第12回 ウクレレピクニック・イン・ハワイを 120%楽しむための10のTIPS

 

 

2009年に始まった『ウクレレピクニック・イン・ハワイ』は、実力派若手ミュージシャンからベテランまで日本とハワイを中心としたウクレリアンが集結し、観客動員数は約5000人を誇るイベント。このイベントが目指すのは、ウクレレを、より多くの人に手に取ってもらう場 “ウクレレミュージアム” を建設すること。イベントの収益金もその資金に充てられます。2月16日(日)は、青空に響くウクレレの音色に包まれながらピクニック気分を満喫しに出掛けてみませんか?

 

日時 2020年2月16日(日曜日) 9:00am〜日没まで

会場  ビクトリア・ワード・パーク

(Kamakee St.とWard Ave.の間、マルカイ・マーケットプレイス跡地)

住所  980 Auahi St., Honolulu

入 場 料  無料

駐 車 場  近くにパブリックパーキングが多数あり

問い合わせ  ☎808-312-4381 (ポエポエハワイ)

www.ukulelepicnicinhawaii.org

 

 

 

主催者のごあいさつ

ウクレレピクニック・イン・ハワイも12回目を迎えます。ずっと変わらず応援してくださったメディア、企業、ウクレレ関係者の方々に感謝します。そしてウクレレファン、ウクレレピクニックを毎回楽しんでくださっているみなさんにも感謝です。

12年は干支でいえばちょうど一周。ウクレレももしかしたら新たな時代に突入するのかもしれません。

それはどんな時代かというと、ウクレレの持つ不思議な力を世界中の人たちが認識する時代になる、と思うのです。

ウクレレは常に平和のメッセージを発しています。心の平安、友情、謙虚さ、家族愛、今の世界に必要なのはまさにこれらではないでしょうか。平和の具体的なイメージを持つことが理想の世界への第一歩だとしたら、未来の主役となる子どもたちにこそウクレレが大切な役割を果たすに違いありません。この数年いつもそんなことを考えながらこのイベントを続けてきました。もちろん、みなさんに喜んでもらえる小さな楽園を作りたいという夢は変わりません。

ウクレレの音色を、素晴らしい演奏を、おいしいフードを存分に楽しんでください。ウクレレが生み出す平和と安らぎ、さらに新たな時代の予感をこのウクレレピクニックで感じていただければ嬉しいです。

 

ウクレレピクニック・イン・ハワイ主催

ウクレレファウンデーション代表  

関口和之

 

 

 

 

TIP1

豪華ミュージシャンが勢ぞろい!

出演者の予習をしておく

ハワイや日本をはじめとした著名ミュージシャンが集結。2カ所のステージで惜しみなくそのパフォーマンスを披露します。そんなライブを無料で堪能できるのはウクピクならではのぜいたく! 出演者を押さえ、タイムスケジュールをチェックしておくことが大前提です!

 

関口バンド SEKIGUCHI BAND

口笛とウクレレのユニット。関口和之(ウクレレ)率いるメンバーは、分山貴美子(口笛、ウクレレ)、ヤナギマン(ベース)、はたけやま裕(パーカッション)と、それぞれが音楽界で活躍する豪華な顔ぶれ。

 

イムーア  IMUA

ほとんどがオリジナル作品のアルバムを発売してきた20年のキャリアを持つベテラン。ハワイ、アメリカ本土、そして世界中で広く知られるグループ。

 

ホノカ  HONOKA

ハワイの自然に囲まれて育ったからこそ、そこからインスピレーションを受けた音を表現する。「音楽への愛と情熱、そしてアロハスピリットの素晴らしさを、世界中の人達に伝えていきたい」という。

 

フック  HOOK

5枚目アルバム『COLORS』がナ・ホク賞でウィナー受賞。アメリカ音楽界の最高峰グラミー賞を6年連続受賞したダニエル・ホーと共演も。読売新聞『ハワイにまつわるエトセトラ』にインタビュー掲載他、メディア出演多数。

 

キョウスケ・タカハシ  KYOSUKE TAKAHASHI

17歳の高校生でレフティのウクレレプレイヤー。2019年の第8回インターナショナル・ウクレレコンテストで最優秀演奏者賞(MVP)など三冠を獲得した。

 

クウイポ・クムカヒ  KU`UIPO  KUMUKAHI

女性フラミュージックシンガーの第一人者で、愛称は『ザ・スイートハート・オブ・ハワイ』。多くの受賞歴を持つ。ハワイアン・ミュージックを継承することに熱心で、多くの団体に所属して活動中。

 

ハーブ・オータJr.  HERB OHTA JR.

ウクレレの神様オータサンを父に持つウクレレ界のサラブレッド。3歳で『ハッピー・バースデー』を弾けるようになり、10歳で指導者に。ハワイアン・ミュージックをはじめ、ポップス、ボサノバ、J-pop、スタンダードなどをウクレレでジュニア風に弾きこなす。

 

ジャズーム・カフェ&ソラ   JAZZOOMCAFE & SORA

元・総合格闘家。高速な演奏で、2011年ハワイ国際ウクレレコンテストで日本人初のMVP受賞したジャズーム・カフェのユニット。

 

マーク・ヤマナカ  MARK YAMANAKA

ハワイ島ヒロ育ちの日系ハワイアンシンガー。ファルセットの高音域から豊かなバリトン・ボイスまでを出せ、トラディショナルからコンテンポラリーまで幅広いアイランド・ミュージックを歌いこなす。ナ・ホク賞常連で、2019年はアルバム『Lei Lehua』で最優秀アルバム賞他、5冠達成。

 

ベニー・チャン  BENNY CHONG

ハワイを代表するジャズ・ウクレレ奏者。ビル・タピアやライル・リッツなどの大御所ジャズ・ウクレレミュージシャンらと肩を並べる、名実ともにハワイを代表するジャズ・ウクレレの名人。

 

バイロン・ヤスイ  BYRON YASUI

ハワイ最高のベーシストでもあり、1972年からハワイ大学で教を執る。ハワイ・シンフォニー・オーケストラと共演も。受賞歴多数。

 

ジョディ・カミサト  JODY KAMISATO

ジェイク・シマブクロ、トロイ・フェルナンデス、ピーター・ムーンらにウクレレの手ほどきを受け、ロイ・サクマ・ウクレレ・スクールでも学ぶ。創造力に富んだインストラクターでありミュージシャン。

 

高木ブー  TAKAGI BOO

1933年生まれ。15歳でウクレレプレイヤーとしてステージに。1964年、ザ・ドリフターズに加入。1999年にNHK教育テレビ『趣味悠々 高木ブーの今すぐ始めるウクレレ』に講師として出演し、日本のウクレレブームの火付け役となった。イベント出演など今も精力的に活動している。

 

ティーガン&ケイレン  TEGAN & KAYLEN

ロコガールのTeganとKaylenによるボーカル&ウクレレデュオ。ソングライティングの才能も持ち合わせ、ピュアでソウルフルな歌声と、ハワイが育んだ自然なキャラクターが魅力。日本のJALハワイCMソングに『今キミ想う』が起用された。

 

アイアン・マンゴー  IRON MANGO

ハワイのスーパーグループとして結成され、全てのメンバーがナ・ホク受賞者。メンバーは、ジェイクと結成していたバンド『ピュアハート』のメンバーだったジョン・ヤマサト、父親も有名なパーカッショニストのロパカ・コロン、マウナルアのベーシストのリチャード・ギデオン、ウクレレ界のスターであるカレイ・ガミアオの4人。

 

カヴェナ・メクラー  KAWENA MECHLER

数多くのミュージシャンのプロダクションコーディネーター、プロのフラダンサーとして長年のフラ経験を持つ。パフォーマーとしてハワイの旅行業促進を目的とした中国訪問の際、ハワイ州知事に同行した他、ハワイ語での歌詞に貢献するなど活動範囲は幅広い。

 

ケイコ  KEIKO

ハワイアンシンガーとして、2012年にミニアルバム『Hali`a』をリリース。ハワイのフラ競技大会や、タヒチ・ハワイを巡る豪華客船で演奏するなど、国内外で活動中。

 

ドクター・トレイ  DR. TREY

ジェイク・シマブクロの育ての親として有名なウクレレ・マスター。ジェイクが日本デビュー後、数年はプロデューサーも務め、現在もウクレレミュージシャンや音楽プロデューサーとして活躍。

 

ケリーナ・エルドリッジ  KELINA ELDREDGE

ハワイ州エヴァビーチ出身。第54回メリーモナーク・フラ・フェスティバルにおいてミス・アロハ・フラ2017を獲得。日本でも数多くのショーに出演中。

 

ヌエ  NUE

ウクレレ界の重鎮で、多くのアーティストたちとのセッションで活躍するブライアン・トレンティーノが、自身のグループで参加。ホク・ズッターメイスター、カマ・ホプキンスとのトリオで奏でるハワイアンミュージックは極上の調べ。

 

カマカケハウ・フェルナンデス  KAMAKAKEHAU FERNANDEZ

アーカンソー州出身で、生後6週間でハワイアンファミリーの養子としてマウイへ。ハワイ語教育を受け、中身は生粋のハワイアン。ハワイ独自のファルセットボイスを響かせる。2013年にナ・ホク賞を受賞。

 

 

 

 

TIP2

人気グルメが集結!

ハワイのおいしいを堪能する

ピクニック気分を盛り上げるのに欠かせない「食」。サウスショアマーケット内の話題の店や日本発のラーメン店など、人気のカフェやレストランの他、おなじみのブースなど30以上のブースが並びます。おいしいものを頬張って、お腹も心もを満たして楽しみましょう!

 

 

 

 

TIP3

今年はヨガも登場!

無料体験&ワークショップを活用する

今年新登場の注目はフリーヨガ。青空の下、ウクレレの音色に包まれて、ヨガを体験すれば、リフレッシュできること間違いなし。さらに、毎年大人気のフラとウクレレのワークショップも開催されます。クムフラのカヴェナ・メクラーによるフラや、ジェイク・シマブクロのプロデューサーを務めたドクター・トレイによるウクレレのワークショップが無料で受けられますよ! 

