ハワイのクラフトビール

ハワイのクラフトビール

ホノルルでハワイのクラフトビールを楽しもう!

近年、ハワイのグルメ界でも注目の「クラフトビール」。小規模なビール工房(マイクロブルワリー)で作られたこだわりのビールは、品質はもちろん味の個性もピカイチ! 新鮮さが重要な生ビールを楽しむなら、その場で醸造しているバーに勝る場所はないはず。ハワイ産の花や野菜、フルーツを使ったハワイならではの地ビールから、世界中から集めたユニークなビールまで、新鮮フレッシュな「生」の情報をお届け!
 

ハワイのビール文化を作った
ホノルルビアワークス

honolulubeerworks

4種類のホップを組み合わせた飲みやすい味わいの「ホップ・アイランド」(6.75ドル)

鉄骨むき出しの倉庫を改装した開放的な店内は、平日の昼前だというのにどこからともなく人々が訪れ、思い思いに好きなビールを楽しみながら、のんびりとしたひとときを過ごしている。皆それぞれにサラダやサンドイッチをオーダーし、近隣で働くロコたちのランチスポットとしても盛況のようだ。

ビール好きから趣味で始めた自宅での自家醸造をきっかけに、本格自家醸造ビールのバーをオープンして早2年半。レモングラスやハニー、ライムなどハワイ産の食材をふんだんに使ってユニークなうえに、ハワイならではのフレーバー作りや、ワイン、ウィスキーなどの空樽に入れて風味を抽出させるバレル・エイジド・ビールなどハワイでは類を見ないビール作りでビール愛飲家の心を掴んで離さない。数々の受賞経験があるのも納得の一杯に出会えるはず。

HonoluluBeerWorks

リサイクル素材を使って作られた店内は、いつ訪れてもリラックスムードの旅行者やロコたちで賑わう

◎ ホノルルビアワークス / Honolulu Beer Works
328 Cooke St., Honolulu
☎ 808-589-2337
▶ 営業時間:11:00am~10:00pm(金・土曜は~12:00am)
▶ 定休日:日曜

 

ワイキキで唯一の醸造ビール
ワイキキブルーイングカンパニー

WaikikiBrewingCompany

甘いオレンジピールとイチゴの風味が女子心をくすぐる「ハナ・ホウ・ヘフエ」(6.50ドル)

ワイキキの中心地から徒歩10分圏内で味わえるできたての地ビール。併設の「チーズバーガー・イン・パラダイス」の姉妹店ということもあり、ジューシーで熱々のハンバーガーを頬張りながらキンキンに冷えたフレッシュなビールを飲み干す瞬間は、まさにアメリカン!な醍醐味を堪能できるはず。

喉越しの良いピルスナー、苦味が利いた濃口のIPA、濃厚でアルコール度数も高いスタウトなど各ビールスタイルの真髄を貫いたクラシックなビール作りのほか、マウイ産のウォッカやラムと合わせたユニークなクラフトビール・カクテルなどツイストの利いたビールも揃え、世界中からワイキキを訪れる旅行者や近隣の住人たちの喉を潤している。

WaikikiBrewingCompany

◎ ワイキキブルーイングカンパニー / waikiki brewing co.
1945 Kalakaua Ave., Honolulu
☎ 808-946-6590
▶ 営業時間:11:00am~11:00pm(火・金・土曜は~12am)
▶ 定休日:無休

 

ビールは科学?
ビアラボハワイ

BeerLabHawaii

今、米本土で話題のサワービールはぜひトライ!

「ビール実験室」そんなネーミングが良く合う店内は、お洒落な理科実験室のような空間が広がる。店内奥には世界中から仕入れた麦の袋、作業棚にはビーカーや試験管、ガラス瓶がズラリと並び、ビール作りに欠かせない醸造用タンクがある。心がワクワクするような空間から日々個性豊かなオリジナル生ビールが生まれているというから、訪れる客は「今日は何ができた?」が合言葉のようだ。

5年かけて作り上げた何百通りにも及ぶビールのレシピを引っさげて2016年3月にオープン。人気のレシピからさらに少しずつ原料を入れ替え「日々進化するビール作り」と「新しいビールとの出会い」にビール好きなスタッフや人々で活気溢れる雰囲気はなんとも言えず新鮮なビールの楽しみ方だ。

BeerLabHawaii

毎日8種類のオリジナルビールが揃う。時々試験的に少量作られるスペシャルも見逃せない。フードメニューがないので、近隣のスーパーやレストランで買い出して、おつまみ持参で出向こう!

