ジョリーンズ・マーケット

 

 

僕が今仕事でやっていることは、学生時代に得意だったものと随分違っている。本当は英語よりも数学に強かった。ホノルルの小学館アカデミー風の塾でチューターとして子供たちに算数を教えていたことさえあった。しかし、大人になって広告・広報の畑で仕事をしだしてから、事は一転してしまった。今では、年間広告費や歳入の予算編成よりも、プレスリリースやフードコラムのライターとして知られている。それがいいことなのかどうかは今もよくわからない。しかし何れにしても、やりはじめたことがまったく違う結果に収まってしまうことがあるのだということを学んだ。

チャイニーズ・カルチュラル・プラザ内に新しくオープンした「ジョリーンズ・マーケット」についても同じことが言える。フードコートとレストランを掛け合わせたようなこの店をはじめたケリー&シャーリーン・ラウ夫妻は、実はそこに以前あったリーガル・ベーカリーの経営者と同じ家族の人だとのこと。マーケット内には、娘さんの名前にちなんで名付けたという「モモズ・デザーツ&ドリンクス」(コーヒー、ティードリンク、そしてリーガル・ベーカリーのドーナツをいく種類か引き続き販売している)、香港出身のシェフが腕をふるう「ホンコン・カフェ」、ビール&ワインバー「フォリー」、アジアンスタイルのロブスターロールが早くも人気を集めている「ダ・バター・ロブスター」が入っている。

 

僕が行ってみようと思った理由は、その巷で話題になっている絶品ロブスターロールを試してみたかったからだ。レモングラス、にんにく、バター、香辛料入りアジアンケイジャンソースとマヨネーズで和えた柔らかなロブスターの身を、パクチー、大根とニンジンのなます、刻みタマネギ、千切りレタスとともに焼いた北海道パンで挟んだサンドで、ニューイングランドクラムチャウダー付きで$15とは実にお得だ。チャウダーはさておき、ロブスターロールは間違いなく絶賛に値する。僕はこれが食べたくて、あれからすでに3回通っている。

ホンコン・カフェも隠れたお宝スポットだ。ファミリースタイルのこの店のメニューは伝統的な広東料理が主。活メインロブスター、ダンジネスクラブ、マンボウ、ハワイ産海老、ホタテ、あさり、ムール貝など、家族が経営する卸売問屋「チャンズ・ミートマーケット」から仕入れた魚介類を、ネギ生姜、塩胡椒、豆鼓醤、そしてアジアンケイジャンスタイルで提供している。菜心、空芯菜、白菜、ゴーヤー、レタス、芥藍菜などの野菜も、オイスターソース、海老ペースト、スパイシーニンニクソース、あるいは腐乳仕立てで用意してもらえる。お粥や炒飯、さらに魚フィレのクリームコーンソースがけ、豚もつのピリ辛胡椒炒め、雲丹炒飯、雲丹粥、ラム肉のネギ生姜炒め、ポークチョップのトマトとクリームチーズソースといった今風のものもいくつかある。これらフュージョンアイテムは、香港では普通にあるのかもしれないが、ハワイではあまり見かけることがない。

 

一見フードコート風のここで特にいいのは、カウンターオーダーだけでなく、テーブルでウェイターサービスを受けるオプションがあること。大半の客は一瞬戸惑うようだが、一つのテーブルで中華とロブスターロールとドーナツが楽しめて、しかも一括勘定できるとはありがたい話だ。僕自身はまだ試していないのだが、最近登場したロブスターグリルチーズサンドイッチも、早速ジョリーンズ・マーケットの人気メニューになっていると聞く。

実のところ僕が一番感心しているのは、ベーカリーとしてスタートした店が、ニューイングランド地方の名物料理で好評を上げるチャイニーズ系フードコート/レストランに変貌したことだ。

数学好きにもかかわらず、なぜかフードライター&ブロガーとして知られるようになってしまった僕だが、チップの計算に関しては、いまだに会計の仕事に携わる友人たちよりも速く暗算できると自負している。しかし、僕はそんなことよりも手についたロブスターを舐めるのに忙しい。そして数字の達人友だちはというと、その横でさっさとサービス料を計算している。

 

 

◎ジョリーンズ・マーケット /Jolene’s Market
チャイニーズ・カルチュラル・プラザ 100 N. Beretania Street., Honolulu,
☎808-540-1000
▶営業時間:月~木 9:00am – 9:00pm、金&土 9:00am – 11:00pm、日 9:00am – 8:00pm(ハッピーアワー 4:00 – 7:00pm)
▶ 取扱クレジットカード:ビザ、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブ

ショーン・モリス

ショーン・モリス◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

(2019年10月16日掲載)

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2019年10月16日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

まずはここから!

日本からも、アメリカ国内からも人気の旅行先、ハワイ。中でもオアフ島は日本人によく知られた定番観光地。ここでは観光で人気・おすすめのローカルタウンやビーチ、名所から[…]

効率良くハワイを観光するなら…

「海が好き!買い物・ショッピングが好き!食べることが好き!」そんな全部を叶えてくれる、厳選・おすすめのハワイ・オアフ島4日間の観光モデルコース。オアフ島のおすすめ人気スポットをイイトコ取りするプランで、無駄なく計画された旅に出かけよ[…]

オアフ島4日間モデルコース_アイキャッチ
ハワイで一生に一度の経験を!

ハワイ・オアフ島観光をさらに充実させるためにおすすめが、現地参加のオプショナルツアーやアクティビティ。日本ではできない貴重なアクティビティ体験もハワイ・オアフ島の魅力だ。このページではハワイ旅行を一味違うものにするため、観光滞在中、現地で参[…]

クルージング