ハワイでおいしいコーヒータイム-注目のコナ・コーヒー農園とおすすめカフェ-

ハワイのコーヒー
ハワイ土産と言えば「コーヒー」が定番になって久しい。もちろん、ハワイの海辺で貿易風を感じながら飲むコーヒーは最高の味わい。コナコーヒーやカウコーヒーなど豆の流行はあれど、ハワイのレベルはやっぱり高い。ところが最近ハワイのコーヒーに新しい風が吹いている。そんなハワイの最新事情を”味わって”みた。

ハワイに限らず、アメリカ全土で盛り上がっているのが、いわゆる「シングルオリジン」。1種類の豆で1杯のコーヒーを淹れることで、豆の個性をダイレクトに味わうことができる。そんなシングルオリジンを旗印に、個性を打ち出す小規模コーヒー店がハワイにも増えている。オーダーごとにハンドドリップで提供するスタイルが特徴で、コーヒーフリークたちがこれぞという1杯を求めて列をなす。そのこだわりのコーヒーショップに卸す豆を生産するコーヒー農家も細分化し、「ブランドコーヒー農園」も続々誕生している。この特集では、ハワイのコーヒー農園を巡り、最新コーヒー店事情まで取材した。ほら、もうコーヒーの良い香りがしてきたでしょ?

Contents:

 

シングルオリジンムーブメントの立役者
「ブランドコーヒー農園」

coffee time manager

マネージャーのマニーさん(左)とPR担当のクリスさん(右)

シングルオリジンが巻き起こすムーブメントにより、これまで主流だったブレンドから、産地や農園で豆を選ぶ時代へと変化を遂げている。キーワードは「テロワール」だ。コーヒーもワイン同様に、土地や土壌、気候によって味に特徴や変化が現れる。生産者はその1杯に想いを込めて育て、消費者はその1杯を求め豆を選ぶ。こうしてブランド化され、店頭に置かれた豆は、近年のサードウェーブを盛り上げているのだ。ここ「コナ・クラナ・ファーム」は、毎年10月にハワイ島で行われるカッピングコンテストで2度の優勝を果たし、現在殿堂入りという、通も認めるコナ・コーヒー農園。スペシャリティーコーヒーを知る上で、生産者や農園を知ることは非常に重要。生育から収穫、さらに焙煎までの一連の流れを見学させていただき、われわれの元へ商品として届くまでの過程を追った。 

まず実がつく前のコーヒーの木。発芽から3〜5年もの年月をかけ花を咲かす。その後、赤くなった実を手で1粒ずつ収穫。マシンを使うと、実を傷つけてしまうそうだ。巨大なビニールハウスにコーヒーの実を広げ、乾燥させる。この中から熟れの良いものだけを選び、豆を取り出す。ファームから車で10分ほどの場所に位置する焙煎所では、いくつもの豆を受け持つ。100エーカーもの農園は、マネージャーのマニーさんと、経営やPR を担当するクリスさんの2人によって管理されている。コーヒーの他、アボカドやマックナッツ、アップルバナナやはちみつなどの自然栽培も行う。

kona kulana farm

1. 赤く熟したコーヒーの実。しっかりと成熟するまでにおよそ1年ほどかかる

kona kaula farm

2. コーヒーの実を乾燥させ、マシンを使用して豆を取り出す

kona lkulana farm

3. 取り出した豆はまだ白く、徐々にコーヒー豆としての形を現す

kona kulana farm

4. 仕上げにロースターで焙煎。この技術を身に付けるのに10年ほどかかるそうだ

kona kulana farm

5. Kop’e Heaven。高級デパート、ニーマン・マーカス限定の、「コナ・クラナ・ファーム」の豆を100%使用したオリジナル商品

◎ コナ・クラナ・ファーム / Kona Kulana Farm
2222 Kalakaua Ave., Honolulu
☎ 808-922-2557

 

UCCのコーヒー農園へ行ってみよう

焙煎体験もできるハワイ島のコーヒー農園

coffee time ucc日本でのおなじみのUCCがハワイ島に作ったコーヒー農園が「UCCハワイ・コナコーヒー・エステート」。89年に設立された。コナ地区フアラライ山の裾野、標高460m 付近にあり、総面積は東京ドームの約3倍。ここに約1万5千本のコーヒーの木が植えられている。農園見学ツアーと共に、焙煎の仕組みを学べる焙煎体験ツアーも実施。自分好みに焙煎して、自分だけのオリジナルコーヒーを作ることもできる。日本からだけでなく、アメリカ本土からも多くの観光客が訪れるという人気スポットだ。日本語ガイドも常駐しているので安心。

◎ UCCハワイ・コナコーヒー・エステート / UCC Hawaii Kona Coffee Estate
75-5568 Mamalahoa Hwy., Holualoa
☎ 808-960-1218(日本語対応)
▶ Webサイト:www.ucc-hawaii.com

美しく感動的なコナコーヒー観光農園

coffee time doutor coffeeドトールコーヒーがハワイで直営するコーヒー農園が、「マウカ・メドウズ・ガーデン」。園内にはフラワーガーデン、フルーツガーデン、見晴らし台を併設し、コナコーストを見晴らす眺望豊かな観光農園として知られている。入園料を払えば園内を自由に散策することができ、園内にある「楽園カフェ」では100%コナコーヒーを楽しめる。ここで栽培するコーヒーは、一粒一粒手摘みされ、焙煎まで一貫して行われている。営業時間は午前9時から午後4時まで。「午後3時までに入園するとゆっくりお楽しみいただけます」と同農園。入園料は1人5ドル。15歳以下は無料となっている。農園産の100%コナコーヒーの試飲は無料だ。

◎ ドトールコーヒー直営マウカ・メドウズ・ガーデン / Doutor Coffee Mauka Meadows Garden
74-5476 Mamalahoa Hwy., Holualoa
☎ 808-322-3636
▶ Webサイト:www.doutor-hawaii.com

 

おいしいコーヒーが飲めるオアフ島・ホノルル周辺のおすすめカフェ

ワイキキ一等地にある本格コーヒー店

kai coffeeハイアット・リージェンシー・ワイキキ1階に店を構える「カイ・コーヒー」。この店には、「ホノルル・コーヒー・カンパニー」の立ち上げやディレクターの経験を持つオーナー・サムのこだわりが詰まっている。バリスタはハワイを代表する腕を持ち、彼らの作るラテアートは、まさに芸術。ワイキキでシングルオリジンが飲める貴重な一店だ。使用する豆は100%ハワイ産のもの。ハンドドリップ以外にも、ユーロプレスやフレンチプレスなど好きな淹れ方を選ぶことができる。

kai coffee 2

◎ ハイアット・リージェンシー・ワイキキ1階 / KAI Coffee
2424 Kalakaua Ave., Honolulu
☎ 808-923-1700
▶ 営業時間:日~土 5:30pm~11:00pm
▶ Webサイト:kaicoffeehawaii.com

 

日本人オーナーのこだわり、コーヒーキオスクスタンド

the curb 2キオスクスタンドという限られたスペースながらも、そこにそろうのは高級エスプレッソマシンや器具の数々。温度と時間に忠実に淹れるコーヒーは、周辺のカフェと一線を画す。抽出方法は、ペーパードリップにこだわる。勢いよくお湯を注ぐと味が薄くなるため、2分間かけてゆっくりと淹れる。ハワイ大学内ワゴンやカイムキに店舗を持つ、人気の『The Curb』とのコラボレーションによって誕生した同店。高級豆やブランド豆などの試飲会も行われているので、HP でスケジュールをチェックしよう。

the curb

◎ the CURB by Aloha Coffee Lab
1600 Kapiolani Blvd, Honolulu(パンナムビル 1階)
▶ 営業時間:月~金 7:00am~5:00pm 土 7:00am~2:00pm
▶ Webサイト:www.alohacoffeelab.com

 

土曜は店頭で豆をロースト。鮮度抜群のコーヒーを

downtown coffee honolulu 2週末にダウンタウンを歩くと、香ばしいコーヒーの芳香に誘われるだろう。行き着く先、「ダウンタウン・コーヒー」 は、ロースターを店頭に完備。オアフ島では珍しく、その場で豆を焙煎している。豆は100%ハワイ産にこだわり、各島で生産されたものを厳選して使用している。挽きたて2週間以内が理想と言われるコーヒーだが、この店では煎りたてを堪能できることから、コーヒー通も唸らせる味が出来上がるのだ。毎日バリスタによるカッピング(テイスティング)が行われている。

downtown coffee honolulu

◎ Downtown Coffee Honolulu
900 Fort Street Mall, Honolulu(パイオニア・プラザ1階)
☎ 808-599-5353
▶ 営業時間:月~金 6:00am~5:00pm 土 7:30am~12:00pm
▶ Webサイト:www.dtcoffee.com

 

