ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

【 たんと餃子&ラーメン居酒屋  -Tanto Gyoza & Ramen Izakaya-】

鶏がらスープに熟成味噌と醤油をあわせたサッポロ味噌ラーメン($14.75)。バターとシャキシャキのスイートコーンが、ふっくらとした味わいと弾けるような食感を添える。Sapporo Miso Ramen ($14.75) features a broth of aged miso and shoyu blended with chicken broth that adds butter and crisp sweet corn for bursts of flavor.

Please scroll down for the English version!!

 僕は東京が大好きだ。排気ガスの匂いも、ベッドが四方の壁にほとんど触れるほど狭苦しいホテルの部屋で陥る閉所恐怖症も、爆買いしたブランド品をあたりかまわず歩道の真ん中で詰めている外国人観光客のスーツケースをよけながら雑踏をすり抜ける銀座界隈の交通渋滞も、他の場所なら不愉快に感じるだろうはずのことが、あの街ではいい思い出でしかない。日本がようやくリオープンして以来、2度ほど短期間行ってはいるのだが、実はコロナがもたらした業界への影響をいまだ受け続けている。

 最近、そんなストレスを乗り切る助けをしてくれる場所を見つけた。それは、ハワイ大学に近いパックスアリーに店舗を構える『たんと 餃子&ラーメン居酒屋』。すべてが東京風というわけではないが、全国各地の名物メニューがそろっていて、突然日本に舞い戻ったような気分にしてくれる。夜には店先にかけられた一連ののれんの向こうに、“たんと(たくさんの意)”の“た”の字をあしらったちょうちんで照らされた店内が美しく浮かび上がり、まるでどこか東京の1シーンのよう。

 ここでは食べ過ぎないのが難しい。だから店名は妥当だと思う。まずは濱松餃子から。豚のひき肉とキャベツ、ショウガ、香りのいいニンニクやニラをモチっとした皮で包んだパリッとおいしい一口サイズの餃子で、8、16、24、または32個から選べる。ということは、一人少なくとも8個食すべし、ということか。サーモンのユズカルパッチョ、エビの天ぷら 明太マヨがけ、豚バラ薄切り肉のポン酢仕立てといった食欲そそる小皿類もそろい、ついつい必要以上に注文してしまうリスクがある。

 そしてラーメン。こちらも、熟成醤油と鶏がらスープの醤油ラーメンから、チリペーストを加えたそのスパイシー版、コラーゲンたっぷりの豚骨スープとまろやかな鶏がらスープをあわせた横浜豚骨醤油ラーメン、熟成味噌ベースのスープにバターとシャキシャキのスイートコーンがいきるサッポロ味噌ラーメン、発酵黒にんにくオイルの効いた旨味あふれる博多黒豚骨ラーメン、味付け挽き肉がアクセントのピーナッツ入り濃厚スープの胡麻ラーメン、そのスパイシー版、繊細な味わいの鶏がらスープに魚+昆布だしをあわせてコクをより一層深めた東京旨味ラーメン、昆布と発酵味噌が香しいヴィーガン味噌ラーメンまで多彩だ。この店では、異なった味わいのだしを綿密に配合することで、それぞれのラーメン独特のフレーバーベースを作り出すことに成功している。アルデンテに茹でた麺も歯応え抜群で、超美味。だから、伸びないうちに一気にすすり上げてしまおう。

 ここでの食事で唯一の欠点は、電車やバスでなく車で楽々帰宅し満腹のまま寝てしまうため、お腹にまたもやぜい肉がついてしまうこと。これが東京なら、駅まで結構な距離を歩き、おまけに階段を上り下りして、カロリーを即燃焼させてしまえるのに…。いや、おそらくタクシーでホテルに戻り、あの窮屈な部屋にこの突き出た下腹をどうやって押し込むものやら…と頭を悩ますことだろう。

東京の居酒屋か屋台を思わせる「たんと」の夜の外観。
The exterior at night, which makes the space almost feel like an izakaya or
yatai (mobile food stall) in Tokyo.

*************************

僕のお気に入りのディッシュ

スパイシーチーズだし巻き卵($8.75)

モッツァレラチーズ入りだし巻き卵。かけられたスパイシーマヨが、ほんのり甘辛い卵にパンチを効かせている。

濱松餃子($8.00)

8個。タレ(塩コショウ、酢醤油、辣油の3種)をたっぷりつけると甘味と旨味が一層引き出され、手が止まらなくなってしまう。僕の妻は、少なくとも10個はいけるという。

たんと醤油ラーメン($14.75)

熟成醤油味の鶏がらスープにストレート麺が泳ぐデリケートでしかも誘惑的なラーメン。さっぱり大根おろしとシャキっとしたレッドオニオンスライスが異なったテクスチャーを醸し出す。

たんと子&ラーメン居酒屋    

-Tanto Gyoza & Ramen Izakaya-

1035 University Ave., U105 Honolulu  

TEL:808-942-1000

営業時間 : 水〜月曜 5:00pm〜10:00pm

定休日 :火曜 

*************************

Tanto Gyoza & Ramen Izakaya 

I love Tokyo.  Things that I normally would find unpleasant elsewhere are fond reminders of a city I simply adore, be it the smell of smoky pollution from automobile emissions, the claustrophobia of a hotel room in which almost all facets of the bed practically touch each of the walls, or the traffic congestion on streets of Ginza where you walk astride with strangers while trying not to trip over open suitcases of foreign visitors packing their name brand purchases right on the sidewalks.  Since the country reopened, I made it back twice on short trips but am still enduring the effects of withdrawals.

I recently discovered someplace that does help me cope.  While not everything is Tokyo-inspired, Tanto Gyoza & Ramen Izakaya in Puck’s Alley near the University of Hawaii makes me feel as though I stumbled across a little slice of Japan with menu items hailing from various regions.  At night, the noren-lined exterior beautifully frames the illuminated interior marshalled with lanterns, all emblazoned with the hiragana for “ta,” the first syllabic letter of the shop’s name which is an older term used to designate “a lot.”

The name is apropos, as it is hard not to over-indulge.  For starters, the crispy, little Hamamatsu-style gyoza taking chewy wrappers stuffed with a savory blend of minced pork with cabbage, ginger, and fragrant alliums are sold in sets of 8, 16, 24, or 32, implying that each person should have at least eight.  Then, there are the appetizingly small plates of salmon yuzu carpaccio, shrimp tempura with mentaiko mayo, or thin-sliced pork belly with ponzu, that induce over-ordering.  Finally, there is the plethora of ramen:  a shoyu ramen made with aged shoyu and chicken broth, a spicy version with a dallop of chili paste, a Yokohama-style tonkotsu shoyu ramen made with a blend of collagen-rich pork broth and creamy chicken stock, a Sapporo miso ramen with aged miso augmented by a creamy pad of butter and crisp sweet kernels of corn, a Hakata black tonkotsu ramen brimming with umami but punctuated by a drizzle of fermented black garlic oil, a goma or sesame ramen with a peanut buttery soup accented with seasoned minced meat (and a spicy version with chili paste), a Tokyo umami ramen made with fish and dried kelp notes to boost the flavor profile of the delicate chicken broth, and a vegan miso ramen that boasts dried kelp and fermented miso aromatics.  Careful blending of different broths achieves unique base flavors for each of the bowls of al dente noodles which are so delectable, they are slurped up in minutes.

The one disadvantage about dining at Tanto is that after a gratifying meal there, I hop into my car to drive home to pass out, adding inches to my waistline.  If it were in Tokyo, I would walk long distances, up and down steps to train station platforms as an effective means to burn carb-based calories.  Who am I kidding?  I would probably take a cab back to the hotel and figure out how to squeeze my swollen belly into that tiny guestroom.

Recommeded dishes:

Recommended dishes:

1) Spicy Cheese Dashimaki Omelette ($8.75) – a Japanese rolled omelette folded with mozzarella cheese and drizzled with a spicy mayo to add robust flavor to the slightly sweet and savory egg.

2) Hamamatsu-Style Gyoza ($8.00) – 8 pieces of gyoza that, if dredged through the triumvirate of dips—tare (soy & vinegar), raiyu (chili oil), and salt & white pepper–elicit sweet and savory flavors that warrant more bites.  My wife needs at least ten.

3) Tanto Shoyu Ramen ($14.75) – Delicate yet alluring, the straight noodles bathed in aged soy and chicken-based broth are beautifully complemented by radish and diced red onions that impart contrastingly crisp, fresh textures.

Tanto Gyoza & Ramen Izakaya                                       

Phone:  (808) 942-1000

1035 University Avenue, U105

Business hours:  Wed-Mon, 5:00 – 10:00pm (closed Tue)

ショーン・モリス

◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2023年6月」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

【MARA レストラン&バー -MARA Restaurant &Bar -】

2024.06.01

  Please scroll down for the English version!! 僕がマーケティングの世界に入って最初に担当したアカウントは、ハワイ・ウィンター・ベースボールだっ...

【アランチーノ・オン・ビーチウォーク-Arancino on Beachwalk -】

2024.05.01

  Please scroll down for the English version!! 今のワイキキの景況からすると、かつてパンデミックのせいですべてがシャットダウンされていたなんて想...