ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

ハワイ州観光局、「WEAR ALOHA, SAVE ALOHA.」第二弾 BAYFLOWとコラボ開始 〜ハワイ在住の人気アーティストが「海を中心とする環境問題」をテーマにデザイン〜

ハワイ州観光局は、自然環境を保全することの大切さを伝えるメッセージをアロハシャツに込めて発信する「WEAR ALOHA, SAVE ALOHA.」プロジェクトの第二弾を、5月21日(金)よりBAYFLOW(ベイフロー)と開始します。

「WEAR ALOHA, SAVE ALOHA.」プロジェクト 特設サイト:https://www.allhawaii.jp/wasa/

「WEAR ALOHA, SAVE ALOHA.」プロジェクトは、アロハシャツを通じて、環境保全の大切さを身近な問題として捉え、意識を高めてもらうきっかけになることを願い、夏に向けて日本のアパレルブランドと手を組みサステナブルなアロハシャツを共同開発するプロジェクトです。プロジェクト第二弾では、海辺のライフスタイルを提案するライフスタイルブランドBAYFLOWとサステナブルなアロハシャツとショーツを共同開発しました。「海を中心とする環境問題」をテーマに、ハワイ在住アーティストがデザインした絵柄が使用され、生地は化学物質を使わず、環境に配慮して栽培された綿花から作られたエシカルな素材『COTTON USA』を採用しました。アロハシャツは、本日よりBAYFLOW(吉祥寺店、川口店(6月上旬OPEN予定))にて、5月22日(土)の正午より、BAYFLOW公式WEBストア.st (ドットエスティ) にて限定販売されます。

「WEAR ALOHA, SAVE ALOHA.」プロジェクト第二弾
BAYFLOWとのコラボでは、「海を中心とする環境問題」を共通テーマに、サンゴの白化問題に目を向けたデザインと、山や大地を流れる水が循環する様子を表現したデザインの2種類の絵柄が使用されています。生地は、安定した品質と厳格な規制をクリアした原料として『COTTON USA』マークが添付されたアメリカ産の綿です。繊維が長く強度のある性質に加えて、サステナブル(持続可能)な農法で綿花を栽培している、環境に配慮したコットンです。

【WOODEN WAVE(ウッデン・ウェーブ)のデザインコンセプト】
〜肌だけでなく、海にも優しい選択を。日焼け止めからサンゴを守ろう。〜
魚、鳥、人間たちが共生する豊かなハワイの海がデザインされている中で、白化したサンゴの姿を描くことによって、海の生き物と環境を守ろうというメッセージが込められています。今ハワイが抱える大きな環境課題のひとつに、サンゴの白化問題があります。その原因のひとつが、日焼け止めと言われています。私たち人間の皮膚から海へ流れ出る日焼け止めは年間4,000~6,000トンにものぼり、その一部に含まれる有害成分(オキシベンゾンやオクチノキサート)がサンゴに悪影響を与えていると言われています。ハワイ州では、2021年1月1日から、サンゴに悪影響を与える有害成分を含んだ日焼け止めの販売が法律で禁止されています。ハワイでは、有害成分を含ままないサンゴにも人にもやさしく安全であることを意味する「Reef Safe」と表示された日焼け止めが販売されています。

【WOODEN WAVEからのメッセージ】
ハワイ在住の私たちにとって、アロハウェアをデザインすることはとても名誉なことです。また、サンゴの状態をめぐる問題や、「ReefSafe」ではない日焼け止めがいかに海洋環境に悪影響を及ぼすかということを認識してもらうことも非常に重要です。ここハワイでは、日本の文化をとても尊重していますし、海はどちらの文化にとっても非常に大切な資源です。いつまでも自然豊かなハワイでの滞在を楽しんでいただきたいのと同時に、美しいサンゴにアロハの思いやりの精神を持って温かく見守ってほしいと思っています。Mahalo!

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

アラモアナセンター、10月1日から毎日のフラショーを再開

2022.09.30

ハワイ最大のオープンエア・ショッピングセンターであるアラモアナセンターは、毎日開催するフラショーの再開を発表いたしました。2022年10月1日(土)より、センターステージにて毎日午後5時から20分間、...

「神座(カムクラ)ラーメン」が海外1号店をアラモアナセンターにオープン!

2022.09.29

<編集部がリポート!ハワイ最新トピックス> 大阪の道頓堀で1986年に、わずか9席からスタートした「神座(カムクラ)ラーメン」。フレンチレストランのシェフが考案した独特のスープが大人気で、日本全国に9...