“生で食べられる”、安心・安全な卵をハワイへ 日本産鶏卵“TAMAGO”イベントのハワイ開催が決定

 

 

-昨年10月、14年越しの交渉を経て米国へ日本産卵の輸出が解禁-

商談イベントに加え、Deck.サンデーブランチに『TAMAGO』ステーションも限定登場-

一般社団法人 日本養鶏協会(Japan Poultry Association/東京都中央区、会長:齋藤利明)は、太平洋のほぼ真ん中に位置するハワイにおいて、日本の農林水産物・食品の輸出を加速させることを目的に、日本が誇る(TAMAGO)”の魅力発信と消費拡大を推進する食品業界関係者向けイベントを行うことを発表しました。

 

 

201810月、日本農林水産省は米国政府との間で、生鮮殻付き鶏卵の輸出解禁について合意したことを発表しています。これは、ハワイでも“TKG”(卵かけ御飯)として人気の、日本ならではの食文化を広めると同時に、農林水産物・食品の輸出1兆円突破の政府目標の実現に向け弾みをつけるものとして期待されています。

この輸出条件には、産卵後36時間から米国に輸送されるまでの間、7・2度以下で冷蔵されることなどが輸出条件となっており、地理的に近く、日本からの旅行者や日本出身の居住者が多いハワイの日本食レストランやスーパーにその魅力を伝え、日本産生卵の認知を広げていく取り組みを行います。

 

 

生で食べられる、安心・安全な卵を世界へ出荷~

日本鶏卵の2018年輸出額は152,900万円に達し、前年に比べ49.4%増加しています。これは、昨今日本を訪れる外国人観光客の増加に伴い、訪日の際に日本ならではの半熟が多い日本食(親子丼やラーメンの煮卵など)に触れ、自国でもまた食べたいと感じる人が増えているのではないかとの見解が出されています。

卵は世界中で生産が行われていますが、生や半熟で卵を食べられるようにするには厳しい衛生管理が必要で、これらの管理を可能とする国は、日本以外にはほぼないと言われています。

日本養鶏協会は、日本の卵とはとの問いに対して、1)生で食べられる卵であること 2)親となる全ての鶏がサルモネラ菌感染予防ワクチンを接種していること 3) GPセンターにおける出荷前品質管理の徹底を基準としていること 4)これらにより安心・安全な卵を出荷できること と回答しています。

※GPセンター(Grading&Packingの略)とは、生産農場で生まれた「たまご」を洗浄殺菌し、重量ごとにサイズ各付け(Grading)し、包装(Packing)する施設のこと

 

 

<<一般向けサンデーブランチ概要>>

名称  :クイーンズ ブランチ ビュッフェ TAMAGO』ステーション

会場  : Deck  (150 Kapahulu Ave. Honolulu, HI 96815) クイーンカピオラニホテル3F

日時  : 20191110日(日)、1117日(日)、1124日(日)、121日(日) 合計4回を予定

      営業時間 11:00AM 3:00PM

料金  :大人(13歳以上)$55.00(税サ別)  ~ 

お問い合わせ:Deck.予約担当者  

         TEL808-707-9388 E-Maildeck.reservejpn@plandosee.com

 

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き! 買い物・ショッピングが好き! 食べることが好き!」そんな全部の好きを叶えてくれる、厳選されたパーフェクトなハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。おすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング