マグロ5貫($25) – 赤身、中トロ、ネギトロ、づけ、炙り

 

 

最近、仕事絡みの(もちろん完全にプラトニックな)ディナーに僕から誘われた20代の女性ファッションエディターにとって、アラフィフのPRマンである自分はどれほど気持ち悪く映るのだろうかと考えるようになった。そしてそう思うに連れ、次の人生のステージでキャリアチェンジをすべきなのではないかと強く感じるようになった。20代・30代の頃は、やれ食事会だ、飲み会だ、カラオケパーティだと夜中の2時ごろまでどんちゃん騒ぎでエディターやセレブリティの人たちをもてなしていた。

ところがどうだろう。この頃の僕は、ディナーの予約が8時以降にしか入らないと聞くと不平たらたら。この調子で行くと、あと10年もすれば、あんまり早い時間のお誘いに相手側はその意図を勘違いしてしまうに違いない。しかも、最近感じる時間の流れの早さから判断してリタイアメントの時期はあっという間にやって来るだろうから、もし本気でキャリアチェンジしたいなら、すぐにでも行動に移したほうが良さそうだ。

リタイアメント後の生活を考えると、使えるお金にも楽しめることにも制限が生まれるだろうから(パンデミックですでに今経験していることなのだが)心配になる。おまけに身体能力も衰え、またPR職の要であるアイデンティティーも鈍るはずだから、おそらく仕事に影響が出るだろう。そんな風に憂いているさなか、なんと「桜テラス」がインスピレーションを与えてくれた。一つの扉が閉まっても悲観するなかれ、素晴らしい未来の扉が待っているかもしれない、と。

 

 

前に初めて同店に行った時の印象は悪くなかったのだが、通いたくなるほどではなかった。しかし、最近リオープンし、以前ワイキキにあった(僕がその閉店をすごく悲しんでいた)カイワの元シェフ岸下秀明氏が新しく厨房の舵をとっていると聞き早速ゴー。そこで新たな愛を発見した。生まれ変わった桜テラスは、カイワの化身だったのだ。

 

まずランチに行ってみたのだが、なんとお弁当が$10~$21と実にお手頃。リブアイステーキにも、マグロステーキ、塩さば、天ぷら、銀ダラの味噌焼き、寿司、天ぷら風海苔巻き弁当にも惹かれたのだが、僕ら夫婦はチキン南蛮とチキンオムライスがどうしても食べたくて頼んだ。

チキン南蛮は程よい酸味の醤油ベースソースがタルタルソースをバランス良く引き立てていた。オムライスは、スクランブルエッグにふんわり包まれたチキンライスにデミグラスソースがたっぷり。

 

妻の希望で4種類揃った丼からスパイシーツナも注文したのだが、こちらはとろりとクリーミーなチリソースで和えた細切りマグロにとびっこがトッピングされ、その上にマヨネーズが落とされていた。実は、最初に僕が嬉々としたのは、メインの前に出てきたカイワのオニオンドレッシングがけサラダ。前からこのドレッシングが大好きだったのだ。メインには子あわびの醤油煮とマグロの刺身2切れが添えられていて、これがバリューをさらにアップしていた。

アワビジュレ ($28) – ダシのジュレと新鮮なウニがのった蒸しアワビ

 

その後ディナーにも何度か足を運んだ。現時点では定食はなく一品料理のみになっているが、僕はハマチとハラペーニョのカルパッチョ(ポン酢と薄い輪切のピリ辛グリーンチリのアクセント)、舌触りなめらかな自家製ポテトサラダ、ブレンドチーズをまとった蓮根のかりかりチーズ焼き、まろやかなだし巻き卵、軽い衣でさっくり揚げたヤシの新芽の天ぷらを賞味することができた。どれもカイワ時代の岸下シェフの料理を思わせるもの揃いだった。

まだ試していないアイテムには、一品料理ではイカそうめん、ねばとろ、ヤリイカの丸焼き、グリルドベーコン、フォアグラ大根、そしてメインではブリカマの塩焼き、鮭ハラス焼き(いくらおろし添え)、ステーキなどが含まれる。寿司と刺身は今もメニューに出ているので、軽めの食事がいいならそちらを。3月16日からはより多くのカイワメニューを提供する予定だそうで、僕はそれを大いに楽しみにしている(メニューアイテムの最新情報は、www.lighthouse-hawaii.comに掲載された本コラムを参照)。

新生桜テラスは、キャリア人生の最終段階に突入しようとしている僕に希望の光を与えてくれた。20代・30代の若いキャリアマン&ウーマンを接待する可能性は今後あまりないかもしれないが、やがて訪れるリタイアメントに備え、僕の後継者になってくれる人を見つけ指導することができればなと願っている。さもなければ、エディターやセレブリティの人たちとの食事会+早い時間のカラオケパーティに、僕の振る舞いを監視するお目付役として、あるいは歩行器を使う僕の介添人として妻を連れて行かなければならないことになるかもしれない。

 

■Sakura Terrace 〜桜テラス〜

Phone:  (808) 591-1181

1240 South King Street

【営】日&火~木 11:00am – 2:00pm(ランチ)、5:00 – 8:00pm(ディナー)

金&土 11:00 – 2:00pm(ランチ)、5:00 – 9:00pm(ディナー)

【取扱クレジットカード】ビザ、マスターカード、JCB、アメリカンエクスプレス

ショーン・モリス

ショーン・モリス◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2021年2月1日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き!買い物・ショッピングが好き!食べることが好き!」そんな全部を叶えてくれる、厳選・おすすめのハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。オアフ島のおすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に出かけよ[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング