ハワイ州観光局、ハワイ・ユース・シンフォニーのチャリティコンサート ハワイの姉妹都市などからジュニアオーケストラを誘致

ハワイ州観光局、ハワイ・ユース・シンフォニーのチャリティコンサート
ハワイの姉妹都市などからジュニアオーケストラを誘致
〜 日本とハワイの子供たちの演奏がハワイのテレビ番組で放映 〜

 

 

 ハワイ州観光局は、ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロ氏と、ハワイアン女性シンガーのライアテア・ヘルム氏が特別出演するハワイの小中高生交響楽団「ハワイ・ユース・シンフォニー」のチャリティコンサート「He Makana O Na Mele: The Gift of Music(ヘ・マカナ・オ・ナ・メレ:ザ・ギフト・オブ・ミュージック)」に、ハワイの5つの姉妹都市のジュニア・オーケストラと、金沢市のウクレレ・ジュニア・オーケストラを誘致し、音楽で日本とハワイの子供たちの文化交流を図る活動の支援を行います。日本の子供たちが出演するチャリティコンサートは、2020年12月9日(水)午後3時からハワイのテレビ番組と番組公式ホームページでライブ配信されます。

 

 ハワイ・ユース・シンフォニーは小中高生の交響楽団であると同時に、経済的な理由で音楽を学ぶ機会を失わないための財政支援も行う非営利団体です。毎年12月には活動資金の収集を目的とした対面式のチャリティ・イベントを開催していますが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、形式を変更して1時間におよぶ国際音楽コンサートを開催します。

 

 2020年の「He Makana O Na Mele: The Gift of Music」には、ハワイ州観光局の働きかけにより、ハワイ州の5つの姉妹都市である北海道、愛媛県、広島県、福岡県、沖縄県のジュニア・オーケストラと、石川県金沢市のジュニア・ウクレレ・オーケストラが参加し、日本から総勢230名の子供たちがチャリティコンサートに出演することになりました。5都市のジュニア・オーケストラは「涙そうそう」を演奏し、ジュニア・ウクレレ・オーケストラは、ジェイク・シマブクロ氏、ライアテア・ヘルム氏、ハワイ・ユース・シンフォニーI 弦楽四重奏が「Far Too Wide for Me」を共演します。そして最後は全員でハワイの賛歌「ハワイ・アロハ」を協奏します。

 

 作曲家でハワイ・ユース・シンフォニーの卒業生であるマイケル・トーマス・フォウマイ氏、日本の編曲家である池田大介氏、編曲家のブライアン・シェパード氏がこのプロジェクトに参画し、素晴らしいオーケストレーションの構成を実現しました。池田氏は、涙そうそうのジュニアオーケストレーション用の楽譜起こしから音源の編集を担当し、5都市の共演を実現させるために多大なるご尽力を賜りました。

 

 

【番組概要】

番組名:He Makana O Na Mele: The Gift of Music 2020 

放送日時: 2020年12月9日(水)午後3時〜4時(日本時間) 

放送番組: ハワイのテレビ局KHNLの番組「Hawaii News Now」 

ライブ配信: HawaiiNewsNow.com/hys 

公式サイト:hiyouthsymphony.givesmart.com 

ハッシュタグ:#MakeMusicARight 

※ 12月11日(金)午後2時からKHNLの公式Facebookで再放送されます。 

再放送: www.facebook.com/K5Hawaii/ 

 

 

【姉妹都市のジュニアオーケストラ】 

どさんこ青少年オーケストラ協会 

2013年4月に発足した「どさんこ青少年オーケストラ協会」は、江別市、岩見沢市、名寄市、旭川市、音更町の5つのジュニアオーケストラの指導、音楽活動を行っている団体で、NPO法人日本少年少女オーケストラ協会と協働で積極的にアジアをはじめ海外との国際音楽交流事業を行っています。http://www2.hp-ez.com/hp/djo 

 

愛媛ジュニアオーケストラ 

「愛媛県青少年オーケストラ協会」は、NPO法人日本少年少女オーケストラ協会に加盟する姉妹団体として2018年9月に発足した愛媛県内初となるジュニアオーケストラ団体で、松山市・今治市・新居浜市で音楽活動を行っています。https://ehime-jrorchestra.amebaownd.com/ 

 

広島ジュニアオーケストラ 

1998年5月に発足した「広島ジュニアオーケストラ」は、3歳から高校3年生まで約40人の子供たちが広島市を中心に音楽活動を行っています。毎年12月の定期演奏会をはじめ、県内各地での依頼演奏会や団員向けのレクリエーションなど街中や各種イベントに参加しています。 hjo.jimdo.com 

 

福岡ジュニアオーケストラ 

公益財団法人アクロス福岡の全面協力のもと2019年6月に誕生した「福岡ジュニアオーケストラ」は、福岡を拠点に、九州交響楽団のメンバーや地元プロ奏者による充実した指導のもと小学4年生から高校3年生まで約70人の子供たちが、音楽活動を行っています。https://fukuokajrorchestra.com 

 

那覇ジュニアオーケストラ 

一般社団法人琉球フィルハーモニックが運営する「那覇ジュニアオーケストラ」は、2013年10月より活動を開始。那覇市および県内各地の小学1年生から高校3年生の約40人の子供たちで構成され、指導者には、琉球フィルハーモニックオーケストラのメンバーを中心に、プロの指揮者や演奏家を招き、音楽活動を行っています。https://ryukyuphil.org/activity/nahajunior/ 

 

【石川県のジュニア・ウクレレ・オーケストラ】 

ジュニア・ウクレレ・オーケストラ 

石川県金沢市を拠点に活動を行っている「ジュニア・ウクレレ・オーケストラ」は2013年に結成され、小学1年生から高校3年生まで約40人の子供たちが所属。ウクレレで世界と繋がり笑顔を広げることを目標にウクレレ普及や社会奉仕活動を行っています。2014年と2018年にハワイで開催された「ウクレレフェスティバル in ハワイ」に参加した他、2019年にはハワイのウクレレスクール”ウクレレハレ”のメンバーと金沢で交流しました。http://junior.ukulelepaina.com 

 

ハワイ・ユース・シンフォニーのソーシャルメディアで#MakeMusicARightをフォローすることができます。また、活動支援金は、公式サイトのhiyouthsymphony.givesmart.comから寄付することができます。

 

ハワイ・ユース・シンフォニーについて

ハワイ・ユース・シンフォニーは、ハワイ州の100を超える学校から年間700人の学生が参加する米国最大級の交響楽団であり、子供たちが経済的な理由で音楽を学ぶ機会を失わないために、財政援助プログラムを通じて年間350,000ドル以上の資金を提供しています。2011年4月には、ハワイ・ユース・シンフォニーの若者たちの提案により、東日本大震災被災地救済支援のためのチャリティ・コンサートが開催され、コンサート会場で集めた寄付金の全てを、アロハ・フォー・ジャパンを通じて東日本大震災被災地救済支援に寄付しました。https://hiyouthsymphony.org 

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き!買い物・ショッピングが好き!食べることが好き!」そんな全部を叶えてくれる、厳選・おすすめのハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。オアフ島のおすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に出かけよ[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング