リモワ・エレクトロニック・タグを発明

2016.06.07

リモワ・エレクトロニック・タグ

エレクトロニック・タグというリモワの発明によって、旅行者は家にいながらスマートフォンを使って荷物のチェックインを済ませることができ、空港では荷物を渡すだけの、ものの数秒でやりとりを終えることができるようになった。
リモワのエレクトロニック・タグはデジタル技術を基盤としており、選ばれたリモワのスーツケースに組み込まれている。リモワ・エレクトロニック・タグは、通常の紙のタグに代わってデータが集積されたモジュールがスーツケースに取り込まれている。
そして今までの紙のタグと同じ大きさ、見た目で荷物のデータを表示する。従って、紙タグのような”アナログ”からエレクトロニック・タグのような”デジタル”に切り替えることは簡単である。
それは使い方にも同じことが言える

:将来、航空会社はデジタル搭乗券だけでなく、搭乗者が予約を入れたフライトにおける荷物のデータもデジタルで届けるだろう。
すなわちこれが意味するものは、家でゆっくりしている間に荷物のチェックインを済ませることができ、空港では荷物を渡すだけでいいということである。

“モダンな旅行というのはすなわち気楽な旅行”

これ以上簡単なチェックイン方法はないだろう:ただデジタル搭乗券を、Bluetoothを通してスマートフォンから荷物に取り付けられているリモワ・エレクトロニック・タグに転送するだけ。
転送には時間はほとんどかからない。転送したら荷物のデータがタグに表示される。
そしてチェックインされた”スマートバッグ”は空港で数秒もかからないうちに荷物の自動チェックイン・カウンターで受け渡しができる。
2016年を境に主要な航空会社は、リモワ・エレクトロニック・タグによって可能になった、搭乗者に対してのこの新しい便利なサービスを提供することになるだろう。

他の提携航空会社も近い将来この新しいテクノロジーを導入することが期待される。
エレクトロニック・タグというリモワの発明によって、旅行者は家にいながらスマートフォンを使って荷物のチェックインを済ませることができ、空港では荷物を渡すだけの、ものの数秒でやりとりを終えることができるようになった。
リモワのエレクトロニック・タグはデジタル技術を基盤としており、選ばれたリモワのスーツケースに組み込まれている。
リモワ・エレクトロニック・タグは、通常の紙のタグに代わってデータが集積されたモジュールがスーツケースに取り込まれている。そして今までの紙のタグと同じ大きさ、見た目で荷物のデータを表示する。
従って、紙タグのような”アナログ”からエレクトロニック・タグのような”デジタル”に切り替えることは簡単である。それは使い方にも同じことが言える

:将来、航空会社は
デジタル搭乗券だけでなく、搭乗者が予約を入れたフライトにおける荷物のデータもデジタルで届けるだろう。すなわちこれが意味するものは、家でゆっくりしている間に荷物のチェックインを済ませることができ、空港では荷物を渡すだけでいいということである。

“モダンな旅行というのはすなわち気楽な旅行”
これ以上簡単なチェックイン方法はないだろう:ただデジタル搭乗券を、Bluetoothを通してスマートフォンから荷物に取り付けられているリモワ・エレクトロニック・タグに転送するだけ。
転送には時間はほとんどかからない。転送したら荷物のデータがタグに表示される。
そしてチェックインされた”スマートバッグ”は空港で数秒もかからないうちに荷物の自動チェックイン・カウンターで受け渡しができる。
2016年を境に主要な航空会社は、リモワ・エレクトロニック・タグによって可能になった、搭乗者に対してのこの新しい便利なサービスを提供することになるだろう。
他の提携航空会社も近い将来この新しいテクノロジーを導入することが期待される。

スーツケースに組み込まれたこのデジタル技術は以下のリモワのコレクションで利用することができる
:トパス、トパス・チタニウム、トパス・ステルス、サルサ、サルサ・デラックス、ボサノバ、リンボ。

リモワ・アラモアナ店、ワイキキ店は米国のなかでも最大のコレクションのひとつを誇り、他の店舗では販売していない商品もたくさん取り揃えている。
高級なアルミニウムとポリカーボネイトの素材でできたスーツケースは世界中で最も広く評価されている。
リモワの店は香港、リオデジャネイロ、ソウル、シンガポール、台北など世界的に展開されている。

「ニュース」のコンテンツ