ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

ウッデン・バケット・ライス with クリスピースペアリブ、シグネチャー・シーフード・ルックファン・イン・スープ、アロマティックなホワイトピーチ・コールドブリューティー($4.95)

僕と僕の妻の違いは、彼女はまるで特殊ガラスと振動センサーで保護された芸術品のように完璧で、僕は土管の掘削作業や舗装、補修工事のために立ち入り禁止テープが張られた道路みたいであること。それゆえ僕らはいつも、直さなければならないことばかりの“僕”の改善に取り組んでいる。


どういう訳か昔からアートというものがさっぱりわからない。おそらくこれも改善すべき点なのだろう。だが、革新的な食へのアプローチに関してはかなりよく理解できると思っている。だから、先日行ってきた「ファン・ステーション」の、広東や四川など異なった地方の中華を折衷して今風に仕立てた料理を楽しむことができた。一瞬ゲームセンターかと思わせるような名が付けられた同店は、マーケットシティ・ショッピングセンターのアッパーレベルにある麺類とご飯類の店だ。

目下提供されているオープニングメニューは比較的限られているが、前菜もスープ麺、遊び心いっぱいの“フライングヌードル”、ウッデン・バケット・ライスも、どれもグッとくる素晴らしさだった。ビジネスパートナーのヴィコン・ツァイさん曰く、製麺機が届き次第、もっとチョイスを増やす予定とのこと。

前菜は数種類だけだったが、それでもどれにするか迷ってしまった。カレーフィッシュボール&フィッシュ豆腐は、柔らかな魚のすり身のお団子が美味しいカレー風味のお汁に浮かんだ一品。プリプリの海老をもちもちの皮で包んだグリルドシュリンプ餃子は、よくありがちな油っぽさがなく、少量の酢を落とした今っぽい醤油ベースのタレが完璧に合った。あと、フライドシュリンプ、フレンチフライ、揚げ餃子がある。

スープ麺のメニューには、柔らかな一口サイズのお肉が美味しいシークレット・ビーフブリスケットから、アドボ&酸菜、モツ好きにうれしいスカリオン・インテスティン、海老とイカののったクラシック・シーフードヌードルまでうっとりさせられるアイテムが並ぶ。地味溢れる繊細な味わいの豚だしのお汁が、プロテインの旨みを一層引き立ててくれた。

柄付きの器の上に“浮かんだ”箸からライスヌードルを垂らした最近話題の“フライングヌードル”もあり、豚ひき肉を使ったシグネチャーをはじめ、カレー、ビーフ・スカリオンなどこの店流に解釈したをものが揃う。

食べても撮っても楽しいシグネチャー・フライング・ヌードル

ここまできてすでに一日摂取量をはるかに超える炭水化物を摂ってしまっていたが、ウッデン・バケット・ライスを外すことはどうしてもできなかった。今回初めて出会ったこれは、木製の桶で炊き上げた木の香がほのかに立つジャスミンライスに、クリスピースペアリブ、ビーフブリスケット、アドボ with 酸菜&インテスティンなどのトッピングをのせたもの。どれもたっぷりのご飯に相性抜群だった。

中華麺と言えば伝統的なものがほとんどのホノルルにとって、これら斬新に解釈された新感覚のメニューは大歓迎だ。炊き込みご飯が好きな読者は、香しいご飯に肉類をのせた一味違うウッデン・バケット・ライスがきっと気に入るだろう。

人間的成長への道のりはこの先まだまだ長いかもしれないが、僕は革新的なアプローチを試み、独自のレシピを編み出して、自分なりの場を築こうと努力している若い起業家たちを認め、尊敬できる柔軟な心は持ち合わせていると自負している。ファン・ステーションは今後より多くのメニューを提供する予定だそうだが、まだまだ修理が必要な僕とは裏腹に、今のままでかなり完璧に近いのではないかと思う。

************************

僕のお気に入りディッシュ

1) シグネチャー・フライング・ヌードル($15.95) – ライスヌードルに千切りキュウリとアニス&五香粉味の豚ひき肉を絡ませていただくフォトジェニックな一品。四川花椒抜きの麻辣麺みたいな感じ。

2) ウッデン・バケット・ライス with クリスピースペアリブ($15.95) – 木製の桶で炊き上げたご飯にカリカリのスペアリブと酸っぱいソースを絡めたジャガイモをのせたライスディッシュ。酸味とニンニクの刺激がほんのり木の香がするご飯を絶妙に引き立ててくれた。

3) シグネチャー・ルックファン・イン・スープ($28.88) – 半分に割ったロブスターテイルとアワビ2つ、イカリング、菜心を麺の上にアレンジしたスープ麺。繊細でしかもほっこりさせられる豚だしは、シーフードの旨みでさらに贅沢な味わいに。

*************************

Fun Station 

ファン・ステーション                       

Phone:  (808) 773-7367

マーケットシティ・ショッピングセンター 2919 Kapiolani Blvd.

【営】毎日 10:00am – 9:00pm

【取扱クレジットカード】ビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレス、JCB

ショーン・モリス

◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2022年2月1日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

【bb.q チキン -bb.q Chicken-】

2022.07.01

Please scroll down for the English version!! フードライターとソーシャルメディアで活動するグルメインフルエンサーには、かなり大きな相違がある。前者は、まだま...

【フレッシュバイツ -Fresh Bites-】

2022.06.01

Please scroll down for the English version!! 数ヶ月前、僕はとうとう50歳になった。以来、ずっと意気消沈している。すでに50代の域に入っている知り合いを含め...