ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

Please scroll down for the English version!!

大トロにぎり。緑のティリーフのかいしきに、きめ細かな霜降りの赤身が映える

 serenading bite of otoro nigiri with its fine marbling, a blushing Japanese expression on a verdant Hawaiian ti leaf stage

 ハワイのローカルたちが、海外からの観光客受け入れ再開に関して、一番心待ちにしている国は、どうやら日本のようだ。日本には、多彩な料理や魅力あふれる創作カクテルを楽しめる素晴らしい食シーンが展開している。しかしそれにもかかわらず、大方のロコたちは(いや、もしかしたら僕だけなのかもしれないが)、寿司とラーメン、ウイスキー、日本酒、そしてセブンイレブンのふわふわ耳なし食パンの卵サンドさえ食べられれば、それで満足するだろう。昨秋、日本政府がやっとのことで留学生とビジネス目的の外国人対象に水際対策を緩和し始めたのを機に、食いしん坊の僕はなんとか入国許可をもらえる賢い手はないか?と、あれこれ策を練りはじめた。ところが、そんな矢先にオミクロン株が出現してしまったのだ。

 旅行ができなくなってそろそろ足掛け3年。イライラむずむずが日増しに募っていたそんなころ、僕は『アイランダー酒ブルワリー』がホノルル・ダウンタウンに開店した寿司バー『ハナレ』を発見し、嬉々とした。8席のカウンターと少数のテーブルだけのこぢんまりとしたこの店は、杜氏の高橋千秋氏とヒロセ・タマ氏醸造の美酒にぴったり合う約18品目の料理を味わうおまかせコース($120)を楽しませてくれる。

 コースには、トロリと甘い雲丹とシャキシャキ山芋の出汁仕立てのとびこ添え、サーモンスライスと酒粕塩麹漬け和州牛のたたき 、海老とホタテと生あおさの柚子味噌酢のもの、そして地元の食材を使ったいくつかの料理に加え、唸るほど旨い寿司の数々が含まれている。ホノルルにいながらにして日本全国味めぐりの旅を体験することができた。

 シャリには、北海道産ななつぼしと2種類の赤酢を使用している。これは茨城産のヒラメ、鹿児島産の炙りアオリイカ、3通りで味わう鹿児島産の霜降り大トロ、北海道産のホタテ、もみじおろしとともにいただく九州産メバル、愛媛産の炙りハマチトロ、千葉産の太刀魚、宮城産の雲丹など、どのネタにも完璧だった。

 アイランダー酒ブルワリー醸造の酒をペアリングしたことが、ここでの美食体験を一層高めてくれた。特にメロン、バナナ、ストーンフルーツ(核果)フレーバーの純米大吟醸きたしずく、ローズをほのめかすアロマ漂う純米吟醸きたしずく(大吟醸よりも辛口)、そしてキレのあるかすかにトロピカルな味わいの純米吟醸雄町がよかった。カステラと抹茶パンナコッタ ブルーベリー添えのデザートでフィナーレを迎え、気が付けばハワイに舞い戻っていた。

 予約はOpenTableで受け付けている。現在リカーライセンス申請中のため、アルコール類は持ち込みのみ。取扱販売店でボトルを購入して持参を。もしそれが面倒なら、カカアコワインにネット注文すればハナレまで直接配達してくれるので、大きな荷物なしで食の旅に出られる。

 そうだ、僕は日本に行ける日を待ち侘びながら、ついでに身軽に旅する術も考えておこう。

寿司カウンターと少数のテーブルをしつらえた、しっとりと落ち着いた雰囲気の店内The serene interior of Hanale, which features a few tables in addition to a sushi counter

*************************

ココのオススメメニュー

1)アコウダイ

しなやかな歯応えの魚に、もみじおろしのピリ辛とポン酢の華やかな酸味がアクセント。九州産。

2)うなぎ

さっと焼き上げたきめ細かな台湾産うなぎの蒲焼き。光沢も焼き色も美しい。

3)大トロ

唯一の3種盛り。炙り焼きにし藻塩を振ったバージョンが、脂のよくのった鹿児島産トロの濃厚贅沢な味を最も引き立てていた。

*************************

Hanaleハナレ-                             

Phone:  (808) 517-8188

ウェブサイト:  https://islandersake.com/

25 North King Street

【コース開始時間】月~土 5:30pmと7:00pm

【取扱クレジットカード】ビザ、マスターカード

*************************

Hanale

Japan seems to be the first international destination reopening that locals are most anticipating.  Despite the sparkle of its expansive culinary scene and exceptionally crafted libations, most locals would be satisfied simply indulging in the pleasures of sushi, ramen,  sake, and 7-Eleven’s egg salad sandwiches on fluffy milk bread.  When Japan ploddingly reopened its doors to foreigner students and business people, I seriously pondered creative methods to boost my qualifications for entry just to satiate my grain-fueled fantasies.  Then Omicron reared its ugly head.

As I grew agitated, yearning to scratch my three-year itch for travel, I was pleased to discover Hanale, the new sushi bar in Downtown Honolulu by Islander Sake Brewery.  With just eight seats at the counter and a handful of dining tables, the exclusive sushi bar offers an omakase of about 18 stunning bites for $120 that pair beautifully with the craft sake brewed by Chiaki Takahashi and Tama Hirose.

In addition to plates of sweet uni with crispy yamaimo (mountain yam) and tobiko (flying fish roe) bathed in dashi stock, slices of salmon and washugyu marinated in sake lees and shio koji (fermented rice and salt), a sunomono (salad marinated in rice wine vinegar) of shrimp, scallop, and fresh aosa nori (seaweed) wading in a yuzu miso vinaigrette, we took a culinary journey through Japan via a succession of awe-inspiring nigiri.  Hokkaido nanatsuboshi shari (mound of rice) served as the perfect canvas for imported neta (toppings) such as hirame (flatfish) from Ibaraki, torched aori ika (bigfin reef squid) and three renditions of marbled otoro (fatty tuna) from Kagoshima,  scallop from Hokkaido, rock fish from Kyushu seared yellowtail belly from Ehime prefecture.  Pairing various courses with sake from Islander Sake Brewery elevated the culinary experience. A castella with matcha panna cotta and blueberries designated the conclusion of our meal, delivering us back to the realities in Hawaii.

Reservations are accepted on OpenTable.  As the sushi bar awaits its liquor license, bottles may be purchased at select retail outlets.  Kaka’ako Wine accepts online orders for direct delivery to Hanale to avoid any BYOB hassles, allowing patrons to embark on the culinary journey without any luggage in tow, something I am also strategizing as I await ingress to Japan.

Recommended dishes:

Favorite courses:

1) Akodai (rock fish) – the supple rock fish from Kyushu was given a touch of heat with a dab of momiji oroshi (grated daikon with chili) and a bright acidic boost imparted by ponzu (citrusy soy).

2) Unagi (freshwater eel) – the delicate Taiwanese freshwater eel lacquered with a soy-based reduction was beautifully expressive with a slight char

3) Otoro (fatty tuna) – the only course to be reprised thrice, the Kagoshima tuna belly cut asserted its best iteration seared and sprinkled with mojio salt, eliciting a lavish oiliness that articulated its full flavor

Hanale                              
Phone:  (808) 517-8188
Website:  https://islandersake.com/
25 North King Street
Business hours:  Mon-Sat, 5:30pm & 7:00pm seatings
Credit cards:  Visa, MasterCard

ショーン・モリス

◎ マーケティング会社社長。ハワイ随一のグルメ通として知られている食いしん坊。
ソーシャルメディアも発信中
Twitter: @incurablepicure
Instagram: @incurablepicure

※このページは「ライトハウス・ハワイ 2022年5月1日」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

【bb.q チキン -bb.q Chicken-】

2022.07.01

Please scroll down for the English version!! フードライターとソーシャルメディアで活動するグルメインフルエンサーには、かなり大きな相違がある。前者は、まだま...

【フレッシュバイツ -Fresh Bites-】

2022.06.01

Please scroll down for the English version!! 数ヶ月前、僕はとうとう50歳になった。以来、ずっと意気消沈している。すでに50代の域に入っている知り合いを含め...