ハワイ島ヒロで作られる伝統の味「ビッグアイランド・キャンディーズ」

ビッグアイランド・キャンディーズ

今や、ハワイ島ヒロの観光名所にもなった「ビッグアイランド・キャンディーズ」。連日、観光客が殺到するヒロの本店で、アラン・イカワ社長に、人気の秘密を伺った。イカワさん、どうしてこんなに美味しいんですか?
 

「クオリティーこそがすべて」だから手作りにこだわります

長方形のクッキーの斜め半分にチョコレートがディップされた独特の形。今では、その形を見ただけで口の中に甘みを感じるほど、「美味しさの定番」になったのが、ビッグアイランド・キャンディーズのショートブレッド・クッキー。マカダミアナッツをたっぷり使ったサクサクのクッキーは、「ヒロでしか買えない」逸品として、グルメファンに愛されてきた。
 
「お客様のご要望に応えるため、最近オアフ島に出店しましたが、1977年の創業以来、”1つの工場”という原則を守り続けています。ヒロの地元産の材料も多く使い、この30年以上、まったく同じことを続けています。それは、真心で真面目に奉仕すること。すべて手作りという方針は変えませんし、どんなに人手がかかっても、クオリティー=品質の管理は徹底します」
 
とイカワ社長。チョコレートを扱うお菓子職人だったイカワ社長が、試行錯誤の末に開発したショートブレッド・クッキーがビッグアイランド・キャンディーズの歴史の始まり。製造行程から原料に至るまで、創業当時からほとんど変わらない。しかし、実は同じことを維持することは大変難しい。それがイカワ社長の言う「クオリティー」なのだろう。
 
「我々のクオリティーは、真面目に、真心を込めて仕事をすること。従業員たちは、仕事に誇りを持って取り組んでくれています。お客様にクッキーやチョコレートの美味しさを楽しんでいただければ、我々はハッピーなんです」
 
イカワ社長は日系3世。日本人にポピュラーなサキイカやあられにチョコレートをトッピングした製品などは、日系人ならではの発想だろう。「日本人のお客様に喜んでただけるのは、私にとって、最高にうれしいことです」と笑う。ヒロの本店の入口では、訪問客に「アロハ」の声と共に、チョコレートやクッキーが差し出される。これも、同社の〝真心〟の一環なのだろう。何より心のクオリティーが、美味しさを生み出している。話を伺っていて、そんなことを感じた。

1.チョコレートも自慢の製品のひとつ。1つ1つ丁寧に作られる。

チョコレートも自慢の製品のひとつ。1つ1つ丁寧に作られる。

2.人気のチョコレートディップ・ショートブレッド・クッキー。半分がチョコで隠れた人気の形は、手作りの行程から生まれた。

人気のチョコレートディップ・ショートブレッド・クッキー。半分がチョコで隠れた人気の形は、手作りの行程から生まれた。

3.コーヒーによく合うマカデミアナッツ・ビスコッティのシリーズ。

コーヒーによく合うマカデミアナッツ・ビスコッティのシリーズ。

4.抹茶チョコレートのショートブレッド・クッキーは、日本人に人気の高い製品。

抹茶チョコレートのショートブレッド・クッキーは、日本人に人気の高い製品。

5.ヒロのビッグアイランド・キャンディーズ本店に入ると、まず試食用のクッキーが手渡される。日本語のできる従業員も多い。

ヒロの本店に入ると、まず試食用のクッキーが手渡される。日本語のできる従業員も多い。

6.ショップからガラス越しに、手作業でのクッキー作りが見学できる。

ショップからガラス越しに、手作業でのクッキー作りが見学できる。

ビッグアイランド・キャンディーズ

◎ ビッグアイランド・キャンディーズ / Big Island Candies
585 Hinano St., Hilo(ハワイ島)
☎ 808-935-8890
▶ 営業時間:8:30am~5:00pm(工場 ~3:45pm)
▶ Webサイト:www.bigislandcandies.com

 
(’Eheu Autumn 2012号掲載)
(Photo: Dana Edmunds)

Booking.com

「買い物・ショッピング」のコンテンツ