンテンポラリーアコースティックアルバム賞)

  • 「Jake & Friends」, Jake Shimabukuro/ジェイク・シマブクロ

Hawaiian Music Album of the Year(最優秀ハワイアンミュージックアルバム賞)

  • 「Native Lands」, Kulāiwi/クライヴィ

Hip Hop Album of the Year(最優秀ヒップホップアルバム賞)

  • 「The West Above All」, Punahele/プナヘレ

Instrumental Album of the Year(最優秀器楽曲アルバム賞)

  • 「Mele Nahenahe, Soothing Sounds Of Hawaiian Slack Key Guiter」, Jeff Peterson/ジェフ・ピーターソン

Island Music Album of the Year(最優秀アイランドミュージックアルバム賞)

  • 「Home」, Nāpua Greig/ナプア・グレイグ

Jazz Album of the Year(最優秀ジャズアルバム賞)

  • 「Aloha Jazz Lounge」, Kaikona/カイコナ

Metal Album of the Year(最優秀メタルアルバム賞)

  • 「Stardust & Blood」, Storm/ストーム

R&B Album of the Year(最優秀R&Bアルバム賞)

  • 「Mrs. Golden」, A Touch of Gold/ア・タッチ・オブ・ゴールド

Reggae Album of the Year(最優秀レゲエアルバム賞)

  • 「Back On The Porch」, Hoʻaikāne/ホアイカネ

Religious Album of the Year(最優秀宗教音楽アルバム賞)

  • 「Soul Crucial」, Sons Of Yeshua/サン・オブ・イェシュア

Rock Album of the Year(最優秀ロックアルバム賞)

  • 「A Duran Duran Tribute」, Tin Idols/ティン・アイドルズ

ʻUkulele Album of the Year(最優秀ウクレレアルバム賞)

  • 「Beyond Words」, Abe Lagrimas Jr./エイブ・ラグリマス・ジュニア

Top Ten Favorite Entertainer of the Year(お気に入りのエンタテイナー賞)

  • CROSSING RAIN/クロッシングレイン

【審査員カテゴリー】
General Engineering of the Year(最優秀一般エンジニアリング賞)

  • Imua Garza/イムア・ガルザ, 「Chroma (vol. 2)」 Sean Cleland

Hawaiian Engineering of the Year(最優秀ハワイアン・エンジニアリング賞)

  • Michael Grande & Shawn Pimental/マイケル・グランデ&ショーン・ピメンタル, Native Lands」 KuLāiwi

Graphics of the Year(最優秀グラフィック賞)

  • Kanaiʻa Nakamura, Kanaeokana/カナイア・ナカムラカナエオカナ, 「Mele Hoʻopulapula Vol. 1」 Various Artists

Haku Mele of the Year(最優秀ハクメレ作曲家賞)

  • Koʻolau Waltz/コオラウ・ワルツ「Lei Pāpahi」Walea

Hawaiian Language Performance of the Year(ハワイ語パフォーマンス賞)

  • 「Keāiwaokulamanu」, The Tauhine Trope/ザ・トゥアヒネ・トゥループ

International Album of the year – Special Recognition Award(最優秀インターナショナルアルバム審査員特別賞)

  • Kaulana/カウラナ, 「Nā Pualani」 

Liner Notes of the Year(最優秀ライナーノート賞)

  • Kū Koanui-Souza & Desi Nuʻuhiwa Koanui-Souza/ク・コアヌイソウザ&デシ・ヌウヒヴァ・コアヌイソウザ「Lei Pāpahi」 Walea

第45回ナ・ホク・ハノハノ・アワード再放送:

  • 7月23日(土) 午後6時〜午後9時    ハワイのテレビ局KGMBにて
  • 7月24日(日) 午後2時〜午後5時    ハワイのテレビ局KHNLにて
フィナーレ


 
第45回ナ・ホク・ハノハノ・アワードの模様は、期間限定でhttps://www.hawaiinewsnow.com/nahoku/にてご覧いただける予定です。

 
45回ナ・ホク・ハノハノ・アワードのスポンサー
ザ・カウンシル・フォ・ネイティブ・ハワイアン・アドバンスメント近鉄インターナショナル・ハワイカンパニーヒルトン・ハワイアン・ビレッジアウトリガー・ホテルズ・アンド・リゾーツザ・クイーンズ・ヘルス・システム, パパ・オラ・ロカヒカメハメハ・スクールズアラ・モアナ・ホテルハレクラニハワイ・ニュース・ナウサミット・メディアDTL.

 
ハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツについて
ハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ(HARA)は、ハワイにおける音楽業界と音楽の振興を目的として1982年に設立された非営利団体です。ハワイの音楽と音楽業界の継続、保護、振興、促進そして発展を責務とするHARAは、12名の任意の理事と500名以上の会員から成ります。1978年当時、世界で唯一のハワイアン音楽専門ラジオ局であったKCCN-AMラジオがHARAの前身です。HARAでは、ナ・ホク・ハノハノ・アワードの他にも権威ある伝説的なエンターテイナーに敬意を表するためにライフタイム・アチーブメント・アワード(ハワイ音楽界功労賞)を主催しています。
 

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

アラモアナセンター、10月1日から毎日のフラショーを再開

2022.09.30

ハワイ最大のオープンエア・ショッピングセンターであるアラモアナセンターは、毎日開催するフラショーの再開を発表いたしました。2022年10月1日(土)より、センターステージにて毎日午後5時から20分間、...

「神座(カムクラ)ラーメン」が海外1号店をアラモアナセンターにオープン!

2022.09.29

<編集部がリポート!ハワイ最新トピックス> 大阪の道頓堀で1986年に、わずか9席からスタートした「神座(カムクラ)ラーメン」。フレンチレストランのシェフが考案した独特のスープが大人気で、日本全国に9...