メイド・イン・ハワイ・フェスティバルに行こう!

メイドインハワイフェスティバル

ハワイ産のプロダクトが大集合!

 

愛されて20年。今年もハワイ産に注目が集まるメイド・イン・ハワイ・フェスティバル

地産地消で注目を集める食材から、職人魂が息づく工芸品まで、ハワイで育まれ、作られているトップクラスの“メイド・イン・ハワイ”が一堂に会する年に1度のお祭りが開催される。
3日間で4万人が訪れる人気イベントの楽しみ方、教えます!
(Text: Yoshie Kishida)

メイドインハワイフェスティバル_ロゴ

◎ メイド・イン・ハワイ・フェスティバル 2014/ Made in Hawaii Festival 2014
▶ 開催日時:2014年8月15日(金)~17日(日)、10:00am〜9:00pm(金&土)、10:00am〜5:00pm(日)
▶ 場所:ニール・ブレイズデル・エキシビションホール&アリーナ
▶ 入場料:5ドル(6歳以下無料)
▶ Webサイト:www.madeinhawaiifestival.com

メイドインハワイフェスティバル_入口

今年も8月に恒例の「メイド・イン・ハワイ・フェスティバル」が開催される。イベント好きのローカルたちが、必ず行くイベントのひとつに挙げる人気フェスティバルも、今年で20周年を迎える。

3日間にわたって行われるこのイベントは、文字通り、正真正銘ハワイ産のアイテムのみが会場に大集合。ファーマーズ・マーケットの拡大版のようなフード・セクションから、アートやクラフト、さらにクリスマス・ギフトまで、ネイバーアイランドからの参加も含めて、自慢のアイテムを販売するブースが広い会場にずらりと並ぶ。その数は毎年400を超え、見て回るのにたっぷり1日はかかる。

エイミー・ハモンドさん

エイミー・ハモンドさん(photo by Ethan Tweedie)

「今年は20周年とあって、新しく参加する出展者の数も100近く増えています。おそらく今年の参加ブース数は500近くになるでしょう。来場者も4万人を予想しています」と話すのは、イベント・コーディネーターで、フェスティバルのエグゼクティブ・ディレクターを務めるエイミー・ハモンドさん。ここに毎年出展し、ブースを構えているのは、地元の大手企業だけでなく、家族経営のこぢんまりとしたストア、個人で独自の作品を作っているアーティストなど、実にバラエティーに富んでいる。

メイドインハワイフェスティバル_ネイバーアイランド名産物

ネイバーアイランドの名物もそろう

さらにうれしいのは、ハワイ島やマウイ島を始め、カウアイ島、モロカイ島などからも多くの出展があること。それらの商品をオアフ島で購入する唯一のチャンスとなる場合も多い。

「例えば、メイド・イン・ハワイ・フェスティバルにかなり早い時期から参加しているベンダーの一つ、モロカイ島のカネミツ・ベーカリーのモロカイ・ブレッドは、あっという間に売り切れてしまうことでも知られています。マウイ島のハワイアンな女性アパレルブランドのハ・ヴァヒネは、ぴったりのサイズとお気に入りのスタイルを探している人は朝一番に行くべき。知っている人は、入場後、真っ先にブースに行って購入しています」とエイミーさん。ここでは、後から購入しようと戻っても、売り切れてしまう場合もあるので、気に入った物を見つけた時は、迷わず購入するのが鉄則だろう。特にネイバーからの物は、後悔しないためにも、早めに入手したい。

今年、新しくネイバーアイランドから出展が予定されているのは、マウイ島の「マウイ・フルーツ・ジュエルズ」(フルーツゼリー)やハワイ島の「スモール・スケール・マジック」(ジュエリー)、カウアイ島の「マイレラニ」(バッグ)、モロカイ島の「トゥラ」(ジュエリー)など。今までにない、新しい物との出会いを楽しみにしている人は要チェックだ。

メイドインハワイフェスティバル_帽子

ハンドメイドの帽子はハワイの必需品

メイドインハワイフェスティバル_野菜

農場から直送の野菜も豊富

メイドインハワイフェスティバル_アーティスト

アーティストの仕事ぶりも間近で堪能

メイドインハワイフェスティバル_Tシャツ

ハンドプリントのTシャツなども人気

毎年参加している出展者は、毎年同じ場所にブースを出している場合が多いので、お目当ての出展者がある人は、同じ場所を探してみよう。彼らもまた、新商品や新作を携えて、毎年同じ場所を確保して、常連客が来るのを楽しみにしている。入り口でパンフレットが配られているので、それを手に効率よく会場を回るのが、500近くのブースを制覇する鍵となりそうだ。

メイドインハワイフェスティバル_試食

有名シェフが作る料理の試食タイムもあり

会場は、メインのエキシビジョンホールと、隣接しているアリーナの2カ所だが、アリーナでは、有名シェフによるクッキング・デモンストレーション&試食会なども行われる。栄えあるハレ・アイナ賞(『ホノルル・マガジン』の読者投票によるグルメ大賞)を受賞したシェフが、実際にハワイ産の食材を使って料理を披露するので、見ているだけでも楽しい。

メイドインハワイフェスティバル_ミュージシャン

人気ミュージシャンによる演奏もお見逃しなく!

また、クッキング・デモンストレーションと共に見逃せないのが、人気ミュージシャンによるコンサート。その顔ぶれは、ハワイアン・ミュージックのグラミー賞とも言われる音楽賞「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」受賞の人気シンガーがずらり。間近で彼らの歌や演奏を楽しめるのも、フェスティバルの醍醐味だ。

お気に入りとの出会いは、出展者との会話を楽しみながら、宝探しの気分で。メイド・イン・ハワイの魅力がきっと見えてくるはずだ。

「メイド・イン・ハワイ・フェスティバル」で見つけた、ハワイが香るおすすめアイテム

 
Hawaiian-Force
Hawaiian Force(ハワイ島)
ヒロにショップを構えるアパレルブランド。ハワイ語のメッセージ入りTシャツやアロハはファンが多い

 
Filthy-Farmgirl
Filthy Farmgirl (ハワイ島)
ユニークなラベルと豊富な香りが人気のハンドメイドソープ。リップクリームやローションも新発売

 
Honomu-Jam-Jellies
Honomu Jam & Jellies (ハワイ島)
KCCなどのファーマーズ・マーケットでも注目のフレッシュなジャム&ジェリー。リリコイが1番人気!

 
Mailelani's
Mailelani’s(カウアイ島)
ハワイらしいファブリックを使ったさまざまなバッグがカウアイ島から到着。もちろんすべてハンドメイド

 
Ha-Wahine
Ha Wahine (マウイ島)
独特のデザインとスタイル、シンプルで着やすいドレスが手に入るマウイ島の有名ブランド

 
Tula
Tula (モロカイ島)
今年初めて参加。モロカイ島の石や貝を使った手作りのイヤリングやバングルはキュート

Lau-Lau-Woodworks
Lau Lau Woodworks
コアウッドを使ったペンは芸術品。異素材との組み合わせで、世界に1本の美しいペンが完成

 
Made-in-Hawaii-Food
Made in Hawaii Food
手作りジャムやジェリーと共に人気のストロベリー餅は、連日お昼頃には完売する大ヒットアイテム

 
Hawaiian-Natural-Tea
Hawaiian Natural Tea
100%自然材料を使用したオーガニックの紅茶。香り高い各フレーバーは会場で試飲可能

 
(’Eheu Summer 2014号掲載)

※このページは「’Eheu Summer 2014」号掲載の情報を基に作成しています。最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

Booking.com

「おすすめ観光スポットを網羅!ハワイ観光ガイド」のコンテンツ