11月16日号の特集は、ホノルルマラソン40年分のエピソード

ハワイではお馴染みのイベントとなった「JALホノルルマラソン」。
今年の大会は、40回記念大会となります。そこで、ライトハウスでは、
これまでの歴史を振り返ると共に、ホノルルマラソンで生まれたエピソードを
集めてみました。
民間組織であるホノルルマラソン協会の事務局にもお邪魔し、会長と2人の副会長に
これまでの想い出を語っていただきました。ジム・バラハル会長には、医師業で多忙の中、「私の転機」にもご出演いただいています。
州や公共機関が関わらず、ここまで大きくなったマラソン大会は、世界的に見ても
珍しいです。毎年3万人規模のマラソン大会を開くには、たくさんの苦労がありました。
そんなエピソードを取材しています。
ぜひご覧ください。
 

なお、JALホノルルマラソンへのエントリーは、まだ間に合います。
www.honolulumarathon.org/
ぜひ特集を読まれてから、完走を目指し参加してみてください。
(編集長・岩瀬英介)
 

 

「スペシャル」のコンテンツ