『WAIKIKI YOKOCHO(ワイキキ横丁名店街)』 2016年7月にオープン!

2015.09.25

先日オープンしたばかりのルーフトップラウンジ“スカイ•ワイキキ”やリニューアルオープンしたばかりの回転展望レストラン“トップオブワイキキ”をはじめ、人気店が多く集まるワイキキ•ショッピングプラザは、このほど、日本の食文化を代表する名店を集めて昔ながらの横丁を取り入れた飲食店街『WAIKIKI YOKOCHO(ワイキキ横丁名店街)』を2016年7月にオープンすると発表しました。

 

『WAIKIKI YOKOCHO(ワイキキ横丁名店街)』は、「桜小路」、桜小路からつながる「カフェ&バー」、「ラーメン街道」の3つのゾーンで構成され、ハワイで余暇を楽しむアメリカ本土からの観光客、日本からの観光客、地元住民などをターゲットに、多様なシーンに対応できる空間を提供します。

日本の人気店・実力店を集め、日本の食の魅力と空間を発信。日本固有の伝統文化である「横丁」を再現することで、人々のふれあいと、回遊する楽しさのある空間を創り出します。

このようなコンセプトを取り入れた飲食店街は、世界で初めてとなります。

 

「桜小路」は、京都の町家の意匠を意識した日本を感じる事のできる小路。連ねた名店を気軽にハシゴして楽しめるように入口を解放し、会話の生まれる“屋台カウンター”を積極的に設けて、食も出会いも楽しめる空間を提供します。

「カフェ&バー」は、日本のかつての茶屋を意識し、ゆったりとお茶を楽しめる空間を提供。また、簡単な朝食から、日本食を楽しんだ後の「一杯」までを楽しめるバーカウンターを設置。日本酒や日本のウイスキーの解説を聞きながら気軽に楽しめるのがポイントです。

「ラーメン街道」は、かつて栄えた江戸時代に意匠を意識した日本のラーメンの集積地。日本の選りすぐりのラーメンが食べられ、最新のラーメンについて情報を発信する場となります。

 

『WAIKIKI YOKOCHO(ワイキキ横丁名店街)』がオープンするワイキキ•ショッピングプラザは、観光客を中心にたくさんの人が通るカラカウア通りに面していて、ワイキキのまさに中心地に位置する。今後はここを中心に、様々な日本の文化を海外へと発信していくことになるだろう。また外国人観光客だけでなく、ハワイや海外に住む日本人や日本人観光客にとっても新たなスポットとしても人気が出るはずだ。

【計画概要】

計画名称:WAIKIKI YOKOCHO (ワイキキ横丁名店街)

所在地:ワイキキ•ショッピングプラザB1階/2250 カラカウア アベニュー

事業主:Waikiki Yokocho LLC

企画運営会社:PJ Select LLC

デザイン会社:街制作室株式会社、株式会社スパイスワークス、ワンダーラストプラス

床面積:2,145.84㎡ /649.12坪(23,073.4sq.ft)

予定区画数:16区画

開業予定日:2016年7月

公式ホームページ:waikiki-yokocho.com

ワイキキ•ショッピングプラザ ホームページ:waikikishoppingplaza-jp.com

フェイスブック日本語:

www.facebook.com/pages/ワイキキ-ショッピングプラザ/1598405707102649

 

Yokocho-Common-space-to-restarant

YokochoEntrance

Ramen-1 YokochoRamen-2

「ニュース」のコンテンツ