ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

 

激辛通の僕は、“Spicy!”とか“Red Hot!”(炎は赤い部分が一番温度が低いはずなのだが)とか表示された商品を見るたびに笑ってしまう。なぜかと言うと、せいぜい舌がちょこっと痺れる程度の反応しかないからだ。僕にとっては、死神級キャロライナリーパーでも使用されていない限り、いわゆる唐辛子チャレンジは挑戦ではない。

 

ただ、東南アジアの人にやや辛いと言われた際は、本当に耐えられるレベルかどうか判断できるまでマイルドかミディアムをオーダーすることにしている。入口と出口の両方で辛い思いをするようなことは避けたい。

一方、台湾や中国の人が辛いと言ったときは、それが湖南料理であろうと四川料理であろうと受け入れられる自信がある。だから、エッグヘッドカフェのオーナーがパールカイセンターに、タイワニーズフュージョンレストラン「Fooki(福囍)」を新オープンしたと聞き、そそくさと足を運んだ。ひとひねり加えた台湾屋台料理を食べさせてくれる店だ。

 

ウェイターは、COW WOWヌードルスープをすすめてくれた。牛スジ、野菜、醤油卵がのったスパイシー麺で、12時間じっくり煮込んだ牛だしスープから大きな骨つき牛バラが1本突き出していた。デリケートオリジナルとハーティブレイズドの2つのチョイスがあり、前者は後者よりもあっさりめ。唐辛子の香りが誘惑的だった。

全メニューがスパイシーであるわけではない。麺類ではこの他に定番のビーフヌードルスープやポーク&シュリンプワンタンヌードルスープ、しめじと揚げ豆腐入り牛だしマッシュルームヌードルスープ、厚揚げと豚ひき肉とパルメザンチーズ入り特製ジャージャン麺、そしてピリ辛ニンニクソースの麻辣ワンタンヌードルなどが気になるアイテムだ。

ご飯系もなかなか充実している。肉付きのいい牛バラと牛スジと豆腐の煮込みをのせたチャビーリブボウル、牛スジの代わりに厚切りの豚バラを使った福囍ベリーボウル、豚肉と野菜のバジル炒めをのせたホーリーポーキーボウルといった丼もの、豚肉をパン粉の衣で揚げたモンスターポークチョップと鶏肉フライのブームブームチキンの2つの揚げものライスプレート、そして鶏肉を醤油とお酒と胡麻油を合わせたソースで炒めたトリオカップチキンなどが揃う。

サンドイッチは、フライドチキンをプラムアイオリソースとパイナップルピクルスといっしょに中華バンズに挟んだパイナップルフライドチキンバーガーと台湾式ポークベリーバンズ(グアバオ)を同店風にアレンジした福囍バオの2種類。

大半のメニューがシェアできるが、バジルとチェダーチーズをトッピングした豚肉炒めに葱餅を添えたホーリーポークナチョス、肉汁溢れる合挽き肉の餃子ダブルディライトポットスティッカー、豚肉と海老が詰まった麻辣ワンタン、じっくり煮込んだスネ肉を葱餅で巻き込んだグランパローリングビーフ 酒風味海鮮醤添え、そしてプリザーブプラムパウダーをまぶした鮮やかなオレンジ色のリヒムイスイートポテトフライが特にオススメだ。

味付けは五香粉と白胡椒が主流だが、唐辛子の効いたものもいくつかあって、辛さはどれも程よいレベルだと思った。ただし、ナチョスについてくるハラペーニョをチップスとかわり番こに食べる僕が言うことなので、鵜呑みにはしない方がいいかもしれない。

いずれにしてもフレイミングレッドホットチートスを食べたときのあのエンドルフィン効果を超える体験をしたいなら、この店は期待を裏切らないだろう。お目当てが麻辣ワンタンヌードルの場合は、ハンカチを持参すべし。

 

 

Fooki〜福囍〜 
Phone:  (808)484-9188
98-199 Kamehameha Highway, Suite G-02
【営】テイクアウトのみ 火~土 [ランチ] 11:00am – 3:00pm、[ディナー] 4:30 – 8:30pm、月曜定休日
【取扱クレジットカード】ビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレス

ショーン・モリス

ショーン・モリス◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2020年9月16日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

【バー・マゼ】

2021.12.17

僕の妻はサイキックとか占い師にみてもらうのが大好きだ。かなりスピリチュアルなタイプで、手相やら茶葉やらコーヒーやらなんでもかんでも読んでもらう。風水にも随分つぎ込んでいて、家中のあちこちに、小刀、トラ...

【パウンダーズ】

2021.12.03

食の分野以外では、僕は得をすることが滅多にない。セール品は大概サイズが売り切れだったり、気に入ったスタイルが見つからなかったりだし、かと言って値切るのは苦手だ。店員を困らせたくなく、またケチだと思われ...