ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

【Mr. Ojisan Neo Bar & Sushi/ミスターオジサン・ネオバー&スシ】

Please scroll down for the English version!!

目にも美しい鮮魚の刺身と寿司の舟盛り(時価)
A beautiful wooden boat loaded with fresh cuts of sashimi and a variety of sushi at market price always impresses

僕の家系は長寿だ。曽祖母は107歳になる一週間前まで生きた。そして今年百寿を迎える祖母も、認知症を患ってはいるがかなり元気にしている。81歳になる僕の母をはじめまわりはみんな振り回されているけれど、当の本人は一向に気にしていない様子。彼女を見ていると、遺伝もあるかもしれないが、充実した人生を送ることが長生きの秘訣の一つのように思える。

ケイコ・カワハラダさんは、今人生の新しいチャプターを楽しんでいる。2002年に夫のノブトシさんを亡くした彼女は、二人の店だったミスターオジサンを継続することで彼の思い出を残して行こうと心に誓った。同店はもともと友人が1988年にワイキキに開店したラーメン屋だったが、後に買い取り、2000年にカパフルアベニューに移転した。

そして20年を経た今、彼女は若年層にもリーチを広げるべく、思い切って店のコンセプトを刷新することに。店舗をキングストリートの元クラブ・ゲンジの跡地に移し、店名も『ミスターオジサン・ネオバー&スシ』に変えて新しいページを開いた。大型テレビが随所に設置され、鮮やかな朱色でまとめられたダイニングルームは、以前の和の雰囲気から一転したスポーツバー風。ただしスクリーンには、アメリカン&K-popのミュージックビデオが静かに流れている。

この進化はメニューにも反映されている。親子丼、蕎麦、ラーメンなどいくつかのコンフォート系アイテムはなくなったが、サラダやアペタイザー、寿司、刺身、メイン、うどんほか美味しそうな料理があれこれ揃う。明るく陽気な空間で、握りやロール寿司、刺身、オイスター、フレンチフライ、きんぴらごぼう、ポテトサラダ、大根サラダなどのおつまみ類をお酒といっしょに楽しんでもらおうというのが狙いだ。

そうは言え、家族での食事もこれまで通り大いに歓迎している。コンビネーションメニューはなくなったが、ジャンボ海老の天ぷら、銀鱈味噌焼き、鶏唐揚げ、カキフライ、野菜天ぷら、トンカツ、照り焼きチキン、焼き魚など大人も子供も楽しめる定番料理は健在。これらは追加4ドルで、豚汁と御飯と漬物付きの定食にアップグレードできる。また、チャウファン、和風ピザ、チキンカツサンド、ニラレバ、ガーリックシュリンプ、ゴーヤチャンプル、アヒベリーなど気になる新アイテムもあるので、ぜひ一度試してみる価値あり。

人手不足から食材費の高騰に至るまでパンデミックがもたらした多くのチャレンジに直面したケイコさんは、いっそうのこと店を畳んでしまおうかとも考えたが、やはり亡夫の意思をまだまだ大切にして行きたいとがんばった。そして今、前よりももっと幅広い年齢層の客が出入りするのを見て、新しいコンセプトを導入した自分の決断が正しかったと充実感を味わっているようだ。一方この僕は、今も長寿への道を探ってはいるが、差し当たっては美味しいワインに浸ってこの身を長持ちさせるのが一番の策かもしれない。

塩加減完璧なさっくりまるごとカウアイ海老フライ($14)とシンプルに焼き上げたシンプルな味わいの柔らか和風ステーキ($20) 玉ねぎ、大根おろし、カリカリニンニク添え

*************************

ココのオススメメニュー

1) ししとうの柚子味噌和え($7) – さっと焼いたししとう(たまに辛いのが混じっていることもある)に、ほんのり甘くて香しい味噌だれが相性良し。


2) ステアフライ・ビターメロン($15) – 豚バラ肉、豆腐、卵といっしょにオイスターソースで軽く炒めた沖縄名物ゴーヤチャンプル。ソースがゴーヤの苦味を抑え、豚肉が贅沢な味わいを醸し出していた。


3) 和風ピザ($12) – フラットブレッドのクラストに飴色タマネギ、椎茸、鶏肉、チーズ、照り焼き風ソース、刻み海苔をのせた変わりピザ。シェアおつまみとしてもってこい。

*************************

Mr. Ojisan Neo Bar & Sushi
ミスターオジサン・ネオバー&スシ

Phone: (808) 735-4455
1785 South King Street
【営】[ランチ] 毎日 11:00 – 2:00 p.m.、[ディナー] 日~木 5:00 – 10:15pm、金&土 5:00pm –
12:00am
【取扱クレジットカード】ビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレス、ユニオンペイ、
ディスカバー

*************************

Mr. Ojisan Neo Bar & Sushi

My family has a history of long life.  My great grandmother lived to be one week shy of 107 years old.  My grandmother who turns 100 this year is still healthy except for her dementia.  She’s thinks she’s fine but everyone else around her is going crazy, including my 81-year-old mother.  At least grandma is enjoying her golden years.

 It may be genetics but perhaps living a fulfilling life could be part of her longevity.

Keiko Kawaharada is starting to enjoy the next chapter of her life.  After losing her husband Nobutoshi in 2002, she vowed to continue his legacy through their restaurant, Mr. Ojisan, which a friend originally opened as a Waikiki ramen shop in 1988 before they took ownership and eventually relocated to Kapahulu Avenue in 2000.  Two decades later, she rebooted the concept and moved into the former Club Genji space on King Street, where she decided to expand her customer base to encompass a younger crowd.  The Japanese ambiance has transformed into a what feels like a sports bar, a vibrantly orange dining room flanked by large screen televisions but quietly playing American and K-pop music videos.  

The menu also reflects this evolution.  A few comfort-driven dishes such as oyakodon, soba, and ramen may be gone, but there are enough salads, appetizers, sushi and sashimi, main dishes, udon, and miscellaneous plates to appeal.  With a more convivial ambiance, the focus is on enjoying the cuisine with a libation so starters such as nigiri, roll sushi, sashimi, oysters on the half shell, French fries, kimpira gobo, potato salad, and daikon salad make for perfect pupus.  However, family dining is still very much encouraged.  While the combination meals have been stricken from the menu, traditional Japanese fare such as jumbo shrimp tempura, misoyaki butterfish, chicken karaage, deep-fried oysters, vegetable tempura, tonkatsu, chicken teriyaki, and a few grilled fish dishes remain, with a $4 upgrade option to a teishoku meal which includes tonjiru soup, tsukemono, and rice.  A number of new dishes, such as chow fun, wafu pizza, chicken katsu sandwich, chives with liver, stir-fry garlic shrimp, stir-fry bittermelon, and ahi belly make for great reasons to give this new location a try.

The pandemic brought its share of challenges, from staffing issues and rising food costs, and so Keiko contemplated just giving up the business.  However, preserving her husband’s memory, she persevered.  With a much more diverse crowd patroninzing the restaurant, Keiko appears to have happily validated her decision to change.  As for me, I still am seeking avenues to a long life but for now, pickling through the consumption of fine wine may be my solution.

Mr. Ojisan Neo Bar & Sushi                            Phone:  (808) 735-4455

1785 South King Street

Business hours:  [Lunch]  Sun-Sat, 11:00 – 2:00 p.m., [Dinner]  Sun-Thu, 5:00pm – 10:15pm 5:00 – 12:00pm (last call 10:30 pm)

Credit cards:  Visa, MasterCard, American Express, Union Pay, Discover

Recommended dishes:

1)  Shishito peppers with yuzu miso ($7) – the generally non-spicy peppers (except for the occasional ones I eat) are lightly charred and laced with a slightly sweet, fragrant miso sauce to contrast the vegetal notes.

2)  Stir-fry bittermelon ($15) – the Okinawan goya champuru flavors fresh bittermelon with pork belly, tofu, and eggs lightly with an oyster sauce that tempers the astringency of the fruit while enriching it with proteins boasting a lavish mouthfeel.

3)  Wafu pizza ($12) – a fun take on pizza features a flatbread crust topped with caramelized onions, shiitake, seasoned chicken, cheese, teriyaki-style sauce, a chiffonade of nori infuses some Japanese flavors into a great pupu for sharing.

ショーン・モリス

◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2022年4月1日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

【bb.q チキン -bb.q Chicken-】

2022.07.01

Please scroll down for the English version!! フードライターとソーシャルメディアで活動するグルメインフルエンサーには、かなり大きな相違がある。前者は、まだま...

【フレッシュバイツ -Fresh Bites-】

2022.06.01

Please scroll down for the English version!! 数ヶ月前、僕はとうとう50歳になった。以来、ずっと意気消沈している。すでに50代の域に入っている知り合いを含め...