ワイキキ・フードホールが営業再開!

2020年3月7日にグランドオープンしてまもなく、コロナの影響で一時休業となっていたロイヤル・ハワイアン・センター内の「ワイキキ・フードホール」がこのたび営業を再開しました。ワイキキ・フードホールには、ローカル食材を使用したハワイを代表するグルメやスイーツ、ドリンクなど「ハワイの美味しいもの」をコンセプトとした個性的な店が入店しています。

 

ワイキキ・フードホールのリオープンについて、ロイヤル・ハワイアン・センターのゼネラルマネージャーのマーリーン・アカウは、次のように述べています。「COVID-19の影響でオープンしてわずか2週間であえなく休業となっていたワイキキ・フードホールが営業再開したことで、センターで再び多くの魅力的なダイニングオプションを提供できるようになりました。ソーシャルディスタンスを考慮して店内のレイアウトを変え、安全衛生対策を強化したフードホールに皆様をお迎えできることを嬉しく思います。」

ワイキキ・フードホールで現在営業中の飲食店は以下の通りです。

  • ミータリー・ボーイズ:地元の食材をはじめ高品質のステーキ、リブロースト、フリフリチキンなどハワイ産の肉を提供するステーキグリルの店。
  • ファイブスター・シュリンプ以前はワイキキビーチウォークの近くで大人気のフードトラックとして営業していたガーリックシュリンプのプレートランチ専門店。
  • ホノルル・バーガー・カンパニーハワイ島やカウアイ島で放牧されたグラスフェッドビーフとハワイ産の食材にこだわった手作りのハンバーガーショップ。
  • サーファーズカフェハワイ産のコナコーヒーを使用したコーヒードリンクやオーガニックティーのほか、地元のアーティストによるサーフィンやビーチをテーマにした作品を販売。
  • タップバー:ワイキキフードホールの中心にあり、地元のクラフトビールとハワイアンカクテルを味わえるアイランドスタイルのバー。

ワイキキ・フードホールは、ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階のザ・チーズケーキファクトリーの上階にあります。カフェとバーを除く上記全てのレストランは、店内での飲食とテイクアウト、Uber Eats、Bite Squad、Grub Hubの宅配サービスによる利用が可能です。カマアイナとミリタリーには10%オフ割引を提供しています。現在の営業時間は、日曜〜木曜は午前11時30分から午後7時まで、金曜と土曜は午前11時30分から午後8時までとなっています。利用金額にかかわらず、センターのご利用で3時間まで無料のパーキングプロモーションも2021年3月31日まで実施中です。

ロイヤル・ハワイアン・センターについて
ワイキキのカラカウア通り沿いに高級ブランドのフラッグシップからローカルブランドまで、個性豊かなショップやレストラン、フードコートが揃うワイキキ最大のショッピングセンター。上記は全て2020年12月7日現在の情報で、変更することがあります。センターについての詳細や最新情報は、ウェブサイトFacebookインスタグラムYouTubeをご覧ください。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き!買い物・ショッピングが好き!食べることが好き!」そんな全部を叶えてくれる、厳選・おすすめのハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。オアフ島のおすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に出かけよ[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング