博文堂ワードセンター店で読み聞かせイベントとローレン・ロスのサイン会

2016.11.07

hakubundo

1910年創業の老舗『博文堂』は、長年ハワイの日系コミュニティーに愛され続けてきた日本の書籍と文房具の専門店。このたび博文堂では2015年11月にオープンしたワードセンター店のオープン1周年を記念して、2016年11月20日(日)に子供向け絵本の日英両語読み聞かせイベントと現在ハワイで最も注目されるアーティストの一人、ローレン・ロスのサイン会、2つのイベントを開催する。

 

lauren-roth

 子供向け絵本の日英両語読み聞かせは午前11時〜正午12時まで、ワードウエアハウスの屋外ステージにて開催。日本語の読み聞かせを担当するのは、FMラジオ局のDJや数々のイベントの司会、ボイスオーバーなどで活躍するDJチカピン。英語の読み聞かせは、コアロハウクレレ創始者でミュージシャンのアルヴィン・オカミが担当。オカミは自身の半生を綴った短編映画で、全編を通し語り部としてナレーションを行なった経験を持つ。英語も日本語も情感たっぷりの読み聞かせで、会場の子供達を楽しませてくれるだろう。

 

alvin-okami

 読み聞かせの会場では他にも、中古の絵本を持ち寄って交換したり、家族で読書をする習慣を奨励する非営利団体『Read Aloud America』に中古の本を寄付するブック・スワップも開催。ブック・スワップの参加者には風船が渡されるが、当日その風船を博文堂ワードセンター店へ持って行くと、博文堂オリジナルのトートバッグとオリジナルの2017年卓上カレンダーが進呈される。

またローレン・ロス(mynameislauren.com)のサイン会は同日午後1時〜3時まで、博文堂ワードセンター店内にて行なわれる。ホールフーズマーケットのグラフィックアーティストとして活躍した経歴を持つローレン・ロスは、2009年にオアフ島のカイルアに移住以来、ラニカイジュースやハワイのノードストロームなど、数多くの企業デザインを手がけてきた。オリジナルデザインをあしらった雑貨や本などがハワイだけでなく米本土や日本など、海外でも人気が高まっている注目度の高いアーティストだ。博文堂では、ローレン・ロスとコラボしたオリジナルのトートバッグの他、ポストカードやポーチなどを販売。いまやハワイを代表する人気アーティストと、間近で会えるチャンスだ。

さらに11月18日(金)〜20日(日)には、博文堂ワードセンター店、及びワードウエアハウス店の両店で全商品30%オフの1周年記念キャンペーンも行なわれる。スタイリッシュで明るい雰囲気の博文堂ワードセンター店では、日本の書籍や雑誌をはじめ、洋書、クオリティーの高い文房具や、ハワイ土産にも最適なギフト商品などを数多く取り揃えている。ローカルの若者達にも人気の、日本のマンガの英語版やキャラクターグッズなども豊富だ。
店名: 博文堂  Hakubundo, Inc.
◎ワードセンター店
住所: ワードセンター1階 アウアヒ通りバス停前 1200 Ala Moana Blvd., #649, Honolulu, HI
電話番号:(808)947-5503
営業時間:(月〜土) 10:00 ~ 21:00、(日)10:00〜18:00

◎ワードウエアハウス店
住所: ワードウエアハウス1階 1050 Ala Moana Blvd., #1270, Honolulu, HI
電話番号:(808)591-2134
営業時間:(月〜土) 10:00 ~ 21:00、(日)10:00〜18:00

ウェブサイト:www.hakubundo.com

「ニュース」のコンテンツ