フィリップ・リカード_アイキャッチ

ハワイ随一のハワイアンジュエリー「フィリップ・リカード」

フィリップ・リカード_アイキャッチ

ハワイの花や葉、ウミガメなどの手彫りのデザインが太陽の光を受けて輝くハワイアンジュエリー。それは、ハワイが紡いできた歴史であり、絆の象徴とされている。自身の名前を冠した「フィリップ・リカード」で30年余り職人としてハワイアンジュエリーを作り続けてきたフィリップ・リカードさんは、歴史家という一面があるからこそ誰よりも強く熱いクラフトマンシップを持っている。

(Photos: Akira Kumagai)

ハワイアンジュエリーの歴史の扉を開けた職人~フィリップ・リカード

ハワイアンジュエリーを作成するフィリップ・リカードハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニがイギリスのビクトリア朝デザインを模倣して作ったとされるハワイアンジュエリー。この歴史を紐解いたのが、ハワイ随一のハワイアンジュエリー専門店を創業したジュエリー職人フィリップ・リカードさんだ。
 
彼はジュエリーに魅せられ、17歳の時にイタリアへ渡り、美しいジュエリーの数々と、その製造の様子を見て回った。
 
オレゴン州出身のフィリップ・リカードさんは、呼ばれるようにハワイへ来たという。そして、ハワイの伝統であるハワイアンジュエリーは美しくクオリティーの高いものでなくてはならないという使命を感じ、1986年に「フィリップ・リカード」を創業。ハワイアンジュエリーの奥深い歴史に興味を持ち、調査を開始。6年の歳月をかけて、その謎を解き、『ハワイアン・エアルーム・ジュエリー(永遠の思い出)』を出版した。
 
1887年、ハワイのリリウオカラニ女王が謁見した英国のビクトリア女王が、若くして失った夫をしのび、身につけていたのが黒く染めた文字を入れたブレスレットだった。リリウオカラニ女王は、その想いに感銘を受け、兄の崩御により継承した王位を重く受け止め、黒い刻印のブレスレットを作った…。
 
フィリップ・リカードさんは、自身で解き明かした歴史を重んじながら、ハワイアンジュエリーを製作している。

代々受け継ぐ家宝になるから、美しく作ることに全力を注ぐ

デザイン画
ハワイアンジュエリーのデザインはイギリスから伝わった伝統デザインやハワイの自然、身につける人の好みを入れて描く

ハワイ・オアフ島のホノルルにある工房で30年以上の間、フィリップ・リカードさんは、ハワイアンジュエリーのデザインから製作までの全工程の一つ一つを自ら行ってきた。
 
彼の作業は、まず金を混ぜ合わせるところから始まる。ピンクゴールドやホワイトゴールドなどの色は、金の純度の割合で決まる。慎重に配合を行い、高温のバーナーで溶かして融合させる。固体となった地金をカットして形をデザインし、ハンドトーチと呼ばれる小さな炎によって金の上にエナメルの輝きを加える。そこにモチーフを彫り込む。
 
オールド・イングリッシュ、マイレの葉、プルメリア、ハイビスカス…。最後に一つずつ丁寧に磨き上げていく。「美しく作り上げることが何より大切」。なぜなら、「ハワイアンジュエリーは一生涯身につけ、子どもへ、そして孫へと伝えていくもの。長く深く受け継がれていくエアルームジュエリー(家宝)なのです」。
 
人生の記念日にオーダーする人が多いハワイアンジュエリー。結婚や出産、ハワイでのかけがえのない思い出を残すために作る人もいる。その時の想いを美しく表現し、いつまでもその気持ちとつながることができるようにと、フィリップ・リカードさんは丁寧に深く彫る。
 
ハワイアンジュエリーの製作は自分に与えられたギフト。だから「ベストのものしか作りません」と静かに語る。どれほど時間がかかっても最高のひとつを作り上げる。フィリップ・リカードさんが作るブレスレットは厚みがありずっしり重い。これがクオリティーであり、想いの重さだ。
 
