夫と出会い、仲間は家族同然に  サーフィンは人生に欠かせません

 

 

思えば人生の半分はサーフィンをしています。2000年にハワイ大学へ編入してきたのですが、ハワイに来て初めて買ったものがショートボード。校内のショップで175ドルで買ったのを覚えています。

それから毎日海へ通う生活で、当時の友達はほぼ100%がサーファーでした。特に仲の良かった友人がサーフショップをオープンし、そこでボードを削るシェイパーをしていたのが今の夫です。その後、ますますサーフィン一色の人生になりましたね。

サーフィンは生活の一部なので1日の流れの中にあるもの。性格的に、この技をクリアしたい! とかアグレッシブにするわけではなく、無理なく楽しく続けてきました。海の中では頭が柔軟でいられて、ストレスフリーになれるんです。行けば必ず仲間がいて、長年の付き合いのある彼らは家族のような存在。海は安心できる居場所でもあるのです。

2010年に息子が生まれ、今は毎朝彼を小学校に送った後、出勤までの2時間は、波をチェックしたり、海に入ったりするのが日課。夫やサーフィン仲間は「今日の波どう?」と私に聞いてきます(笑)。

昨年9月、カカアコに念願のセレクトショップを友人と二人でオープンしました。ファッション業界一筋で働いてきたので、その集大成となるショップです。場所柄、アーティストの方たちがフラッと立ち寄ってくれ、サーファー以外の友人が増えたのも嬉しいことです。

そんな新しい生活も楽しみつつ、今後もずっとハワイでサーフィンを続けていけたら幸せです。父の転勤で幼稚園から大学までそれぞれ2つの学校に通うほど移動の多い人生でしたが、やはりサーフィンを始めて、夫と出会ったハワイは特別です。  まったく同じ波はありませんし、サーフィンは一生極めることができないスポーツ。ゆっくり進化しながら楽しんでいきたいと思います。

 

🏄‍♀️お気に入りサーフスポット

コンセッション
大学時代に初めて入ったポイントであり、今も多くの仲間がいるところ。子どもの学校と職場の中間にあり、ロケーションも◎

 

Mayo Kawamura
1978年千葉県生まれ。幼少期は父親の転勤でインドネシア、日本、フィリピンなどを4年ごとに引越しを繰り返す。1996年、オハイオ州の高校に編入し、卒業後はミシガン大学へ。2000年にハワイ大学ファッション学部デザイン科に編入。2002年卒業後、サーフアパレル系ショップ、ブティックなどで販売やバイヤーなどを務める。2017年9月『Here.』をカカアコにオープン。

(2018年6月16日掲載)

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2018年6月16日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き! 買い物・ショッピングが好き! 食べることが好き!」そんな全部の好きを叶えてくれる、厳選されたパーフェクトなハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。おすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング