ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

マストオーダー:ニンニクが香しい香港式ガーリックステアフライプラウン($22.95)、ほんのり甘いトマトソースとチーズ、そして柔らかなトンカツがトッピングされたベイクドミートソーススパゲッティ / Hong Kong Style Garlic Stir-Fried Prawns ($22.95) is a must order with fragrant garlic notes, as is the Baked Meat Sauce with Tonkatsu on Spaghetti ($18.95) featuring a slightly sweet tomato sauce with cheese scattered atop a tender deep-fried pork cutlet.

Please scroll down for the English version!!

19世紀末から20世紀初頭の香港では、西洋料理は上流階級だけが楽しめる特権だった。だからもしも僕がその時代の香港に住むホームシックにかかったアメリカ人大学生だったら、おそらく生き延びていなかっただろう。1920年代に入っても、洋食レストランでの食事はまだまだ10ドルくらいはしていた。それは当時の労働者階級の月給の20%~67%に相当する高額だった。第二次世界大戦後イギリスの影響がどんどん波及していくにつれ、チャーチャンテーン(茶餐廳/香港式カフェ)は一般人にも手が届くようになった。そして今では、香港文化の切り離せない一部となっている。ユネスコ無形文化遺産への登録に努めた政治家もいるほどだ(結果的には採択されなかったが)。

ハワイでも、最近2軒のチャーチャンテーンが登場したことで、地元民の間で関心が高まっている。そのうちの一つで、マーケットシティ・ショッピングセンター内にある『イー・シン・カフェ』では、エッグヌードルの海老ワンタン麺、香港式ビーフシチューカレーライス、ミルクティーなど、チャーチャンテーンの定番アイテムを提供している。3月にソフトオープンしたばかりのため目下のメニューは限られているが、それでも香港に限らずシンガポールやマレーシアのものも含むアペタイザーやベイクドライス/ベイクドスパゲッティ、カレー、麺類、御飯類、ハウススペシャルステアフライ、野菜料理、フライドライス、ドリンク類が揃う。おそらく将来的には、より充実したメニューを展開するのだろう。

スターターには、小エビを発酵させたハームハ(シュリンプペースト)がカリカリの皮の下から香り立つフライドチキンウィング、またはサクサクのシンガポールシュリンプクラッカーがいいかも。ベイクドメニューのセクションには、甘さ控えめのトマトベースのソースとチーズがたっぷりかかったベイクドミートソーススパゲッティやとんかつベイクドミートソーススパゲッティが並ぶ。 

麺類は、あっさりタイプの海老ワンタンエッグヌードルスープから、風味あふれるカレー味のシンガポールライスヌードル、ソースがしっかり絡まったビーフチャウファンまでなかなか多彩なラインナップだ。御飯系には、ビーフ、テリヤキチキン、トンカツなど異なったトッピングのオムライスが含まれる。一方ハウススペシャルステアフライは、ブラックビーンソースで炒めた熱々のシズリングビーフや食欲をそそるガーリックステアフライプラウンがある。

炭水化物やプロテインもいいが、オンチョイ(空芯菜)のサンバルシュリンプソース炒めやインゲンとミンチのサンバルシュリンプソース炒めといった野菜料理も無視できない。これらにマレーシアビーフフライドライスやソルテッドエッグシュリンプフライドライスを加えれば、もう完璧な食事になる。そして、甘い香港式ミルクティーまたはレモンティー(クマのアイスのトッピングオプションあり)でフィナーレを。

料金は1920代の1.5~2倍に当たると思うが、最近の生活費高騰を考慮しても、イー・シン・カフェは、庶民、特に大学生にとって手頃なオプションだと思う。ボリューム大だし、お味も良し。ただ当然のことながら、しばしば行列ができているので、時間に余裕を持って行くこと。

庶民的な広東料理:ビーフオムライス($16.95)、牛肉ゴーヤー炒め ライス添え($15.95)/ Beef Omelette on Rice ($16.95) and Beef with Bittermelon on Rice ($15.95) feature alluring casual Cantonese flavors.

*************************

ココのオススメメニュー

1) ソルティッドエッグヨークチキンウィングス($14.95) – 黄身の塩漬けのしょっぱくまろやかな味わいが効いた、外はカリカリ+中はしっとりのチキンウィング。

2) ブラックビーンクラブ($68) – 丸ごとダンジネスクラブの黒豆ソース。甘いカニ肉に、発酵ソースのほのかな塩味がナイスバランスを醸し出す。48時間前までの予約が必要。

3) フライドグリーンビーンズ+ミンチ・ウィズ・サンバルシュリンプペースト($14.95) – シャキシャキのインゲンとひき肉のシュリンプペースト炒め。サンバルのピリ辛がアクセント。

Yi Xin Café

イー・シン・カフェ

Phone:  (808) 738-0818

2919 Kapiolani Boulevard

 【営】火~日 10:30am – 9:00pm

*************************

Yi Xin Café  

If I were a homesick American college kid in Hong Kong in late 1800s to early 1900s, I would probably not have survived since Western cuisine was a privilege reserved for the upper class.  Even in the 1920s, a meal in a Western restaurant cost around $10, about 20% to 67% of the monthly pay for the working-class.  Only after WWII with the heavy British influence did the concept of cha chaan teng, or Hong Kong style cafes, become more accessible to a local audience.  These cafes became such an inseparable part of Hong Kong culture that a lawmaker once petitioned to have cha chaan teng added to the UNESCO Intangible Cultural Heritage list, though that effort proved unsuccessful. 

In Hawaii, there is increased attention to the cha chaan teng, with the openings of two new cafes.  One of them is Yi Xin Café in Market City Shopping Center, which offers some of the staple offerings, including shrimp wonton egg noodles in soup, Hong Kong style curry beef stew with rice, and milk tea.  Having opened in March, the soft opening menu offers a limited scope of what seems to be more ambitious plans.  In addition to Hong Kong fare, the menu also includes flavors from Singapore and Malaysia in its lineup of appetizers, baked rice or spaghetti dishes, curry, noodles, rice plates, house special stir-fry, vegetables, fried rice, and drinks.  

Starters to consider include fried chicken wings with ham har or shrimp paste which reveal fermented savory flavors of shrimp under crisp skin or crispy Singaporean shrimp crackers.  Baked spaghetti dishes such as the baked meat sauce with spaghetti or baked meat sauce with tonkatsu on spaghetti feature cheesy pulls of pasta strands with a tempered sweet tomato-based sauce.  The noodle section spanned the gamut from delicately brothed shrimp wonton egg noodles in soup to racy curried Singapore rice noodles and saucy beef chow funn.  Rice plates featured omelettes on rice topped with beef, teriyaki chicken, or tonkatsu, while house special stir-fry tempted with sizzling beef with black bean sauce or savory garlic stir-fried prawns.  A few vegetables shifted the focus away from heavy carbs and proteins with ong choy with sambal shrimp paste and fried green beans with minced meat.  To consummate the meal, fried rice dishes as Malaysian beef fried rice and shrimp fried rice with salted egg left a palate desiring a sweet wash with some sweet Hong Kong style milk tea or lemon tea, including an option to add an adorable frozen bear made of solidified tea.

When considering the prices here are about 1.5 to 2 times what the prices cost in 1920, even with the cost of living increases we are experiencing, Yi Xin Café is still an affordable option for people, especially college students.  The portions are robust, as are the flavors.  All you need now is some time, as there is often a line to get a table and for good reason.

Recommeded dishes:

Recommended dishes:

1)  Salted Egg Yolk Chicken Wings ($14.95) – Crispy chicken skin over tender, moist white meat with a robust salted and creamy note.

2)  Black Bean Crab ($68) – Requires 48 hours’ notice for a whole Dungeness crab tossed in a savory black bean sauce, the sweet crabmeat balanced by the slightly fermented salted notes.

3)  Fried Green Beans with Minced Meat & Sambal Shrimp Paste ($14.95) – Crisp green beans are accented with savory morsels of ground meat, punctuated by spicy and salted strokes of flavor from the sambal.

Yi Xin Café                                       

Phone:  (808) 738-0818 

2919 Kapiolani Boulevard

Tue-Sun, 10:30am – 9:00pm

ショーン・モリス

◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2023年5月」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

【MARA レストラン&バー -MARA Restaurant &Bar -】

2024.06.01

  Please scroll down for the English version!! 僕がマーケティングの世界に入って最初に担当したアカウントは、ハワイ・ウィンター・ベースボールだっ...

【アランチーノ・オン・ビーチウォーク-Arancino on Beachwalk -】

2024.05.01

  Please scroll down for the English version!! 今のワイキキの景況からすると、かつてパンデミックのせいですべてがシャットダウンされていたなんて想...