長年彼の元で働くスタッフが、このハワイアンジュエリーは彼にしかできない挑戦であり、その結果だと教えてくれた。

フルールドリスのペンダントトップ
リリウオカラニ女王のブレスレットに刻まれたシンボルのデザインの一部であるフルール・ド・リス・ペンダントトップ(小)$325~、(中)$696~(エナメル)
フィリップ・リカードのブレスレット
幅や厚み、デザイン、モチーフなどすべてカスタムメイド/フィリップ・リカードのブレスレット
フィリップ・リカードのリング、ペンダントトップ
オーダーデザインを施し、エナメルの文字を入れたフィリップ・リカードのリング、ペンダントトップ、ブレスレット
リングとペンダントトップ

運命を思う
ハワイアンジュエリーに、伝統と絆を刻み続けて

ブローチ
カイウラニ王女の生涯を描き、2009年に上映された映画『プリンセス・カイウラニ』で、主人公のカイウラニが身につけたブローチ。カイウラニ女王が使っていた文具(手紙などを書く用紙)にあった透かしのマークを元に、フィリップ・リカードさんがデザイン、製作した

「ホオマナオ・マウ(永遠の思い出)」と刻み、リリウオカラニ女王が一生涯身につけたブレスレット。130年間消息がわからなかったこのブレスレットを、フィリップ・リカードさんが見つけ出したことも運命なのかもしれない。だからこそ、彼はハワイの歴史を深く刻み込むために、ハワイアンジュエリーの製作に全身全霊を捧げている。
 
ハワイの伝統であり、絆であるハワイアンジュエリーが、身につけた人のもとで一生輝き続けるようにと、フィリップ・リカードさんは職人らしさがにじみ出た手を巧みに動かしながら、今日も工房で世界唯一の宝を作っている。

フィリップリカードのハワイアンジュエリーができるまで

地金作り・彫金・デザイン彫刻・刻印
いくつもの工程を経て、フィリップリカードのハワイアンジュエリーは唯一無二の逸品となる

 
工程011.
金やプラチナのジュエリーの地金を作る。金の融解、圧延、鋳造の後、手または機械で形を作っていく。その後、磨きをかけてツヤを出す

 
工程022.
デザインとのバランスを見ながら、文字のサイズを確定させる。文字入れは、オーダーによって手または機械で刻み込んでいく

工程033.
エナメルを製作。耐久性のあるガラスエナメルを、ハンドトーチを使い、液化するまで熱し、その後ゆっくりと冷却する

工程044.
デザインを彫刻する。イタリアから取り寄せた器具を使い、数千年の歴史を持つ技法で手彫りによって、深くモチーフを彫り込んでいく

工程055.
モチーフを入れたジュエリーを一つずつ丁寧にゆっくり手作業で磨く。この作業により、ツヤが増し、光り輝くジュエリーになる

 
工程066.
最後にジュエリーの内側や後部に刻印を入れる。メッセージや名前、日付などを手または機械で刻む。これで世界で一つのジュエリーが完成

「紐解いた歴史を受け、未来へ受け継ぐ重みを感じるから、美しく高品質な最高のハワイアンジュエリーを作る」(フィリップ・リカード)

フィリップリカードさん
フィリップ・リカード●1946年オレゴン州で生まれる。米軍に従軍した後、フロリダ州でスペインの遠洋航海用帆船でのダイバーなどを経て、1975年にハワイに移住。1986年に『フィリップ・リカード』をロイヤル・ハワイアン・センターにオープン。当初はキオスクスタイルの店舗だった。

フィリップ・リカード店内◎ フィリップ・リカード / Philip Rickard
2330 Kalakaua Ave., #105, Honolulu
インターナショナル・マーケット・プレイス/バニヤンコート1階
☎ 808-924-7972
▶ Webサイト:www.philiprickardjapan.com

(’Eheu Summer 2018号掲載)
 
※このページは「‘Eheu Summer 2018」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き! 買い物・ショッピングが好き! 食べることが好き!」そんな全部の好きを叶えてくれる、厳選されたパーフェクトなハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。おすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング