ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

どんなに試練があっても数字から逃げない大切さを学びました。


Kodama Koi Farm 
樹神太郎(こだまたろう Dojo RITAH塾生)Vice President

愛知県生まれ。大学卒業後、2年弱ニューヨーク州に留学。帰国後、証券会社勤務を経て父の創業した錦鯉販売会社三好池に就職。2000年、事業の米国進出のためカリフォルニア州でKodama Koi Farmを設立。2006年にハワイに拠点を移す。「錦鯉で皆を幸せにする」を使命とし、錦鯉で心和むライフスタイルのサポートを提供。目標はアメリカ大陸中に日本の錦鯉を流通させること。URL: www.kodamakoifarm.com 

コロナ禍に負けないキャッシュフローは5年前の試練の賜物

 2020年3月22日、私の誕生日にハワイ州のロックダウンが始まり、顧客の注文がなくなりました。当初は慌てましたが、すぐに落ち着きました。

 実は5年前にコロナレベルの試練を克服して以来、会社のキャッシュフローが良くなっていたのです。コロナ禍でも仕事を創出し雇用を守ると決め、高齢者や持病のある者には給料を払い自宅待機してもらいました。

 やがて夏ごろから、「巣ごもり需要」で池を作ったり生き物を飼ったりする人が増え始め、パンデミックの間にかえって売上を伸ばすことができました。  

 

「数字に意思を込める」とはこういうことか

 多額の資金を投じて作った施設の償却がまだ終わっていない2014年、ファームの地主から突然、1年以内の立ち退きを通達されました。

 その施設を取り壊す一方で、移転先を探し、池を掘り、何万尾という鯉の在庫を現金化し、残りの在庫を新施設に移動するという作業を、シミュレーションを繰り返しながら同時進行でこなすことを計画。無謀でしたが、生き残りをかけて実行するしかありませんでした。

「もうダメだと思ったときが仕事の始まり」という稲盛塾長の言葉がどれだけ勇気を与えてくれたことか。あの時、盛和塾(現Dojo RITAH)で学んでいなかったら、当社は潰れるか日本に撤退していたでしょう。

 この試練を通して、数字から逃げないことの大切さを学びました。その後、「移転前の売上300万ドルまで回復する」という目標を、強烈な願望に落とし込むことにより達成。稲盛塾長の「数字に意思を込める」とはこういうことか、と初めて理解しました。現在の目標は、何があっても最低1年は従業員を守れる財務基盤を作ることです。

※このページは「ライトハウスハワイ 2022年2月1日」号掲載時点のものです。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

ハワイに家を持つ! という夢を、お客様はもちろん従業員にも叶えさせてあげたい。

2022.07.06

Please scroll down for the English version!! 約40年におよぶ海外サラリーマン生活から不動産業へ転進  私の社会人人生は、1968年移民船ブラジル丸で日本を...

誰もが気軽に安心してカラオケを楽しめる場所をもっと提供していきたい

2022.06.01

Please scroll down for the English version!! ロックダウンの最中に、カラオケ店の夫婦経営に乗り出す  創業30年のカラオケ店を夫婦で経営しています。2019...