4/24 ジェイク・シマブクロ、由紀さおりとのコラボCDを発売

4.24 Grand Ukulele Japan Release

5月4日の神戸朝日ホールを皮切りに、全13公演の日本ツアーをスタートさせるジェイク・シマブクロ。同ツアーに先駆けて、4月24日水曜日には、日本盤『グランド・ウクレレ』(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)が、日本限定特別仕様で発売されます。既発のアメリカ盤収録曲12曲に加えて、スペシャル企画として、海外へと活動の場を広げる世界的ヴォーカリスト、由紀さおりとのコラボレーションが実現!

2人がコラボレーションした曲は、もともとジェイクが2008年に発表したウクレレによるオリジナル曲「一期一会」に日本語詞をのせた「一期一会〜ONE WISH 」。
ジェイクは、美しく透明感のある由紀さんの歌声に魅了されただけでなく、日本の歌謡曲の魅力を世界に認めさせた由紀さんの功績を知り、そのアーティスト・マインドに深く感動し共感。そこから今回のコラボレーションが実現しました。
「由紀さんは誰もが知っていて沢山のリスペクトを集めているし、本当に素晴らしいキャリアを築いた方だから、言葉では説明できないくらいの感動があった。この経験はまさに『一期一会』だった」とジェイク。

日本語歌詞は、Superfly「愛をこめて花束を」、少女時代「PAPARAZZI」などジャンルを問わず数多くのヒット曲を手掛ける作詞家・音楽プロデューサーのいしわたり淳治が担当。
サブタイトルにある“One Wish”は、歌詞でも歌われる「願うこと」というフレーズを象徴し付けられたもので、新しい命との出会い、そしてその出会いに対しての喜びなどが表現され、未来に向かって普遍的な愛の思いが込められています。

【一期一会~ONE WISH / ジェイク・シマブクロ meets由紀さおり】
作曲:ジェイク・シマブクロ
日本語詞:いしわたり淳治

赤い夕陽浴びて 煌めく波に見蕩れて
ふと瞳を閉じれば 喜びの涙が頬伝う
生まれ来る命よ

白い砂に付いたここまで続く足跡
いま振り返れば 曲がりくねった道のりを想う
巡り会う奇跡よ

何も持たずに生まれて来る君を
強い愛で守りたい
何も知らずに生まれて来る君に
愛の意味を教えてあげたい

暮れてゆく空の彼方 流れ星が願いを急かしても
もう願うことは 君の倖せひとつしかない

穢れを知らずに生まれて来る君に
世界は輝いている
力を持たずに生まれて来る君を
強い愛で守りたい 強い愛で守りたい
ずっと愛で守り続けたい

アメリカ公式サイト:www.jakeshimabukuro.com 
日本公式サイト:www.jklub.jp

Booking.com

「耳寄り情報」のコンテンツ