聖地クカニロコとバースストーン

ハワイのパワースポット:バースストーン(クカニロコ)

王族出産の聖地、クカニロコ。かつて、ここから先は、王族しか立ち入りを許されていなかった

「大地のおへそ」と繋つながり新たな自分に生まれ変わる

大陸から遠く離れ、清らかな空気と水に囲まれている、楽園ハワイ。豊かな自然の中で素朴な暮らしを営み、直感力に優れていたハワイの人々は、野山や草木に宿るエネルギー「マナ」を身近に感じ、大切にしてきました。なかでも世を治める王族は、パワフルなマナと繋がる場所を聖地とし、そこで世継ぎの誕生を迎え、祝いました。今回は、オアフ島中央にある王族出産の聖地、クカニロコを訪ねましょう。

雨模様が続く冬のハワイ。久しぶりに晴れ渡った青空を見上げた瞬間、爽やかな風の中にふと春の匂いを感じて、そう言えば、オアフ島中央の高原の町、ワヒアワに緋寒桜が咲き始めたと耳にしたのを思い出しました。ワヒアワの北に広がる大平原には、その昔、王の世継ぎが産み落とされた聖地クカニロコがあり、心身のパワーチャージに絶好の場所。さっそくお花見を兼ねて、癒しのドライブへ出かけることにしました。

木立

夕方になると、ユーカリの木立ちの中に夕陽が入り、ダイヤモンドのような輝きを放つ。

ホノルルから西へ向かい、島の中央へアクセスするH2フリーウェイへ。終点から一つ手前の出口を出て道なりに進むと、ワヒアワの中心街へ入ってきました。郷愁溢れるワヒアワは、プランテーション時代に栄えた町。楽園を夢見てやってきた移民たちが、過酷な労働の末、祖国に帰れぬまま、ここで生き抜き、次の世代へ命をつないでいった、切なくも逞しい人間模様の紡がれた町です。カリフォルニア・アベニューへ右折すると、行く手に満開の桜が…。紅梅に似た緋寒桜は、可憐で慎ましく、奥にはプランテーション時代を偲ばせる民家が楚々とした佇まいを見せています。こうした桜があるのは、日系移民のお宅なのだとか。帰れぬ故郷を想い、一目桜が観たいとここに桜を植えた人々の思いはどのようなものだったでしょう。
 

王族出産の聖地へ

バーンストーン

王族の世継ぎが産み落とされたバースストーン。背後には、陣痛を和らげ、リラックス効果をもたらすユーカリの木立ちがそびえ、爽やかな香りが一帯に漂う。

ワヒアワの町並みを抜けて橋を渡ると、一面地平線が広がる大平原が見えてきました。左手の草原にこんもりと木立ちがそびえる場所が聖地クカニロコ。ハワイの人々が「大地のおへそ」…命の源と繋がるポイントと信じてきた、神聖な場所です。

主宰するヒーリングツアー「6つの聖地と秘境をめぐる楽園癒しの旅」で、仕上げのセッションをするのもこのスポット。草地に入り、赤土の小径を歩いて行くと、なんとも言えず清々しい空気が辺り一帯に流れているのを感じます。小径の先に視界が開け、聖なる木立ちを目前に望む草原までやってくると、聖域の扉を表すような巨岩が2つ。その先には、世継ぎの出産に立ち会うため随行した王族男性36人を象った岩が左右に並び、あたかも聖なる場所へと誘う参道のようです。ゆっくりと進み、2本のヤシの木が並ぶ鳥居のようなアーチの前で、この地の精霊にご挨拶。心を整え、静粛な気持ちで中へ足を踏み入れていきます。

虹

夕暮れ時には雨が降り、美しい虹が見られることも。

そこかしこに据えられた大きな岩は、出産のために誂あつらえられたバースストーン。一族の男性たちが見守るなか、後の世を治める新たな命が生み落とされた世継ぎ誕生の岩。なかでも存在感がある中ほどの大岩は、慈愛に充ちた趣があり、手をかざすとふんわりと優しく温かな波動が感じられます。奥には、出産の苦しみを和らげ、世継ぎの誕生を優しく見守ってきたユーカリの木立ちがあり、瞑想にぴったり。その下に座って目を閉じ、静かに心を澄ましていくと、地中から渦状に上がってくる力強いエネルギーを感じます。新たな命が生み出されたこの場所で、静かに心を研ぎ澄まし、命の源へ繋がっていくと、温かなエネルギーが体内へ流れ込んでくるのを感じます。そこで、新たな自分へ生まれ変わっていく様子をイメージします。心に抱く夢が遂に叶い、幸せに充ち満ちた様子をありありと描き、魂が震えるような喜びを体いっぱいに味わっていきます。 

ワイアナエ山脈と夕陽

オアフ西部のワイアナエ山脈に沈みゆく、美しい夕陽。

目を開けると、ワイアナエ山に落ちていく美しい夕陽。そして、くっきりと浮かび上がった山の端から、黄金の光の矢が空一面に放たれていました。まるで、新たな誕生を祝福するかのように。

 

パワースポットへの行き方

ワヒアワの緋寒桜

ワイキキからH1、H2フリーウェイ経由で島を北上。8番出口からフリーウェイを降りて道なりに進み、カリフォルニアAve.へ右折。ほどなく右手に見えてくるワヒアワ本願寺や、その先の沿道に、桜並木が見られる。開花の時期は1月~2月頃。

クカニロコ

ワヒアワの中心部を走るカメハメハHwy.を北上。市街地を抜けて橋を渡り、最初の信号のすぐ左手。草原の中の赤土の小径を50mほど徒歩で進み、突き当たり。

【写真と文】ヒプノセラピストふなはしまさこ

powerspot_eheu_2012-summer_p12_page1_image1ホノルル在住18年のヒプノセラピスト&フリーライター。東京女子大学心理学科卒業後、富士通を経てハワイに移住。現地情報誌の編集者、ライター&翻訳家として活動するかたわら、2003年より、ヒ―リングサロン『Moe Hawaii』を主宰。「心のエステ」をテーマに、退行催眠や前世療法などの個人セッションのほか、ヒプノセラピー(催眠療法)をベースにしたワークショップ型のヒーリングツアー「6つの聖地と秘境をめぐる、楽園癒しの旅」を開催している。www.moehawaii.com

 
(‘Eheu Winter 2014号掲載)

Booking.com

「おすすめパワースポット」のコンテンツ