Off The Wall 〜オフ・ザ・ウォール〜

 

大抵の大人にとって、高齢の親との同居には避けられない問題があると思う。親子という確固とした上下関係があり、親にとっては50代・60代になっていても子供は子供であることに変わりなく、ティーンエージャーのような扱いをする(不幸にも認知症にかかってしまうと役割が逆転してしまうが)。

僕の家では、6年前から妻の母親が同居している。彼女もやはり、僕ら(とりわけ妻)をまるでままごと遊びをしている高校生であるかのように扱い、ああしろ、こうしろと自分が長年やってきたやり方をやたら“教え込み”たがる。夜遅くまで外出するな、出掛けるときは必ず火元を点検しろ、風邪を引くといけないから上着を着て行け(ハワイで?)、無駄遣いをするな、穴あきデニムなんか履いていたらホームレスかと思われるなどなど、枚挙にいとまがない。

自分たちの家に住んでいるのだからこちらのルールに従ってもらうのが当然と妻は信じているが、母親は、子供への権限は生まれたときに与えられたものであり、それは一生続くものだと考えている。だから、お互いを大切に思っているにもかかわらず、毎日“up the wall”すなわちイライラさせ合っている。

そんな彼女が最近よく母親からの逃避に行きたがる店が、偶然ながらサウスショアマーケットにある「Off The Wall(オフ・ザ・ウォール)」だ。オープンして1年余りになるこのクラフトビール&ワイン店は、最近新シェフが就任し、それに伴い新メニューが加わった。レーン・ヤスダ・シェフが腕をふるうクリスピーアヒバーガー、ローカルポケボウル、サラミとプロシュットと4種類のチーズとフルーツを盛り合わせたシャルキュトリーボード、ヴィーガンキヌアボウルなど、ローカル風にアレンジしたラテン料理を僕もお酒を飲まない妻もすごく気に入っている。

メニューのセレクションはかなり限られているが、ププス/タパス風のバーアイテムも中南米料理のガストロパブアイテムもエキゾチックな味わいで、2つの世界のフュージョンを世界各国から集めたクラフトビール(量り売り)といっしょに楽しめる。

アペタイザーは、ビーフエンパナーダ、パパスブラバス(厚切りポテトのフレンチフライ、スパイシーアイオリを思わせるブラバスソース添え)、チミチュリウィングス、ローカルアヒセビーチェ(ローストパイナップルサルサ添え)、キヌアサラダ(シラントロライムドレッシング)、シーズナルハウスサラダ(フルーツ、リリコイドレッシング)。

メインには、クアロアランチビーフを使用した絶妙なお味のオフザウォールバーガーやチポトレグアバソースで照りをつけた脂たっぷりの豚角切り肉をご飯にのせたスモークグアバポークボウル、ベジタリアンバーガーのような手軽なものから、ローストガーリックとポブラノのアイオリソースが大胆な味わいを醸し出すニューヨークストリップステーキ、ほろほろに仕上げたスーヴィードパタゴニアンショートリブ(チミチュリとローストガーリックマッシュポテト添え)などゆっくり時間をかけて調理した本格的な料理まで揃う。

デザートは、自家製フラン、ブリガデイロ(ブラジルのファッジボール)、ブラジリアンパヴェ(南米流ティラミスと呼んでいいかも)の3つ。個人的には、超好きだったオレオクラムチュロスのリターンを願っている(オーナーはいずれ復帰させると約束してくれた)。

同世帯でなくても5人までのレストラン利用が許可されたので、また仲間たちといっしょに食事ができてすごくうれしい。妻は、母親からの健全な一時的隔離だと主張するが、僕はどうも本当の理由はラテンアメリカ系超イケメンオーナーのホータさんをうっとり眺めたいからなのではないかと怪しんでる。

幸いにも僕には意外な味方がいて、「イケメンには気をつけなさいよ。ああいう人たちには女たらしが多いから」と娘に注意している義母の声が手に取るように聞こえて来る。しかし裏を返せばそれは「ショーンみたいに冴えないルックスの男にくっついておきなさい。絶対に浮気しないから」ということだろうから、手放しで喜んでられないか。

 

 

Off The Wall〜オフ・ザ・ウォール〜
Phone:  (808) 593-2337
ウェブサイト:  www.offthewallhawaii.com
サウスショアマーケット at ワードビレッジ
1170 Auahi Street
【営】毎日 11:00am – 10:00pm
【取扱クレジットカード】ビザ、マスターカード、JCB、アメリカンエクスプレス

ショーン・モリス

ショーン・モリス◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2020年11月16日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き!買い物・ショッピングが好き!食べることが好き!」そんな全部を叶えてくれる、厳選・おすすめのハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。オアフ島のおすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に出かけよ[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング