変化し続けるハワイに追いついていますか?

 4月16日号で「人間力」のことを書いて、たくさんの反響をいただきました。スーパーで一般の女性から声をかけられたり、リタイヤ後と思われる年齢の男女から「自分自身の世間的価値なんて考えたことがなかった」という言葉をもらったりしました。改めて、「各々が自分自身の立ち位置を発見するべき」そんな時代の到来なのだと認識しました。
 私自身も、世の中で何が起こっているのか常に知っておく必要があると思い立ち、一人で土曜日に思い切ってカポレイの街を偵察に行きました。住まいはハワイカイなので、かなりの遠出です。でも、新聞等で見ているだけでなく自分の目で見る必要があると思ったのです。ダウントゥアースのあるショッピングセンターを見て、なぜ、ターゲットの隣に競合のTJマックスをテナントにしてしまったのかしら…等と考えながらの1日でした。最新のショッピングモール「カ・マカナ・アリイ」、カポレイまで延びているレールの出来具合も見てきました。そして、カイルアがまだ知名度がなかったずっと前に偵察に行ったことを思い出しました。
 今や観光客で賑わうカイルアも最近変化が起きています。スタイリッシュなタウンハウスや、低層のコンドミニアムがだいぶ増えています。数年前からカイルアビーチには大きなバスが侵入禁止になっていることはご存じと思います。その影響なのかワイマナロのビーチに行く観光客が増えているようで、お店等が増えているのは今やカイルアよりもワイマナロ。前からあった施設もトイレ等が改装されてとても便利になっています。行ってみなくては気付かなかったことだと思います。
 ワイキキでも変化が起きています。先日クヒオ通りにオープンしたばかりのホテル「The Laylow」はエコがコンセプトの全く新しいタイプのホテルです。同じクヒオ通りには、元トレードセンターの「Hyatt Centric Hotel」もオープンしました。1階には、自産自消がテーマのローカルオーナーによる大きな新しいレストランが建設中だそうです。どのホテルにもカマアイナプランがあるので、この機会にハワイ在住の方も〝Staycation〟してみるのも良いでしょう。また、カラカウア通りにある「京やビル」もとうとう取り壊されることが決まったそうです。日本の大きな会社がビルを購入したようですね。これからどんなホテルコンドが建設されて、どのような新しいビジネスが始まるのかが楽しみです。
 自分の足で端から端まで歩いてみることによって、ハワイの経済の発展状況を実感できると同時に、ちょっとひねったクリエイティブなことをしないと発展できない時期なのだと痛感しました。
 今は、カカアコの新しいコンドミニアムがどんな姿で何件できるのか、モノレールの建設がどんな影響を及ぼすのかが気になっているところです。皆さんはこのようなことに気付きながら毎日を生活していますか?

(2017年5月16日掲載)

Booking.com

「梨本昌子のちょっと言ってもいいかしら」のコンテンツ