マノアとカカアコの元祖本格派極上コーヒー

morning glass 2ロコで賑わうマノアのカフェ「モーニンググラス」のオーナーは、スターバックス創業時メンバーのエリックさん。こだわりのコーヒーとおいしい朝食を地域の人々に提供している。ハワイ産のコーヒーは青豆の状態で仕入れ、店内で少量ずつローストする。豆の保存方法、淹れ方にとことんこだわるエリックさんのコーヒーをマノアの風に吹かれながら味わいたい。2号店を昨年カカアコのアーティストが集うインテリアショップ「フィッシュケーキ」内にもオープンさせた。

morning glass

◎ モーニンググラス / Morning Glass Coffee+Cafe
2995 East Manoa Rd., Honolulu
☎ 808-673-0065
▶ 営業時間:月~金7:00am~4:00pm、土7:30am~4:00pm、日7:30am~12:00pm
▶ Webサイト:www.morningglasscoffee.com

 

業界最注目のスチームパンクを採用。ハワイでもここでしか味わえない1杯

brue barコーヒーの抽出方法にはさまざまな種類があるが、このスチームパンクは、専用アプリで温度や撹拌(かくはん)回数など細かな調整ができる高性能マシン。フレンチプレスのような酸味と、独特の甘みと滑らかさが舌に残るのが特徴的。スチームパンク式はハワイではまだ貴重なもので、同店のカカアコ店・ワード店で味わえる。

brue bar 2

◎ Brue Bar
1200 Ala Moana Blvd, Honolulu(ワード店)
▶ 営業時間:月~日9:00am〜6:00pm
▶ Webサイト:www.bruebar.com

 

ヘルシージューサリーでハンドドリップの1杯を味わう

juicy brew

◎ Juicy Brew
1401 S. Beretania St., Honolulu(ハレパワア病院 1階)
☎ 808-469-1991
▶ 営業時間:日〜金7:30am〜3:00pm、 土7:30am〜12:00pm
▶ Webサイト:www.juicybrewhawaii.com

 

ゆっくりと抽出された水出しコーヒーで入江を眺めながら楽園のひとときを

Island Brew地産地消を推奨し、使用する豆は100%ハワイ産。それぞれ豆のおいしさを引き出すため、フレンチプレスで提供。また、レジの横に置かれたガラス製の水出しコーヒーは、約2〜3時間かけて1滴ずつドリップする過程で苦味や雑味が取り除かれ、まろやかさが増したコーヒーになる。ハワイカイの入江を眺めながら、ハワイらしいゆったりとした時間を、コーヒーと共に楽しみたい。

island brew

◎ Island Brew
337 Keahole St., Honolulu(ハワイカイ・ショッピングセンター内)
☎ 808-394-8770
▶ 営業時間:月〜金5:30am〜6:00pm、土7:00am〜6:00pm
▶ Webサイト:www.islandbrewcoffeehouse.com

 

「コーヒータイム」をさらに楽しくする、お土産にもおすすめ5アイテム

1. Hawaiian Drip Coffee

hawaiian drip coffee

今までなかった!カップでドリップできるハワイ産コーヒー

自宅のカップに乗せてお湯を注ぐだけで、手軽で簡単にコーヒーが淹れられるドリップコーヒー。豆はブレンドなしの100%ハワイ産で、ハワイ州の各島より4種類(カウアイ、コナ、カウ、ワイアルア)が用意されている。現在、お土産品としてJTBトラベルプラザやローソンで販売中。また、最近はオフィスワーカー向けのサービスを開始。ワイキキ、アラモアナ、ダウンタウンのオフィスへ直接配達を行なっている。下記メールアドレスへ連絡すれば、無料サンプルを受け取ることができる。各種イベント、記念パーティーなど、配布用ノベルティーとしてオリジナルラベルも作ることができるので、気になる方はぜひお問い合わせを。

◎ 販売元:C&C.MURAKAMI,Inc.
560 North Nimitz Hwy. Suite 125c, Honolulu Hawaii 96817
▶ 問い合わせ(E-mail):c_c_murakami_inc@yahoo.com

 

2. Luxury Reserve

luxury reserve

知る人ぞ知る2度の受賞歴を持つハワイ島のコーヒー

ハワイ島「コナ・クラナ・ファーム」農園の豆を100%使用。カッピング・コンテストで2度の優勝を果たし殿堂入りしたブランド豆。ワイキキのトラベル・プラザで購入可能。

◎ Luxury Reserve
ワイキキ・ショッピング・プラザ地下1階
ロイヤル・ハワイアン・アベニュー入口側
2250 Kalakaua Ave., Honolulu
☎ 808-261-2453

 

3. ROK Espresso Maker

rok espresso maker

コーヒー好きなら家に一つは欲しいエスプレッソメーカー

イギリス生まれ、手押しのエスプレッソメーカー。エスプレッソ用の豆を入れて熱湯を注ぎ、左右の取っ手を押し下げるだけ。電気を使わないのでキャンプなどのアウトドアシーンでも活躍できる。

価格:$199.99 
▶ Webサイト:www.kohls.com

 

4. Le Petit Cafe Hawaii

le petit cafe hawaii

見た目も楽しいコーヒータイムにぴったりのスイーツ

ワード・ウェアハウス1階のエスプレッソバーに、コナコーヒーをはじめ、レモン、ラズベリー・ピスタチオなどのフレーバーマカロンがそろう。苦めのエスプレッソとの組み合わせが◎

◎ Le Petit Cafe Hawaii
ワード・ウェアハウス1階
1200 Ala Moana Blvd., Honolulu
☎ 808- 931-9680

 

5. Hario Buono Drip Kettle

haro buono kettle

バリスタ仕様の細口ケトルで本格コーヒーを淹れよう!

おいしいドリップコーヒー作りのコツは、コーヒーの粉を蒸らすようにそっと注ぐこと。この細口ケトルなら、湯を一滴ずつ置くように注げる。多くのバリスタが愛用している、プロ仕様のケトル。

価格:$70 
▶ Webサイト:tortoisegeneralstore.com

 

家でも本格コーヒーを。まず正しい淹れ方を学ぼう

Aloha Coffee Lab

aloha coffee lab

バリスタの養成やカッピング体験など、プロからコーヒーの本格技術を学べることで日本でも人気のコーヒー・ラボラトリーが、ついにハワイにも誕生。監修は、パンナム・ビルにキオスク店を構える「アロハ・コーヒー・ラボ」。高級エスプレッソマシンがずらりと並び、まるで実験室のように器具がそろうラボでは、コーヒーの基本的な知識から、おいしいコーヒーの淹れ方、ラテアート体験まで、コーヒーを愛する人にはたまらない”授業”を日本語で受けることができる。実際にハワイのコーヒーショップで働くバリスタも学びに来るという。スペシャリティーコーヒーの淹れ方をとことん追求した桑原講師に、自宅でも店舗同様の味が再現できる、おいしいコーヒーの淹れ方を伺った。

aloha coffee lab 21. 使用するフィルターは紙製。ブランドやドリッパーによって形状が異なる

aloha coffee lab2. 紙の持つ臭みをお湯で取り除く(溜まったお湯は捨てる)。全体を湿らすように、円をかきながらフィルターを濡らす

aloha coffee lab3. 好みの粗さで引いた豆をフィルターに投入。お湯の温度は90度が理想だ

aloha coffee lab 44. 粉全体が濡れる程度にお湯をかける。二酸化炭素の泡がコポコポと出てきて、全体が盛り上がったらお湯を止める

aloha coffee lab 55. 膨らみが落ち着いてきたら、残りのお湯を1分30秒かけてゆっくりと入れていく。急ぎすぎず、ゆっくりすぎず、時間を使い切るのがポイント

aloha coffee lab66. あとはドリップを待つ。最後の1滴が落ちるまで、広がるコーヒーの香りを楽しもう

aloha coffee lab 67. 最高の1杯は、薄く透き通った色が特徴。豆によって酸味も異なるので、さまざまな味にトライ!

 
One Point!
コーヒーとお湯の黄金比は豆1:お湯16。また、1杯を入れる際の抽出時間は2分間が理想。このコツさえ掴めば、どんな豆でも驚くほどおいしくなります。じっくりと時間をかけて抽出したコーヒーは、薄く透き通った色になるので、今まで飲んでいたコーヒーに慣れていた方は少し驚かれるかもしれません。初めは酸味が強く感じますが、徐々にコーヒー独特のアロマが口の中に広がり、その余韻に浸りたくなるでしょう。淹れ方次第で劇的に変わるコーヒーを、ぜひ体験しにいらしてください。(桑原さん)

aloha coffee lab 7ラボラトリーには、ハリオ、ケメックス、メリタ、カリタなどさまざまなブランドのコーヒー用品がそろう。中でも日本製の「ハリオ」は世界中から愛され、抜群の使用感を誇るとか。これらはラボラトリーでも購入可能。形が異なれば味にも変化が生まれるので、自分に合ったものを見つけよう!

aloha coffee lab「日本の師匠から技術を学び、そのノウハウでハワイに住む皆さんに本物を飲んでいただきたい。ぜひラボで技術を学び、家でもおいしいコーヒーを淹れてみてください」とオーナーの桑原夫妻。夫婦でバリスタ・トレーニングの修了資格を保有する

◎ アロハ・コーヒー・ラボ / Aloha Coffee Lab
センチュリー・センター 6階
1750 Kalakaua Ave. Suite609, Honolulu
☎ 808-729-2969
▶ Webサイト:www.alohacoffeelab.com

 
(‘Eheu Summer 2015号掲載)

Booking.com

「おすすめグルメ・レストラン」のコンテンツ