Tim Ho Wan 〜ティム・ホー・ワン〜

 

どの世代も、次世代の理解に苦しむようだ。僕が若かった頃は、上の世代はヘビーメタルロックを悪魔の音楽だと呼んだ。そして、汚い言葉づくめの暴力的な歌詞のギャングスタラップが登場すると、今度はそれが悪魔になった。ここまで堕ちてしまった今、これ以上の下はなさそうだから、僕は一体全体次の悪魔の音楽とはどんなもなのだろうかと首をかしげる。

 

こと消費に関して、僕は今の若い人たちの価値観がもうひとつわからない。例えばファッションだが、若者はオートクチュールを敬遠し、H&Mやフォーエバー21、Zaraのような低価格ブランドに流れている。そのせいでファッション界やリテール業界は痛手を受けている。唯一、食べ物にお金を使うことを惜しまないことで、彼らと僕は共通している。誰もかれもがインスタ映えする料理の写真をアップし、素晴らしい食事のことを自慢し、ミシュラン星付きレストランがオープンしたと聞けば我れ勝ちに飛んで行く風潮のおかげで、ハワイにおける食文化のレベルは間違いなくアップしている。すし匠や○鮨のような高級店がオープンしたことで、人々が食事に費やす金額の上限は確かに上がった。しかしその一方で、今の世代の人たちは、超お買い得品の発掘にも努力と時間を惜しまない。もちろん、シェアする価値ありならばの話だが。

 

最近オープンしたミシュラン星獲得レストラン『ティム・ホー・ワン』は、ワイキキのど真ん中という好立地条件、ほぼチャイナタウン並みのプライス、ロコが大好きな中華という、成功のカギとなるすべての要素を持っている。かつて“世界一安いミシュランレストラン”と謳われたこの店は、ワイキキ店オープンが囁かれはじめて以来、熱い期待が寄せられていた。そして開店するやいなや、そのミニマリスティックなインテリアと、ワイキキにしては破格値段の美味しい上質点心を目当てに客が殺到した。

海老蒸し餃子($5.25) – 上質のプリプリ海老がデリケートな薄皮で包まれている(皮の厚さが毎回多少異なっていたのが気になったが)

 

フォーシーズンズホテル香港のミシュラン三つ星レストラン「Lung King Heen(龍景軒)」のシェフであったMak Kwai Pui氏と高級中華料理店「Ho Choi Seafood Restaurant(好彩海鮮酒家)」のLeung Fai Keung氏が香港ではじめたこの店は、今では東南アジアから台湾、マカオ、オーストラリア、日本、アメリカまで広く展開している。香港の第1号店がオープンした時は、早々から店頭に長蛇の行列ができ、若者たちは写真を次々とアップした。そのおかげでティム・ホー・ワンは、あっという間に世界に知られる点心専門店となった。

シュウマイ作りを実演するMak Kwai PuiシェフとLeung Fai Keungシェフ

 

超インスタ映えするわけではないが、この店の点心は上質の材料とひと工夫凝らしたこだわりがバリュー。メニューは、焼き物、蒸し物、茹で物、炒め物、揚げ物など全部で25種類くらい。それほど豊富な品揃えではないが、そうは言っても香港の本店に比べて(少なくとも僕が6年ほど前に行った時と比べて)3つ少ないだけだ。内容は半分が異なるが、ベイクドチャーシューバオ、デリケートな薄皮で包んだ海老蒸し餃子(行く度に厚さがやや違っていたのが気になったが)、ポークと海老のシュウマイ、大根餅、鶏足とスペアリブの蒸しご飯、豚肉と塩卵入りお粥など本店の人気料理はみんな揃っている。ハワイ限定アイテムも追加する予定だそうで、今後さらに進化していくだろう。

 

僕の目にはソーシャルスキルを欠いているように映る(彼らがファッションに投資する必要を感じない理由のひとつはそれなのかもしれない)今の若い人たちの特異性を理解できることはまずないかもしれないが、質の高いレストランでの食事にお金を使うことを惜しまないという事実に、僕はかすかな希望の光を見出している。いっしょにテーブルに座っていながら面と向かって会話をせず、代わりにスマホでどこかの誰かとチャットしている光景は、やはりどうしても不思議に思えるのだが。

 

 

ティム・ホー・ワンTim Ho Wan
ロイヤル・ハワイアン・センター B館, 2233 Kalakaua Avenue
808-888-6088
▶ 営業時間:毎日 10:00am – 10:00pm
▶ 取扱クレジットカード:ビザ、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB

ショーン・モリス

ショーン・モリス◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。

ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

 

(2018年6月16日掲載)

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2018年6月16日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き! 買い物・ショッピングが好き! 食べることが好き!」そんな全部の好きを叶えてくれる、厳選されたパーフェクトなハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。おすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング