COVID-19のせいで、ビジターインダストリーと関わりのある仕事をしている僕は、旅行産業とリテール産業がいかに深く繋がっているかを改めて知らされた。旅行者が来なくなって小売業が不振になり、そしてそれは僕のマーケティングビジネスにも多大な影響を及ぼした。9/11同時多発テロ事件の後、旅行を恐れて誰もハワイに来なくなったとき、僕は最悪の場合は以前やったことのあるウェイターになればいいと思っていた。

 

自分で言うのもなんだが、僕はなかなかなウェイターだった。だから、今回も鈍った腕を磨き直し、またやってみようかなんてぼんやり考えたりしていたのだが、チャイナタウンの「フォー97」で食事をして、その夢は見事消え失せた。そして僕のセーフティネットはもはやあてにできなくなってしまった。

外国語のアクセントで英語を話すというちょっとした特技が僕にはある。もちろんベトナム語訛りの英語もできるのだが、ここでウェイターをするのは無理だとすぐにわかった。客にベトナム系かなと思わせることはできるかもしれないが、キッチンスタッフとのやりとりとなると目も当てられないだろう(第一pho自体が正しく発音できない)。

10年以上の営業歴を持つこの店は、昨年オーナーが変わった。そしてそれを機にメニューをアップデート。一品料理、フォー、サラダ、サンドイッチ、ヌードル、スープ、お粥、ブロークンライスプレート、ハウススペシャルティなど新オーナーの自慢料理多数といくつかのベジタリアンアイテムが加わった。

一品料理には、定番の揚げ春巻き、生春巻き、そしてベジタリアンロール、シュレッドポークロール、中華ソーセージロールの計5種類が含まれる。しかし、僕の興味を断然引いたのは、揚げタロケーキをスクランブルエッグといっしょに炒めたベトナム南部地方の名物ストリートフード、フライドライスフラワーケーキと、パリパリに揚げたライスクラッカーにドライシュレッドポークをのせ、ほんのりピリ辛のプラムソースをかけたハウススペシャルクリスピーライスの2つ。どちらも一口食べてハマってしまった。

 

フォーの品揃えも充実。フォータイ(ヒレ肉のレアビーフ入り)、テンドン、トライプ、脂ののったブリスケット、肉団子、コンビネーション、シーフードフォー、チキンフォー、野菜&豆腐フォー、そして僕の定番オックステールフォーもあり、どれにするか決めるのに困った。

これらの他にも、ワンタン、チキンライスヌードル、シーフードヌードル、ブンリュウ(カニとトマトのスープ麺)、カニ肉うどん、スパイシービーフヌードル、ダックヌードルスープなど馴染みの汁麺から、ベトナミーズポークうどん、アンチョビ春雨スープ、空芯菜ヌードルスープ、プノンペンヌードルスープ(豚肉、豚ひき肉、豚レバー、エビ、うずら卵をのせた豚出汁のヌードルスープ)、そしてミトーヌードルスープ(豚肉、豚ひき肉、エビ、イカ、魚団子をのせた濃厚出汁のクリアヌードル)までバラエティに富んだ汁物が用意されている。

サラダのチョイスは、グリーンパパイヤサラダ、チキンサラダ、レアビーフサラダ、そしてハワイでは割と珍しいロータスサラダ(千切りレンコン、スライスオニオン、エビ、スライスポーク)。どれも超美味しそうだ。バインミーは、定番のチキンおよびポーク類、そして一味違うシュレッドポーク、ミートローフ、豚団子の5種類が揃う。

さらにはシーフードステアフライやビーフシチュー、冷麺数種類、ブロークンライスプレート数種類まであり、選択がますます困難に。しかしマストは、グリルドポークやグリルドポークソーセージ、グリルドシュガーケーンシュリンプ、豆腐をシャキシャキ野菜といっしょにライスペーパーで巻いて楽しむロールイットユアセルフ。僕らのように好みがバラバラなグループには、コンビネーションがいい解決策だ。

炒めもの、スパイシーレモングラスチキン、ナマズ煮、サクッと焼いたクレープにエビ、ポーク、野菜を挟んだベトナミーズパンケーキなどのハウススペシャルティにも注目。あまりに多い選択肢に迷ってしまい、結局僕らは注文し過ぎてしまった。それでもまだまだ未体験の料理があるのだからすごい。

 

すでに何度も足を運んでいるにもかかわらず未だ70種類近いアイテムを把握し切れていないということは、この店でウェイターをすることは僕には難しいだろう。特に客が常連さんならお手上げだ。従業員として毎日新しい料理を食べさせてもらえればどんなにいいだろうと思うが、おそらく僕は業務を助けるというよりも妨害してしまうハメになるに違いない。だからこの店の料理を全部体験するには、客として通い続けるしかない。願わくば、10月までに旅行者がハワイに戻りはじめ、僕も仕事に戻ることができますように。そして、巣ごもり生活でしっかりついた贅肉を落とすことができますように。

Pho 97
Phone:  (808) 538-0708
1120 Maunakea Street
【営】毎日 8:00am – 8:00pm
【取扱クレジットカード】ビザ、マスターカード

ショーン・モリス

ショーン・モリス◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2020年9月1日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き!買い物・ショッピングが好き!食べることが好き!」そんな全部を叶えてくれる、厳選・おすすめのハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。オアフ島のおすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に出かけよ[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング