TAK MATSUMOTO and DANIEL HO 1夜特別コンサート At ブルーノート・ハワイ

2017.01.30

2017年1月27日 - ブルーノート・ハワイは、世界のトップアーティスト のためにオープンしたハワイ州最高の会場です。2017年3月19日、TAK MATSUMOTOとダニエル・ホーの特別イベントを一夜限り開催!チケットは現在好評発売中。

【公演概要】
Tak Matsumoto and Daniel Ho
日時:2017年3月19日(日)
日時:Blue Note Hawaii
チケット価格: $65(プレミアムシート), $55(ロッジシート) & $45(バー,立ち見席エリア)
公演時間: 6:30 pm (Doors open 5 pm) & 9 pm (Doors open 8:30 pm)

B’zのギタリスト=松本孝弘が、ハワイ出身・ロサンゼルス在住のマルチ・ミュージシャン=ダニエル・ホーとコラボレーションを繰り広げる。2011年にポップス部門として日本人初グラミー賞を受賞した松本孝弘と、過去に6度の受賞を誇るダニエル・ホー、まさにグラミー・ウィナー夢の共演!新境地を開き続ける松本・ダニエルふたりの音楽世界を、クラブならではの至近距離で満喫したい。

About Tak Matsumoto 〜Tak Matsumotoについて〜

松本孝弘はGRAMMY®賞を受賞した日本のギタリスト、プロデューサー、アレンジャー、作曲家、歌手、ソングライター。ハードロックデュオB’zのギタリストとリードコンポーザーであることに加え、ソロとしても素晴らしいキャリアをお持ちです。

高校入学直後にギターを弾き始め、在学時から音楽コンテスト、学校祭などの会場に多数出演。 多くのミュージシャンのためのスタジオワークに参加し、セッションギタリストとしてのプロとしてのキャリアをスタートさせました。 1988年5月、サポートギタリストとして活動していましたが、最初のソロアルバムをリリースした直後、 バンドB’zを結成し同年9月にデビュー。

1999年6月、ギブソン社から日本人初の「シグネチャー・アーティスト」に選ばれ、レスポールのシグネチャーモデルが発売。世界で5番目の人物としてこの名誉を授与されました。

2004年には、新プロジェクトであるTMG(Tak Matsumoto Group)を設立 。 同年、ギタリストやストリングスミュージシャンの発掘を重視した自身のレーベル “House of Strings”も設立。 以前東京都交響楽団と共に演奏したスタジオで再びレコーディングし、レーベル名と同名であるCD “House of Strings”をリリース。
2010年、B’zのツアー「Is not No Magic」の後、ギタリストLarry Carltonとの共作 「Take Your Pick」をリリースしました。「Take Your Pick」は2011年 GRAMMY®賞9部門でノミネートされBest Pop Instrumental Album賞を受賞。

About Daniel Ho〜Daniel Hoについて〜

ダニエル・ホーは、ホノルルで生まれロサンゼルスの喧騒の中で育ちました。音楽家、プロデューサー、シンガーソングライター、アレンジャー、作曲家、エンジニア、レコード会社のオーナーとして長年にわたって活動してきました。これまでに “Best Hawaiian Music Album,” “Best Pop Instrumental Album,” “Best World Music Album”の部門で、6回グラミー賞を受賞しています。

ホーは 幼少期から音楽的才能に溢れ、 彼の最初の楽器はオルガンとウクレレでした。その後クラシックギター、ピアノ、エレクトリックギター、ベース、ドラム、声楽を学びました。 彼の音楽への情熱は、作曲、アレンジ、映画のスコアリングと多岐にわたり、ロスアンゼルスのGrove School of Music で本格的に音楽を学びました。 1990年に設立された現代的なジャズ・グループ、Kilaueaの指揮者、鍵盤奏者、作曲家、プロデューサーとしてプロのキャリアをスタートさせ、1997年には6つのチャートトッピング・アルバムをリリースし、そのうち2つはBillboardのジャズ・チャートトップ10入りを果たしました。

1998年、ホーはレコードレーベルの立ち上げを目指し、Daniel Ho Creationsを立ち上げる。Daniel Ho Creationsからはhimeni(ハワイ聖歌)、フラ、 ウクレレ、そしてスラック・キー・ギターを特集した共同プロジェクトに徐々に成長していきました。 これまで Daniel Ho Creationsは、主にハワイでのローカルアーティストを中心に、ハワイアンをテーマにしたCDを80作以上リリース。ホーはナホクハナハノ賞3点、ハワイ音楽賞15点など、数多くのハワイ音楽業界の称賛を受けています。

ホーは米国、日本、韓国、台湾、ヨーロッパ、オーストラリアでも活躍。 彼は米国大使館の文化大使を務め、 ホノルル・シンフォニーでは Peabo Bryson(GRAMMY®賞受賞ボーカリスト)のキーボーディスト、そしてギタリストとして活躍。また、 スタンフォード大学と東京大学でゲスト講師を務めたのち、音楽本を計9つ執筆。YAMAHA Guitarsの講師 としてツアーを行った。 また、2008年の長編映画「寝取られ男のラブ・バカンス 」では挿入歌である 「Nothing Compares 2 U」(Price)のハワイ語のカバーを担当しました。

ホーのオリジナル曲「パイナップルマンゴー(ザ・ブレックファスト・ソング)」 は未だ人気を博し、Youtube等で世界中のウクレレ愛好家によってカバーされています。 ホーのカスタムKoAloha D-VIテナーのウクレレはGRAMMY®Museumに展示され、 Tiny TenorとXS Sopranoのウクレレのデザインで世界的に有名なLuthier Pepe Romeroともコラボレーションしています。

近年では、2014年LuisContéとWu Manとの共作アルバム「Our World In Song(An Odyssey of Musical Treasures)」が、 GRAMMY® World Music部門にノミネートされました。 ホーはYAMAHAのギタリストであるKoAlohaとRomero Creationsが作ったウクレレを使用しています。

「ニュース」のコンテンツ