◎ ビアラボハワイ / BEER Lab hawaii
1010 University Ave., Honolulu
☎ 808-888-0913
▶ 営業時間:4:00pm~10:00pm(金曜は~12:00am、土曜は3:00pm~12:00am)
▶ 定休日:日・月曜

 

ワインバーのように愉しむ
ビレッジボトルショップ& テイスティング

VillageBttoleShopTesting

目盛りが付いたグラスでサンプルサイズの4オンスもしくは8オンスからオーダーしてみよう!

「シセロン(Ceceron)」と呼ばれるアメリカ公認ビアソムリエの資格があるのをご存知だろうか?「ビール」と言っても実に奥が深く、その銘柄は世界中で1万種類以上もあると言われ、アルコール度数や色、味に至るまで驚くほど多種多様である。原材料や醸造方法はもちろん、各種ビールの基礎知識を備えたハワイでも数少ないビールの「プロ」が営むビアカフェがここ。毎日16種類の生ビールと8種のワインを揃えたテイスティングカウンターにて、さまざまなビールを楽しむことができる。

ユニークなのは、ボトルや缶入りのビールも販売しているというスタイルだ。世界中から仕入れた400種類は揃っているというハワイ随一のビール銘柄は、ユニークさだけでなくクオリティーの高さを考慮して選りすぐりが揃う。シセロンに相談しながらお持ち帰りビールを滞在先で愉しんでみては。

VillageBottleShopTesting

他では見かけないハワイ地ビールが色々試せるよ!

◎ ビレッジボトルショップ&テイスティング / Village bottle shop & tasting
4614 Kilauea Ave., Honolulu
☎ 808-737-0303
▶ 営業時間:5:00pm~10:00pm
▶ 定休日:無休

 

クラフトビール90種以上
グロウラーUSA

GrowlerUSAカウンター席向かいの壁際にズラリと並ぶ生ビールのサーバーハンドルたち。生ビール好きなら見ただけでワクワクする圧巻の見栄えだ。

ハワイ店では、ハワイと西海岸を中心とした25前後のマイクロブルワリーから直接仕入れた90種以上の搾り立てビールが揃う。全米に点在するマイクロブルワリーの美味しいビールを一堂に楽しめるパブとしてオレゴンからスタート。今年8月に5号店となる同店がオープンした。

新鮮さを重視して、大量販売しないマイクロブルワリーからの仕入れは近隣からのみ。普段ボトルや缶売りしているビールを生で楽しめる新スポットとして注目されている。

GlowlerUSA

こちらにもアメリカ公認ビアソムリエが常駐。新しいビール選びを助けてくれる

◎ グロウラーUSA / Growler USA
449 Kapahulu Ave., #105, Honolulu
☎ 808-600-5869
▶ 営業時間:11:00am~10:00pm(金・土曜は~11:00pm)
▶ 定休日:無休

 

ハワイ産クラフトビールの醸造現場を見学
コナ・ブルワリーに潜入しました!

KokoMarinaPub

大きなビアタンクが特徴的な、コナ・ブルワリー。今では日本からも大人気の「ハワイ産ビール」となった

 
南国の太陽には、やっぱりビール。ハワイには、お馴染みの「ロングボード」を始め、ハワイ産のビールも豊富にあります。その製造現場を見学しつつ、今販売されているハワイ産ビールを徹底紹介します。

最近、レストランやスーパーでもよく目にするハワイ産ビール。日本でも大人気だそう。ビールは、バドワイザーなど世界的に大量生産されるビールに対して、ある地域で小規模生産されるビールを手工芸品(craft)に例え「クラフトビール」と呼ぶ。ハワイにも多くのクラフトビールがあり、なかでも、コナ・ブルワリー社はその代表。

KokoMarinPub1994年春、ハワイ島をこよなく愛するオレゴン州出身の親子が、アメリカ本土で製造されるビールに匹敵するハワイ産ビールを作ろうとしたのが始まり。ハワイ島カイルアコナにブルワリー(醸造所)がオープンしたのは95年2月。「パシフィック・ゴールデン・エール」(現在の「ビッグ・ウエーブ・ゴールデン・エール」)と「ファイアー・ロック・ペール・エール」が初めてハワイで出荷された。以降、ビール生産量は増加し、初年度に比較すると585%の生産量を誇る。

98年11月には、醸造所の隣に最初のレストラン「カイルア・コナ・パブ」が、2003年12月には、ハワイカイに2店目のレストラン「ココ・マリーナ・パブ」がオープンした。

現在では「ロングボード」を始めフラッグシップ・ビール3種、季節限定のビール2種が広く出荷されているのを始め、ビール10種を直営のパブやレストランで楽しめる。1本1本のビールには製造日が記されており、新鮮さを確かめられる。

03年、コナ・ブルワリー社は、ウィッドマー・ブラザーズ社と協力関係を結んだ。同社は、「バドワイザー」などで知られる米大手ビール製造会社。アンハイザー・ブッシュ社の流通システムを利用しており、そのシステムを活用することでコナ社の販売流通網は飛躍的に拡大した。

クラフトビール醸造所の規模としては、ハワイ州最大、07年の生産量では全米24位を誇る。05年には、全米ブルワリー協会より「最も成長しているビール・ブルワリー会社 第10位」に選ばれた。現在、年間31万ガロン以上、4千樽がハワイ全土に運ばれている。

KokoMarinPub

◎ ココマリーナ・パブ / Koko Marina Pub
オアフ島にも、コナ・ブルワリー直営のビアパブがあります
7192 Kalaniana’ole Hwy., Honolulu(ハワイカイ、ココマリーナ・ショッピング・センター内)
☎ 808-396-5662
▶ 営業時間:11:00am〜10:00pm
▶ Webサイト:konabrewingco.com

 

ハワイ産コナ・ビールができるまで

1. 原料の調達
ビールの大半を占める水は、火山岩を通し、ろ過された雨水が地下水となり、汲み上げられたハワイのピュアな水を使用。ほかにもビール作りには欠かせない上質の麦芽、太平洋北西部産の12種以上のバラエティー豊かなホップ(香味料)、ビール種ごとに異なるのイースト(酵母)などを用意。

2. Milling(麦芽を粉砕する)
KonaBrewingStep2貯蔵サイロからの麦芽を、粉砕する。ビールの色、味を決める麦芽の種類、量をコンピューター管理し、ビールのタイプに合わせブレンドしている。

3. Mashing(麦芽をすりつぶす)
KonaBrewingStep3粉砕された麦芽は「マッシュ」と呼ばれるお粥状になるまで熱湯と混ぜられる。熱を加え、攪拌することで、麦芽の天然スターチを、ビール作りに必要な発酵作用のある糖化液に変える。

4. Lautering(ロータリング2時間)
KonaBrewingStep4ろ過釜で、麦芽から取れた糖化液を分離、ろ過、麦汁を抽出させる作業。

5. Boiling (煮沸90分)
KonaBrewingStep5ろ過された麦汁は、煮沸作業にかけられる。煮沸中、加えられるホップは、ビールに好みの苦味と香りを生み出し、防腐作用、濁りをなくす効果も果たしている。

6. Whirlpool (浄化45分)& Heat Exchanger(温度調節30分)
煮沸作業後、麦汁はウィールプールのタンクに移され、たんぱく質やホップ片除去など、更なる浄化が行われる。浄化作業後の麦汁はヒート・エクスチェンジャーに移され、煮沸時での温度から特定の発酵用の温度に下げていく。エール種の発酵温度は華氏68度(摂氏20度)、ラガー種は華氏54度(摂氏12度)。

7. Fermentation & Conditioning(発酵&品質調整&熟成2週間~)
KonaBrewingStep7冷却された麦汁は、発酵機内でイースト(酵母)と混ぜられる(ピッチング作業)。すると、酵母が自然発酵し、アルコールが生み出され、最終的には新鮮なビールができる。醸造工程は温度調節などすべてがコンピューター管理されており、品質維持のため、毎日スタッフによる試飲チェックも行われる。発酵作業後、ビールは華氏36度まで冷却され、各貯蔵タンクでまろやかさを増すために熟成させる。ほとんどのビールが2~6週間ででき上がるが、なかには半年以上かかるものもある。

◎ コナ・ブルワリー(ビール醸造所)ツアー / Kona Brewing Company, Kona Pub & Brewery
無料で、毎日午前10時30分と午後3時の2回、各ツアーの定員は15名で、参加資格は15歳以上。人数に限りがあり、コナ・パブ・レストラン店内でツアー予約が必要。
パブ・レストランでは、コナ・ビール各種、自家製グルメ・ピザ、ププ(おつまみ)、サンドイッチ、サラダ、デザートを提供、子供用メニューもある。
75-5629 Kuakini Hwy., Kailua Kona(ハワイ島)
☎ 808-334-BREW(2739)
▶ 営業時間:日〜木 11:00am〜9:00pm、金・土 11:00am〜10:00pm
▶ Webサイト:konabrewingco.com/brewery/
※写真はすべてコナ・ブルワリー社提供

 

ハワイ産ビールの基礎知識

ビールによって風味は千差万別
味の基本を知ろう

世界のビールは、発祥の地により、エール系(主にイギリス)、ラガー系(主にドイツ・チェコ)、ハイブリッド系(エール、ラガーの混合など)、ベルギー系、アメリカクラフト系の大きく5種類に分類される。

さらにそれぞれのビールは、ABV(アルコール度数)、IBU(ビールの苦味の数値で、大きいほど苦い)、SRM(ビールの色度数の単位で、大きいほうが濃い)などで選別される。

まず知っておきたい代表的なクラフトビール5種類は、以下の通り。

1. ピルスナー / Pilsner
(1杯目向き/苦み:中3 香り:弱1)
黄金色、程よいホップの香り、のどごし爽やか。苦味のキレも抜群、ライトで飲みやすい。日本の大手ビールの代表的なビールもこのタイプ。

2. ペールエール / Pale Ale
(1〜2杯目向き/苦み:強め4/香り:強め4)
ピルスナーの次におすすめ。柑橘系の、草原をイメージするような香り、しっかりとした苦み、たっぷり使用された麦芽の甘み(コク)があり、濃密な味わい。

ペールエールの兄弟のような存在に、「アンバーエール」があり、琥珀色の、ペールエールより香りは穏やか、焦がした麦の風味(黒ビールの要素)が少し加わったタイプ。香りが強すぎない分、食事に合わせやすい。

3. アイピーエー / IPA(India Pale Ale)
(2杯目〜最後の〆の1杯向き/苦味:かなり強5/香り:かなり強5)
ペールエールの兄弟だが、苦み、アルコール、ボディ、香りをそれぞれパワーアップ、ビール愛飲家に人気のスタイル。ホップの苦味が強く、柑橘系の華やかな香りがする。ボディの色も濃い。

4. ヴァイツェン / Weizen
(1杯目向き/苦味:弱1 香り:強5)
ドイツ語で「小麦」の意味で、通常、ビールは大麦から作られるのに対し、原料の50%以上が小麦。白く濁り、苦味がほとんどなく、南国のフルーツ(バナナ、マンゴーなど)系の香りがするのが特徴。

5. スタウト / Stout
(最後の〆の1杯向き/苦味:普通3/香り:普通3)
丁寧に焙煎された麦芽の色(黒)、香り、味わい。コクがあるのにすっきり、コーヒーに近い苦味、ドライで飲みやすい。ギネスが有名。 スタウトの兄弟のような存在に、「ポーター」があり、風味は似ている。ただ、スタウトよりもアルコール度数が低く、ソフトな味わいだ。

BeerMatrixChart

 

ロコビールをハワイのお土産に

ビッグアイランド・ブリューハウス

ハワイ島発、ビッグアイランド・ブリューハウスの「ホーリー・ハムラスIPA」(8.99ドル)100%アメリカン・ホップを使ったスペシャルブレンドは甘美で爽やかな独特の香り

ビッグアイランド・ブリューハウス

ハワイ島発、ビッグアイランド・ブリューハウスの「ゴールデン・サバス」(10.99ドル)ベルギースタイルのゴールデンエールは特別なベルギー産イーストとハワイ産ハニーのコラボ

ラニカイ・ブルーイングCo.

オアフ島カイルア発、ラニカイ・ブルーイングCo.の「モク・インペリアルIPA」(10.99ドル)ピカケ(ハワイアン・ジャスミン)の花の香りがハワイならではで女性ファンが多い

ラニカイ・ブルーイングCo.

オアフ島カイルア発、ラニカイ・ブルーイングCo.の「ピルボックス・ポーター」(10.99ドル)ハワイアン&タヒチアン・バニラとチョコレート、キャラメルの濃厚な風味が人気

ワイキキ・ブルーイングCo.

オアフ島ワイキキ発、ワイキキ・ブルーイングCo.の「ハナ・ホウ・へフェ」(3ドル)ドイツ産ホップを使った伝統的なヨーロピアンスタイルがベースのフルーティーな味わい

マウイ・ブルーイングCo.

マウイ島発、マウイ・ブルーイングCo.の「ブラッド・オレンジ・ロレンジーニ」(3ドル)インド・ペール・エールをハワイ産のシトラスとブラッドオレンジジュースで醸造した限定品

 
(’Eheu Winter 2017号、Lighthouse Hawaii 2013年10月1日号掲載)

「おすすめグルメ・レストラン」のコンテンツ