ポリネシア・カルチャー・センター

ポリネシアカルチャーセンター~ハワイのルーツを知る観光ツアー

ポリネシア・カルチャー・センター

ハワイのルーツを知る観光テーマパーク・ポリネシアカルチャーセンター

気軽にポリネシア諸島の体験ができる観光スポットとして人気の、体験型テーマパーク「ポリネシアカルチャーセンター」。ハワイ・オアフ島のノースショアに位置する広大な敷地に、タヒチ、フィジー、アオテアロア(ニュージーランド)、サモア、トンガ、ハワイの6つのビレッジを再現。

さあ、行こう!ポリネシアの国々へ

PCC

ハワイ・オアフ島の北東部に、ポリネシアの6つの地域を再現したユニークなテーマパーク「ポリネシアカルチャーセンター」がある。ハワイが誇る、50年以上の歴史を持つ文化遺産的価値のある場所だ。
 
そこはタヒチ、フィジー、アオテアロア(ニュージーランド)、サモア、トンガ、ハワイの6つのエリアに分けられ、それぞれの文化に即したユニークなアクティビティーが繰り広げられている。

PCC:ビレッジ
広大なパークには、ポリネシアの島々の文化や生活を再現したビレッジが点在し、各々の村を象徴する文化体験が用意されている

テーマパーク内部ポリネシアンの女性

ポリネシアカルチャーセンターのスタッフ壁飾り

ポリネシアカルチャーセンターの演者体験

なかでも、ポリネシアカルチャーセンターで1番の話題は、最新のカヌーショー『HUKI』だ。海を渡ってきた先祖が、苦労の末に島々にたどり着き、やがてポリネシアの偉大なる文化が形成されたという神話を、ラグーンを進むカヌーの上で、歌とダイナミックな踊りで表現する。島々の交易、戦争、同盟、そして最後には広大な海がポリネシアの人々の心を一つにしたという話を、主人公を中心とした演者たちが、激しく、時には笑いを誘いながら魅せてくれる。

PCC:Hukiショー
手に汗握るカヌーショー「Huki」の激しい戦闘シーン。水しぶきがあがるダイナミックな水上の戦いに、観客はみな拍手喝采だ

魅せる! 圧巻のショーが目白押し

PCC:HAショー
圧巻の『HĀ』のファイヤーダンス。生き物のような火と同化し、それを見事に操るダンサーたちの美しい身のこなしからは、片時も目が離せない

ライエの空に暗闇のベールがかかる頃、ポリネシアカルチャーセンターでのフィナーレを迎えるに値する壮大なイブニング・ショー『HĀ:ブレス・オブ・ライフ』が始まる。総勢100名ものキャストが魅せるステージは、ハワイのルーツを解き明かすストーリー仕立て。主人公のマナが、ハワイ、トンガ、ニュージーランド、サモア、タヒチ、フィジーのポリネシア文化を通して、人生の喜びや試練を経験する姿が描かれる。誕生、学び、青春、結婚、戦い、死、そして、子どもの誕生という人生において経験する普遍的な出来事をアニメーションやダンス、音楽により表現。文化や言葉が違っても、誰にでも理解しやすいように作られた感動の一大スペクタクルだ。

PCC:HAショー

PCC:HAショー
豪華な舞台仕掛けにワクワクする壮大なポリネシアンショー『HĀ:ブレス・オブ・ライフ』。主人公マナがポリネシア各地の文化を通じて、人生の喜びや試練を経験する様が壮大なスケールで描かれている

ショーの前に、ライエの特産品を始め、ポリネシア各地で受け継がれてきたグッズが並ぶ「フキラウ・マーケット」で買い物を楽しんでおけば、ハワイで経験したいエンターテインメントのすべてが体験できたと満足するはずだ。

お買い物もグルメも楽しい! フキラウ・マーケット

ポリネシア・カルチャー・センターの一角にある、古き良きハワイを体感できる新スポットが「フキラウ・マーケット・プレイス」。1940年代のライエの街を再現したノスタルジックな雰囲気のなか、買い物と食事の両方が同時に楽しめる。入場料は無料なので、気軽に立ち寄ってみたい。

営業時間: 月~土曜 11:00am-9:30pm ※店舗によって異なる

フキラウ・マーケットフキラウ・マーケットの料理

ポリネシア・カルチャー・センターの営業時間・料金

ポリネシア・カルチャー・センター◎ ポリネシア・カルチャー・センター / Polynesian Cultural Center
55-370 Kamehameha Hwy., Laie
☎ 808-924-1861
▶ 営業時間:月~土曜 12:00pm-9:00pm
▶ 休園:日曜、クリスマス、感謝祭
▶ 料金:デイパッケージ/入場料・日本語ガイド・園内ツアー・夕食・イブニングショー$86.95~$239.95、ナイトパッケージ/ビュッフェ・イブニングショー$104.95~$139.95
※価格は変更の可能性あり
▶ ポリネシアカルチャーセンターの公式Webサイト:www.polynesia.com

ワイキキからポリネシアカルチャーセンターへの行き方

送迎バスによるポリネシアカルチャーセンターへの観光ツアーに参加
ワイキキのホテル、もしくは最寄ホテル(アラモアナホテル、ハイアットリージェンシーほか)まで送迎バスを頼むことが可能です。
 
タクシー/レンタカーでの行き方
・ノースショア経由:H1→H2、またはH1→99号(カメハメハ・ハイウェイ)でノースショアへ。ハレイワ、ワイメア、カフクなどを通ってオアフ島の最北端経由で南下、ポリネシアカルチャーセンターへ向かいます。
・カネオヘ経由:H1→63号(リケリケ・ハイウェイ)→83号(カメハメハ・ハイウェイ)でカネオヘを通ってオアフ島の東側から北上してポリネシアカルチャーセンターへ向かいます。

(’Eheu Spring 2019号掲載)

※このページは「‘Eheu Spring 2019」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き! 買い物・ショッピングが好き! 食べることが好き!」そんな全部の好きを叶えてくれる、厳選されたパーフェクトなハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。おすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させてくれる現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするために、観光滞在中、現地で参加をおすす[…]

クルージング