ハワイ現地発!最新生活情報&おすすめ観光情報サイト

ハワイに新型コロナウイルスの最初のワクチンが到着

 

クイーン・メディカル・センターに今日12月14日、新型コロナウイルスの最初のワクチンが到着しました。

明日にもフロントラインで活動する人たちへの接種が始まります。

 

以下は、1210日にイゲ知事は発表した州の新型コロナウイルスワクチンの新たな接種計画です。

 

ハワイ州保健局は、連邦のパートナー、ハワイナショナルガード、ハワイヘルスケア協会、および医療提供者と緊密に連携し、COVID-19ワクチンの最初の出荷を受け取る調整をしています。

 

ハワイは下記を受取ります

ファイザーワクチンの46,000回接種分の最初の4,875回接種分は来週初めに受け取る予定です

Modernaワクチンの36,000回接種(承認待ち)

追加のワクチン供給は2021年の前半に受け取れる予想です。

 

ファイザーワクチンとモデルナワクチンはどちらも2回接種が必要です。 2回目の投与は、1回目の投与した商品と一致する必要があります。ファイザーワクチンの2回目の接種は、最初の接種から21日以上後に投与する必要がありますが、モデルナワクチンは、最初の接種から少なくとも28日後に投与する必要があります。最初に受け取った分の投与に続き、州は追加の供給を注文することができます。

今月は、次の段階の81,000人のリスクの高い人からPfizer-BioNTechCOVID-19ワクチンが接種されます

 

Phase 1a必要不可欠な医療従事者)直接の患者の看護、輸送、環境サービス、およびその他の医療施設サービスを提供する医療従事者と長期集合医療施設の居住者とスタッフ。必要不可欠な医療従事者は州全体に置かれる接種ポイント(ポイント・オブ・ディスペンシング、PODsで予防接種を受け、長期介護施設の医療従事者はWalgreensおよびCVSとの連邦パートナーシップを通じて予防接種を受けます。

 

Phase 1b必要不可欠職種従事者 (エッセンシャル・ワーカー)と緊急対応要員(ファースト・レスポンダー)

 

Phase 1c65歳以上の成人および高リスクの病状のある成人

注:CDCの予防接種実施諮問委員会(ACIP)は、これから接種対象を案内します。これによって優先順位の変更につながる可能性があります。

 

居住者は、全員がワクチンにアクセスできるようになるまで、マスクを着用し、距離を置き続けることが勧められます。

 

※FDAによるワクチン接種の緊急使用許可に関する情報は、https://www.pfizer.com/newsでご覧いただけます。

ライトハウス・ハワイのおすすめ記事

日本入国時の水際措置の自宅等待機期間が7日に

2022.01.28

入国後の自宅等待機期間等の変更(10日→7日)  全ての国・地域からの帰国者・入国者に求めている入国後の自宅等待機、健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間は、これまでの10日間から7日間に変更さ...

アラモアナセンター、2022年の旧正月を祝う特別イベントプロモーション詳細を発表

2022.01.21

ハワイ州ホノルル – アラモアナセンターでは、1 月 28 日(金)から2月1 日(火)までの5日間、寅年の到来を祝して旧正月(チャイニーズ・ニューイヤー)のイベント及びプロモーションを開...