“ロック・ア・フラ®”ショーに新キャストが登場!

2015.04.22

ワイキキの中心部にあるロイヤルハワイアンシアターを居とするオリジナル・ライブ・トリビュートショー“ロック・ア・フラ®”ショーに、新たにマイケル・ジャクソンのトリビュートアーティスト、J. ルーカスとレディー・ガガのトリビュートアーティスト、ティアーニー・アレンが仲間入りしました。

サウスカロライナ州エイキン出身のJ. ルーカスは、幼い頃マイケル・ジャクソンの滑らかな歌声とダンスに強く魅せられました。ジャクソンのプロモーションビデオにダンサーとして何度も参加したL.A.の振り付け師リサ・ケロッグの元でダンスを学び、ロイヤル・カリビアンクルーズ船でダンサーとして働いた後、マイケル・ジャクソンのトリビュートアーティストとして世界中を巡るように。

「パフォーマンスにかける僕の愛と情熱は、マイケルの素晴らしさが多いに影響しています。僕が演じるマイケル・ジャクソンを見た観客の皆さんに、少しでも彼の素晴らしさを感じていただけたらと思います」とルーカスは語る。「ポップミュージックの神様のファンの前で、毎晩舞台に立てる機会を頂いて大変光栄です」

 

一方アレンも子どもの頃から音楽が大好きで、数々の賞に輝くパフォーミングアートの学校でバイオリン、ダンス、声楽を学びました。彼女が真のキャリアを見つけたのは、2009年にレディ・ガガに間違われたことがきっかけ。

体重も背の高さも年齢さえもマザーモンスターと一緒というアレン。「最もレディ・ガガに似ている」とラスベガスで称されたアレンは、現在“ロック・ア・フラ®”ショーのトリビュートアーティストとして活躍中です。

「年が経つほどに、マザーモンスターと彼女のパフォーマンスへの愛が深まります」とアレンは言う。「レディ・ガガのスピリットをワイキキで披露できるのは最高です。観客の皆さんにも彼女の音楽を好きになっていただければ幸いです」

 

“ロック・ア・フラ®”ショーは、ハワイ出身のジョニー・フォーチュノが演じるエルビス・プレスリーをはじめ、有名なロックミュージシャンのトリビュートアーティストによる迫力のライブコンサートが楽しめます。

これら世界クラスのアーティストに加え、タヒチアン・ファイヤーナイフダンサーのチャンピオンやハワイ、ポリネシアの伝統的な音楽やダンスがステージに華を添えます。

ダイニングパッケージは各種用意され、星空の下で楽しむルアウビュッフェ&ショーは大人料金$105、ステージサイドのVIPディナー&ショーは大人料金$145、究極のセレブ体験が楽しめるグリーンルームディナー&ショーは大人料金$185。カクテルショーは大人料金$65。子供料金やカマアイナ料金もあり。全てのパッケージで、ショーの始まる夜8時まではプレミアムドリンクを、ショーの後にキャストとのミート&グリートで記念写真の機会があります。

“ロック・ア・フラ®”ショーは、火曜日〜日曜日まで毎晩営業。シアターのあるロイヤルハワイアンセンターはワイキキの主要ホテルから徒歩で行ける距離にあり、車の場合も“ロック・ア・フラ®”ショーのバリデーションがあればロイヤルハワイアンセンター駐車場に割引料金で駐車できます。“ロック・ア・フラ®”ショーの予約や詳細は、電話番号(808)629-7469、またはウェブサイト www.rockahulahawaii.com/jp/、フェイスブック(/rockahulaJP)ツイッター(@RockAHulaHI)、インスタグラム(@RockAHulaHI)で。

 

rockahula rockahula2

Booking.com

「イベント」のコンテンツ