 

 

 

TIP4

家族の憩いの場に!

縁日でお祭り気分に浸る

子どもも大人も大好きなヨーヨー釣り、スーパーボール、輪投げなど、日本の懐かしい遊びを満喫できる縁日コーナーも充実。朝から日の入りまでの1日中、家族みんなで楽しめるコーナーにぜひ立ち寄ってみて!

 

 

 

TIP5

各メーカーが並ぶ貴重な場

サイレントオークションをのぞいてみる

カマカ、カニレア、コアロハをはじめ、各メーカーのウクレレが勢ぞろいします。日本でもなかなか手に入らないシモウクレレも出品! サイレントオークションなので、超お得な価格で落札できるチャンスです。この機会をお見逃しなく!

 

 

 

TIP6

20人以上にチャンスが!

ウクレレ抽選会に参加する

ウクレレはもちろん、ビッグアイランドキャンディーズのギフトセットなど100ドル相当が当たる抽選会。1日に3回実施されるので多くの方にチャンスあり! 事前に、販売ブースで1枚1ドルのチケットの購入を。

 

 

 

TIP7

子どもたちの練習の成果に涙…

100人ウクレレ贈呈式を見届ける

100本のウクレレを島内の子どもたちに贈るこのプロジェクトに込められた願いは「ウクレレピクニックの会場がウクレレとの出会いの場となり、彼らにとって音楽が生涯の支えとなってほしい!」。贈呈後に、ミュージシャンやボランティアたちの指導を受けて練習した子どもたちが、演奏を披露するハートウォーミングなプロジェクトです。

 

 

 

TIP8

毎年こだわり抜くデザインに注目!

オフィシャルTシャツを集める

独特のタッチでハワイを切り取ったデザインが人気のオフィシャルTシャツは、コレクターがいるほど人気。会場で着れば一体感を感じられます! 日本へのお土産にも喜ばれるので帰国用にキープを!

 

 

 

TIP9

楽しめるのは当日だけじゃない!

プレイベントに行ってみる

 

ウクレレミニコンサート

モアナサーフライダーホテルのオーシャンフロントのステージで開催されるミニコンサート。ワイキキの景色とともに、著名ミュージシャンによるウクレレの演奏を楽しみ、この日だけの貴重で優雅なひとときを満喫できます。

日 時  2月14日(金)3:00pm〜5:00pm

場 所  モアナサーフライダー1階ザ・ビーチ・バー

TEL  808-922-3111

www.moanasurfrider.jp/beachbar.htm#ukulele

 

 

第9回 インターナショナル・ウクレレコンテスト&フラショー

前日には、『インターナショナル・ウクレレコンテスト&フラショー2020』が開催されます。毎年世界中からエントリーが集まる、文字通りインターナショナルなコンペティション。個性あふれる未来のウクレレプレイヤーの発掘を目的とし、ウクレレスター誕生の瞬間に立ち会えます。

カテゴリーは、ケイキ、ティーン、オープン(19歳以上)のソロ部門3種とグループ部門の計四つ。【最優秀賞】に輝くと、翌日のウクレレピクニック・イン・ハワイで、プロのミュージシャンと同じステージに立って演奏することができます。この他、優秀なオリジナルソングには【KZOOラジオ賞】が与えられ、1年間その曲がハワイの日本語ラジオ放送局KZOOラジオで使用されます。そして、ファイナリスト賞(全カテゴリー)の1位受賞者の中から1組選ばれる【グランドチャンピン】には、500ドルの奨学金(ウクレレファウンデーション・オブ・ハワイ提供)と500ドル相当のギフト券が贈呈されます。

さらに今年は日本の実力派ハラウが演出を手掛けるフラも見応え十分!

日 時  2月15日(土)10:00am〜4:00pm

会 場  インターナショナル・マーケット・プレイス中庭   クイーンズ・コート・ステージ

 

 

 

 

TIP10

締めは老舗のクラブで!

翌日のブルーノートハワイで大人の音楽を堪能する

世界的な音楽の老舗クラブ、ブルーノートハワイで、ウクレレピクニック・イン・ハワイの余韻を楽しめるのが『ウクレレピクニック・アット・ブルーノートハワイ』。関口バンド、タイマネ・ガードナー、HOOK、アイアン・マンゴーが奏でる音楽をぜいたくな空間で楽しめます。

日 時  2月17日(月)6:30pm〜 &  9:00pm〜

会 場  ブルーノートハワイ

料 金   一般席$35、VIP$45(手数料、税別)  ※15%のカマアイナ割引あり

bluenotehawaii.com

 

 

 

 

 

(2020年2月1日掲載)

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2020年2月1日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き!買い物・ショッピングが好き!食べることが好き!」そんな全部を叶えてくれる、厳選・おすすめのハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。オアフ島のおすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に出かけよ[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング